ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    「ふへへ…冬真くんカッコよすぎ!」

    こんなことされてみたい…!

    「おい、帰るぞ」

    「へっ…?あ、悠雅!うんっ!」

    バサッ

    あ、漫画落ちちゃった…!

    「これ、お前のでしょ?」

    私の漫画を拾いながらそう言う悠雅

    「うん、そーだけど…?」

    「これ読んで、ニヤついてたの?」

    …!?

    「べ、別にっ…!ニヤニヤなんてしてないし…!」

    「ふーん、どうだかね…この顔見てもそう思うわけ?」

    見せられたのは、私のだらしない顔だった

    「と、撮ったの… !?」

    「あぁ、やばかったから」

    くぅ…なんてやつだ

    「へー…こーゆーこと、されたいんだ?」

    「ち、ちがっ…!」

    慌ててその漫画を取り返そうとする

    「きゃっ…!?」

    悠雅がバランスを崩した私を支え、抱きしめる

    「ゆ、悠雅っ…?なに…して…」

    「じゃあ…俺としてみる?」

    「っ…」

    現実は漫画よりも甘い

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中

    「あ…先輩来たっ…!」

    今日も先輩の後を追う日々

    いつも思うけどバレてない…よね?

    「カッコイイなぁ…」

    そう呟いてしまうほどの容姿

    全て計算されて作られたかのような顔のパーツの配置

    私が毎日駅からこっそりついて行ってしまうのも仕方ない

    「ねぇ、君さ…僕のこといつも付け回してるよね?」

    「はへっ…?ひ、ひひ柊先輩…!?」

    ぼーっとしていたら、いつの間にか私の前に先輩がいたみたいで…

    ば、バレた…!?どうしよう…!?

    「えっと…その…あの…」

    「なに、ストーカー?警察呼ぶよ?」

    「ち、違います…っ!決して怪しいものでは…!」

    …今の状況で怪しくないわけないよね

    「はぁ…ストーカーするんだったら学校でしてよ」

    「へっ…?そ、それって…っ!」

    「ほら、早く行くよ」

    「…っ!は、はいっ…!」

    追うだけじゃなく追われたい

    そんなこと思っちゃだめですか?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    『何読んでるんだ?』
    『えっ⁉︎』
    ずっと恋してた雪君に話しかけられた。
    雪君が本好きだと聞いてから放課後本を読んでた。
    話しかけられると思わなくて顔が暑くなる。
    『見せてみろよ』
    そっと私から本を奪ってパラパラっとめくる。
    緊張とパニックで言葉が出ない。
    『俺も読んだよ。これ面白いんだよな』
    すると本を手渡されてジッと私を見つめてくる。
    するとメガネを外して私の目を見る。
    もう固まって動けない。
    そんなに見つめないで、
    恥ずかしくて下を向くと、
    『顔見せて欲しい』
    『…なんで?』
    『裸眼で見たいから』
    ゆっくり雪君を見るとメガネだけ置いて側から消えた。
    私が探すと急に後ろからギュッと抱き締められる。
    『彼氏居るのか?』
    『…居ない』
    『良ければ付き合ってくれないか?』
    急な言葉で胸の鼓動が高鳴る。
    うんっと言いたいけど言葉が出ない。
    『大丈夫ならメガネ拾ってよ』
    その告白卑怯だよ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

サヨナラ大好きな人 (月雪櫻湖/著)

  • ノゾママ様

    はじめまして
    読み返していただきありがとうございます。

    今、作品の続きを書いたとしたら。
    どんな二人の姿を描くだろう…と、思わず想像しました。
    また違ったラストを迎えたりするかもしれませんね。

    感想と意見を参考に、今後の作品作りで活かせるように頑張ります。
    貴重な書き込みありがとうございました。

    月雪櫻湖   2019/08/20 14:06

  • はじめまして。

    二年ぶりくらいに読み返しましたが、やっぱりラストは納得できなくて・・・。
    こういう別れもあるのかもしれませんが。
    でも、私的には楓とアキラは何年たっても心は繋がっててほしいかな?

    二人は再び巡り会って、楓にはアキラが、アキラには楓しかい居ない、、、幸せになってほしいです。

    ノゾママ   2019/08/19 01:26

  • lovelyゆう様

    毎回タイトル付けに苦戦している私としては、タイトルに惹かれていただけただけでも嬉しい限りです。ありがとうございました。


    事実を知ったアキラが、本心から莉子のことを許しているのかは…分かりません。情に流されているだけかもしれない。もしかしたら、やり直すつもりなどないのかも…。

    昔からの莉子の行動や今に至るまでのことを考えたら、アキラが楓の傍に居る限り、ずっと同じ事が繰り返されるはずです。
    ならば離れた方が楓を守れるのではないか、と考えたのかもしれません。

    「幸せだ」という言葉も、楓に促され口にしたような感じでしたし、今となってはアキラの本心は分かりませんが…。

    幸せを掴もうとしている楓に対し、アキラなりの愛情で大きな嘘をついたのかもしれないですし。

    莉子に負けない位の最強女が、アキラを莉子から奪い去ってくれることを願うばかりです。

    感想ノートへの書き込み、ありがとうございました。

    月雪櫻湖   2017/06/24 19:39

  • はじめまして。
    タイトルにひかれて読みました。
    ラストはちょっと残念に思いましたが、こんなラストもありなんでしょうね。
    楓自身の決断も辻口君がこのタイミングで居なかったら成り立たないでしょうし、私個人としては、やっぱり卑怯な莉子は幸せになるべきでは無いと思ってしまいました。
    アキラも事実を知った上でこれまでの関係を1からなんて出来ないと思うのです。
    心の穴って言ってましたけど、それを意図して作った本人に、長年、何をどうされてきたにしても、全てをこれからも信じられるのでしょうか?
    財布を隠して持ち続けてたって言う事実は本心の現れでしょう?

    式場のキャンセル?
    親や親戚等への世間体?
    破談による慰謝料?
    現実、ひっくり返すのはものすごく大変です。
    白紙に出来たのなら尚更、何故楓と向き合わないの?
    電話だけでなく男なら安心出来る様に行動して欲しいところですよね。

    莉子の行動は、社会人として常識も無いし、周りに(アキラ自身の立場も)迷惑も構わない行動に呆れます。
    独占欲、嫉妬、執着、腹黒・・・
    莉子の愛情って怖いです。
    信頼関係の壊れた時点でやり直すって本当に出来るんでしょうか?

    楓は、サヨナラして正解だとは思いますが、アキラの幸せをも考えると莉子ともサヨナラしてくれた方が楓としては、大好きな人なのだから心から安心できたのでは無いでしょうか?
    モテるんでしょうし、もっと良い女の人とって思ってしまいました。
    なんだか、アキラが一番可愛そうな気がします。知らないって怖いですね。

    lovelyゆう   2017/06/22 20:15

  • patochanさま

    書き込みありがとうございます。
    patochanさんには納得できない終わり方となり
    モヤモヤさせてしまい申し訳ありませんでした。

    私もハッピーエンドが好きです。

    バッドエンドにしようと書き始めても
    書き進めるうちに方向転換して、
    ハッピーエンドにしてしまう事も多々あります。


    今回はタイトルに忠実にしようと固く心に決め、
    書き進めました。

    けれど完全なバッドエンドに出来なかったのは
    ハッピーエンド好きのダメな部分ですね。

    貴重なご意見ありがとうございました。

    月雪櫻湖   2016/05/25 21:11