ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • お昼休み
    • 体育館
    • 宣伝エアラブ

    私は今春樹くんや隼斗くんたちと
    鬼ごっこをしているの!

    何戦もして疲れたから今は休憩中。

    その時、ふと気になったことがあって聞いてみた。


    「隼斗くんて、私の名前知ってる?」

    「そこまで馬鹿じゃねえよ。恋歌結愛だろ」


    そりゃ知ってるか。


    「でも隼斗くんいっつもお前とかハゲとかで私の名前呼んでくれたことないよね!」


    事実だもん。



    「結愛ちゃん」


    え?


    「はい呼んだー」



    きゅううん、、





    このときめきは誰にも教えてあーげない。

    開く閉じる

    • ブラインドタッチ

    ブ○インドタッチは忘れたよ。学生の頃、2年間かけて体で覚えたスキルなのに。10年以上もパソコンには触らせてもらえない。大切な犬と君がいるからね。そんな日常に夢をみた。ブ○インドタッチを取り戻せてる夢を、2回も。連続で。

    そんなこと話したら「俺がお前に」ブ○インドタッチすればいいんだろう?と、馴れた手つきでと、耳もとで甘く囁かれた。



    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 腕ゴールドテープ

    「ええと、バスは」
    「……何してんの」

    迷子の美友は背後の先輩に驚いた。

    「え?退けます、あ!」
    「おっと」

    彼はすっと腕を伸ばし美友の行手を阻止した。

    「そっちは船乗り場だけど」
    「す、すみません」

    彼は腕の中の彼女に溜息をついた。

    「新入生だろ。一緒に来いよ」
    「いいんですか」
    「ああ。船に乗られたら困る」

    そんな二人はバスに乗った。

    「揺れるぞ」
    「きゃ」

    またまた美友を抱きしめた彼は微笑んだ。

    「お前さ。学校に通う気あるの」
    「ありありです」
    「ハハハ」

    そして一緒に空いた席に座った。

    「眠……着いたら起こせよ」
    「はい」

    美友の肩に頭を乗せて彼は寝たが美友も寝たので、他生徒が学園前で起こしてくれた。

    「降りますよ生徒会長って、彼女ですか」

    美友の寝顔に彼は頬寄せた。

    「……どうかな?おい!お前、着いたぞ」

    寝起きの二人は手を繋いで校門へ向かった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

イクメン作家と恋心。SS~ウェディングベル~第1話編~修正済み&2話追加。 (水無月サチ/著)

読んで下さりありがとうございます!
感想を書いて頂けると嬉しいです。
(キャラ批判や辛口コメントは、ご遠慮下さい)
m(__)m

  • お久しぶりでした…
    相変わらず睦月君にキュンキュンしました。
    あんな孫ほしい。
    間合い子供もいないし無理は承知しております。
    先生改訂版も良いですが、そろそろ新作御披露目してくださいね。
    お待ちしてますね‼️

    大仏ちゃん   2018/06/21 22:12

    お久しぶりです。

    睦月君は、相変わらず可愛いですよね(*´ω`*)
    Twitterの方でイラストの方を描いて頂いたので
    良かったら覗いてやって下さい。

    新作の方は、そろそろ落ち着いてきたので
    執筆を開始したいと思います。
    ブロットから始めるので、もうしばらく
    お待ちくださいm(__)m

    作者からの返信 2018/06/22 12:28

  • あさみりん様。
    何度も読んで頂けてるなんて感激です(≧∇≦)
    卯月可愛いですよね♪
    その話いいですね。
    ぜひ参考にさせて頂きます(笑)

    実は、この本編を
    ベリーズ文庫大賞にエントリーしようかと考えています。
    良かったら応援してください(*´∀`)♪

    水無月サチ   2016/08/07 21:05

  • 卯月ちゃん可愛いですね。何回も読んでます。今度は、卯月ちやんの幼稚園の運動会とかの様子もみたいです。そこにはまりかちゃんとたくま君も参加でね。

    あさみりん   2016/08/07 18:23

  • 秋の紅様。
    再度コメントと読みに来て下さりありがとうございます♪
    気に入って頂けたみたいで嬉しいです(*´∀`)♪

    睦月は、口数が少ない分。
    相手の行動や気持ちに敏感なのかも知れませんね☆
    藤崎家の良く理解者になっていると思います。
    卯月と睦月の成長は、書いていて楽しいですO(≧∇≦)O
    また、ネタが浮かんだら書いてみたいと思いますので
    よろしくお願いします。

    水無月サチ   2016/06/09 22:09

  • 白雪編 読みました!読み手のこちらまでほのぼのとさせられました(^^) 白雪や卯月ちゃん涼花にとって睦月くんは良き理解者ですね。白雪と意思疎通が出来るなんて恐るべし、睦月くん。睦月くんと卯月ちゃんの成長の過程が読めて嬉しかったです。先生の一喝も最高でした。一瞬の出番だったのに存在感はバッチリですね。藤崎家はお互いを大切に思い合っているのが伝わってきます。ますます藤崎家が好きになりました。また読みたいです!

    秋の紅   2016/06/09 20:48