ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 頬キス

    「眠……」
    「先輩は勉強しすぎですよ」
    「君は眠くないの?」
    「私は授業中、寝てましたから」

    そんな彼に彼女は少し寝たら?と話した。

    「会議まで時間ありますよ」
    「そう?じゃあ、お言葉に甘えて……ZZZ」

    隣椅子に座って寝た彼の肩に彼女は膝掛けを掛けた。

    ……一人でこんなに資料を作って……

    苦労を感じた彼女はそっと立ち上がろうとした。


    「……美友さん」
    「え」

    名を呼ぶ寝言にドキとした彼女は顔を覗き込んだ。

    ……寝てる……よし!今!

    彼女は静かに彼の制服のポケットに赤包みを入れようとした。

    「こら」
    「きゃあ?」
    「……ひっかかった!」
    「え?起きてたんですか?」

    彼女の手首をつかんだ彼は嬉しそうだった。

    「だってこうしないと、くれなさそうだし」
    「でも、これ義理チョコですよ」
    「そんな事言うなよ……」

    そして頬にキスされた彼女は夕焼けよりも真っ赤になっていた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 隣から

    今日はバレンタインデー

    幼馴染みの蓮は毎年すごい量のチョコを貰ってる

    「先生。教科書忘れたので隣の人に見せてもらいます」

    彼は毎年バレンタインに教科書を忘れる

    「また忘れたの?」

    「うん、だから見せて」

    そう言って、彼は机をくっつけた

    でも、今までと違うのは机の下で手を繋いでいること

    「今年こそはチョコくれるよね?」

    チュッ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】

    「何だよこんなとこ呼び出して。ベタすぎ」

    2月の屋上は、やっぱり寒い。

    昼休みに入ってすぐ来たつもりだったけれど、先に来ていた彼の鼻は、ほんのり赤くなっていた。

    「ムードって大事でしょ?」

    付き合ってもう、半年になる。
    隣にいるのが当たり前で、どちらから告白するでもなく、恋人になっていた私たち。

    彼の隣に私以外がいるなんて考えられなかったし、私の隣に彼がいないことだって考えられなかった。

    「今日はバレンタインですね」

    好きと声に出して伝えたことは、1度もない。
    でも、今日は。

    「...そうですね」

    私の緊張を感じたのだろう。
    ふいと目をそらした彼が可愛くて、緊張がほぐれる。

    「...好きだよ。隣にいてくれてありがとう」

    緊張は、解けたはずだった。
    なのに声は震えてて、風は冷たいのに頬が熱い。

    チョコを受け取ってくれた彼が、照れくさそうに笑った。


    「俺も好きだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ヤンチャな彼氏の溺甘警報!? (氷川マサト/著)

  • >青山ゆきかさま

    お久しぶりです!
    最近は学園物のほうにシフトしてしまってて(もともと10代向けの青春物がフィールドなので)、大人向けの長編恋愛小説はご無沙汰してました……。
    覚えていていただけて光栄です(^^;

    おまけにくっつけたほうがオリジナルで、そこから女の子目線に書き直しました。
    自分自身は高校時代まではおとなしかったんですが、大学に入ってからはバイト仲間と子どもみたいな遊び方をしたりしていて、その延長でこういういたずらっ子を書いた次第です(笑)

    お読みいただき、コメントまで、ありがとうございました!

    氷川マサト   2016/05/12 00:25

  • こんにちは!すごくお久しぶりです。
    スピード感のあるお話、楽しく読ませていただきました(^-^)

    先輩、なんだかとってもかわいいですね!
    (彼女を含め)周りはちょっと大変かもですが(^^;)かわいいやつだーと思いました。
    高校時代なんて、相当昔の記憶・・・。さらに、学園もの自体、読んだのがとても久しぶりだったので、すごく新鮮な印象がありました。
    キラキラとした感じを受けて、若いっていいなあ・・・と思わず遠い目・・・。懐かしさにふけってしまいました。
    おまけの先輩視点、勢いが先輩らしくて、とくに楽しかったです☆

    青山ゆきか   2016/05/11 23:07

  • >羽夜さま

    お読みいただき、ありがとうございます!
    拍手のほうにもコメントありがとうございました(^^)

    好き放題に、気楽に書かせていただいてます。
    お気に召すものがあったら嬉しいです。
    専用本棚はもったいなすぎますよ(^^;

    羽夜さんも、作品づくり、楽しまれてくださいね。
    コメントありがとうございました!

    氷川マサト   2016/03/22 02:55

  • 年上の男の人なのに、年下の感じがあってそのギャップにもえました笑

    それなのにダンスはカッコいいってヤバイですね!

    本棚、真紗斗さん専用を作ってます笑

    これからも執筆頑張って下さい!!

    羽夜   2016/03/21 00:13

  • >Floweryさま

    コメントありがとうございます!

    ヤンチャなキャラを書くのは楽しくて(笑)
    【ヤンチャな彼氏~】を完結させてからも、エピソードを思い付くたびにエアラブに上げているから、また9本か10本たまったら、続編的な短編を書く予定です。

    それと、エアラブを原作にして長編(アラブくんで1本、弓道部で1本)を書こうと計画してますが、そっちにもヤンチャ坊主な彼を脇役で登場させるつもりです。
    いてくれると、場面がパッと明るくなるので。
    僕が書くものは、切ない系の雰囲気になりがちだから、彼の存在感は貴重です(^^;

    ハンドルネームの表記、細かいとこで気になったりしますよね。
    僕も「真紗兎」が書きにくいから、カタカナ表記にしようか迷ったりしてます。

    ありがとうございました!

    氷川マサト   2016/02/29 03:13