ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日は生徒会で地元のお祭りに参加するために準備をしている。先生方の車を使い、資材を運ぶらしい。その話を小田先生に話した。小田先生は爽やかイケメンで、私の大好きな先生。すると、小田先生は少しげっそりした顔をしながら項垂れていた。そんな姿もきゅんとしてしまった。
    「まじかー…分かった。教えてくれてありがとうな~…」
    そう言って私は小田先生と別れた。教室へ戻るために廊下を歩いていると不意に小田先生に呼ばれた。振り替えるとタッタッタッと小走りですぐ近くまでやって来た。どうしたのかなと思うと
    「お前、今日は俺の車だからな?」
    と髪をくしゃっと撫でてくれた。それにドキドキしてしまった…。
    「えっ…は、はいっ!」
    一瞬戸惑ったけれど、すぐに返事をすると小田先生は満足した笑顔でもう一度頭を撫でて職員室へ戻っていった。
    …早く放課後にならないかな…
    撫でられた頭と顔が熱くなるのを感じながら教室へ戻った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    「お、終わったか?もう帰っていいぞ。ありがとな」

    担任のその一言でやっと委員会の手伝いから解放された。

    「最悪…、めっちゃ暗いじゃん、」

    他の委員会のメンバーにも遅くまで居残りさせる訳にも行かず、かといって友達からも苦手なものなさそうって言われるから素直に待っててって言えず…。

    「……こんなことなられいに話して待っててもらえばよかったな、」

    れい とは私の幼馴染の零也。
    まぁ、あいつが私のこと待つわけないもんね。
    と、一人で呟きながら仕方ないと、一歩踏み出した瞬間_____

    「ばーか。おせーよ澪」
    「れい?!なんで?!」

    急に声をかけられて、驚かない女子はいない。きっと、いや絶対に。

    「…あのなぁ、何年幼馴染やってると思ってんだよ。お前、暗いの苦手だろ?」
    「え、じゃあ待っててくれたの?ずっと?」
    「うっせーな。ほら、はやく帰ろーぜ。

    お前は俺が守るから、怖くねーだろ?」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室

    「はい、それじゃあ、角Aは何度なの?」

    放課後の教室。先輩は若干呆れ気味に聞いた。

    「え、えと…………125度?」

    「はい、はずれ」

    「うぅ……っ」

    先輩に何度教えてもらっても、私はここが出来ない。

    「うーん……じゃあ、もし次が出来たらご褒美あげるよ」

    その言葉に俄然やる気になった私は、次の問題を見る。案外易しかった。

    「あ、これは60度ですよね?」

    先輩はようやく、柔らかい笑みを浮かべた。

    「当たり。じゃあ、ご褒美あげるから、目、つむって」

    言われた通りにすると、私の唇に何か当たった。思わず目を開けると、先輩は意地悪に笑った。

    「あーあ、目を開けちゃダメでしょ」

    ふっと笑いながら、先輩は囁く。

    「出来の悪い子には、お仕置き、だね」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

青と口笛に寄せられて (柴本 奏/著)

  • 初めまして。

    寝る前に読みはじめて、そのまま気付いたら次の日になってました。最初から啓さんのキャラクターにぞっこんです!
    後半は少し切なく、私自身、地元を離れて結婚して身で、
    感情移入して涙してしまいました!
    他の作品も読ませていただいています!

    これからも楽しみにしています!

    まりりそぉ   2017/12/27 08:50

    初めまして、コメントありがとうございます!!
    そしてまずは、返信が遅くなってしまったこと、申し訳ありませんでした。
    ずっと活動を休止しておりまして、ようやく戻ってきたところでした。

    この作品を見つけてくださったこと、もう感謝しかありません!オフィスラブでもないのに、地味な趣味全開の話……最後まで読んでいただけただけで嬉しすぎました!!
    啓さんのキャラ、私もお気に入りです。ツンデレですよね( ´'ω'` )笑
    また読んでいただけるような作品を書けるよう努力していきます!

    本当にありがとうございました^^*

    作者からの返信 2018/01/12 00:19

  • karko 様。

    初めまして!柴本と申します^^
    ご、ご、5回も読んだいただけてるなんて!!感謝感激で本当に嬉しいです〜!ありがとうございます!!
    このお話はオフィスラブが大人気のベリカでは、かなーーーりマイナーなお話なので、完全に自己満足の世界になってしまっています( ̄▽ ̄;)
    なので、こうして読んでくださる方がいるというだけで力になります!
    啓さんは間違いなくツンデレですよね〜、私も書いていてそう思っていました(笑)
    実は私の書く作品にはイケメンのヒーローってほとんどいないので、啓さんは唯一イケメンなんです(*'ω' *)ただしスーツではなく作業着ですが……
    政さんは私もお気に入りのキャラなので、もしも思いつくことがあったら考えてみたいと思います。
    ありがとうございます*°

    柴本 奏   2017/02/04 22:25

  • 実は、今回で5回目の読了です。

    何度読んでも、最初のページで
    その世界に引き込まれて
    夢中になります。
    深雪ちゃんの頑張りに元気をもらい、
    啓さんのツンデレ?ぶりにヤラれてます。

    できたら、番外編を読んでみたいです。
    カイのデビューとか、政さんのお話など。

    karko   2017/02/04 13:14

  • azi 様。

    こちらまで読んでくださったのですねー!ありがとうございます(´;ω;`)
    政さんは啓さんよりも私が個人的にお気に入りのキャラでした(笑)ああいうタイプって何気に損しちゃいますけどね〜。私自身もヤキモキしながら深雪たちの恋愛を書いていました。はよくっつけ!と思いながら(笑)
    北海道弁、本当はこんなもんじゃないんです^^;
    もっとズーズー弁(これも方言?)で、語尾に「〜だべ」とかつけたかったんですけどね。あまりにも方言が飛び交うと読みづらいかと思って、かなりソフトにしました♪

    マニアックな作品なのに最後までお付き合いいただき、ありがたき幸せです!

    柴本 奏   2016/12/29 09:10

  • 最後まで読みました!!
    なんか今回は深雪と啓さんがなかなかくっつかなくて今まで読んだ作品の中で1番ヤキモキしてました(笑)
    きっとお互いの事情を知ってる政さんはもっとヤキモキしてたんだな〜と1人で思います(´▽`)
    今回の登場人物(TEKURA DOGSLED)の方々が皆さん輝いていてもうこの世界に飛び込みたくなりました!!
    北海道の方言もなかなか手強いのですね!全然理解出来なかったです(笑)
    それと犬のカイがホントに可愛かったです!
    ハスキー犬を見てみたいと思いました。
    素敵な作品をありがとうございます!!

    azi   2016/12/28 11:52