ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 同居【お題】
    • 頭ぽんぽん

    女子高の男性教師というのは、どうしてこうも人気なのか。
    集中なんか出来てないくせに、休み時間にノートを開いてシャーペンを握り、たくさんの生徒に囲まれる先生を見つめる。


    「ミナ、化学室行こう」


    親友に言われて、ノートを閉じてシャーペンを筆箱にしまう。


    「相変わらず人気だなあ」
    「そ、そうだね」


    そんな会話をしながら、先生の横を通る。
    だけど、そのとき一人の生徒とぶつかり、筆箱を落としてしまった。
    さっききちんと閉めることが出来ていなかったらしく、中身がばらまかれた。


    急いでかき集める。


    「どうぞ」


    先生は消しゴムを差し出してくれた。
    先生を直視出来なくて、俯いて受け取る。


    すると、空になった先生の手が、私の頭に置かれた。


    「帰ったら可愛がってあげます。だから、今はいい子で我慢してて?」


    周りには聞こえない声。
    私は咄嗟に先生を突き放し、逃げ出した。

    開く閉じる

    • 同居【お題】

    いじめられていたわたしが、同棲したのは…
    15歳と27歳…歳の差カップルの行方は⁉

    開く閉じる

    • 先生

    私は学校で1番人気の千晶先生と同居している。同居のことは誰にも言えない2人だけの秘密。同居以外でも千晶先生とは秘密の関係がある。

    私達は幼馴染みだったけど、千晶くんは父親の転勤で引っ越したので離れ離れになったけど、教師と生徒として再会出来るなんて思ってもいなかったので嬉しかった。

    「千晶くん……朝ごはん出来たよ」

    「お前……学校では絶対に千晶くんって呼ぶなよ」

    「呼びませんよ。千晶先生」

    「どうやら余計な心配だったみたいだな。でもダブルブッキングの相手がお前で良かったよ」

    「私も同じだよ……千晶くん」

    「同居のことも幼馴染みであることも絶対に秘密だからな。お前の友達にも言うなよ」

    「それくらい分かってるよ千晶先生」

    私にはもう1つ秘密がある。千晶くんは私の初恋の人……おそらく私の片想いだから、この気持ちは胸に秘めて千晶くんとの同居することにしたのである。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

今しかない、この瞬間を (あおのふう/著)

感想、コメント、キャラに対する熱い思いなどなど、お気軽に寄せて頂けると、幸いです ♡(^0^)♡

  • 櫻井 真子さん♪

    お久しぶりです(*^_^*)
    遊びに来てくれて、ありがとう♡

    ジレジレ過ぎて読んでて飽きられないかと、途中、何度も心配になったんですが、そう言っていただけるのなら、嬉しいです。頑張った甲斐、ありました♪

    あかねは、要は普通の子なんですよね。だからこそ、いっぱい悩んで、傷つくんだけど、その分、読んでる方も応援したくなる、みたいな感じを目指してました。何となくそれが伝わってるなら、嬉しいです♪♪♪

    ほんとに、続き書きたくなって来ました。書いてても、楽しかったし(^_^)

    真子さんの作品、本棚に入れてあるので、読み終わったら、遊びに行きますね♡

    あおのふう   2015/08/10 01:10

  • wakanaeさん♪

    お久しぶりです(^_^)

    この作品も最後まで読んでくれてありがとう。そして、そんなに気に入っていただいて、超嬉しいです♡

    私も自分で書いてて、光汰に関しては、いろいろ楽しく妄想してました(笑)

    こういう年下不器用キャラ、wakanaeさんや私みたいな主婦には、特にたまりせんよね♡何とも愛しくて、どうしても放っておけない♪♪♪

    本宮くんのヘタレっぷりも、なかなかでしょ?(笑)でも、根はいい子にしたかったので、あんな感じになりました。

    続き、すごく書きたくなって来ました。書いてる途中の作品が片付いたら、本気でかんがえようかな(^_^)

    うちも子供二人と夏休みに入って、格闘中です。まだまだ長いですが、お互い頑張りましょう

    あおのふう   2015/08/10 00:54

  • ふうさん、こんにちは
    無事に完結、おめでとう

    偶然、痴漢から助けてくれた光汰くんを好きになり、彼の本性が分からないながらも、彼の優しさを信じようとするあかねちゃん。
    そのあかねちゃんの明るい存在に癒されながらも、その根底にある気持ちになかなか気付かない鈍感な光汰くん。

    すれ違う2人の恋。読みながら、"光汰くん、気づいてあげて"·"あかねちゃん、ガンバレ"と、自然と応援してました

    今回も、ステキなお話をありがとう
    出来たら、付き合い始めてからの2人の話も読みたいです

    櫻井 真子   2015/08/08 17:14


  • こんにちは。
    wakanaeと申します。

    今回の作品も大、大、大好きな作品です。
    本宮くんのヘタレっぷりもいいアクセントになってて、私の勝手な妄想では本宮くんはアキバによく出没しそうなイメージで読んでました。

    そして、なんといっても光汰くんがかっこよすぎです!!

    サッカーが上手でどことなく陰がある感じ。。
    爽やかななかにもちょっぴり愁いを帯びた感じがたまらんですね。。

    この作品の続きを書いて下さるとしたらめっちゃ嬉しいし、次回作もめっちゃ期待してまーす!

    ものすごく個人的にこの場面で光汰くんがバラの花束を抱えてヒロインちゃんの元に全力で走って駆けつけたらどうなるかなぁ。とか真っ白なギターを抱えてロックな光汰くんもいいなぁ。。。。とこれも勝手に妄想して楽しんでおります。。

    娘2人の世話でほぼほぼ一日が終わってしまいそうな夏休みの私の最高の息抜きにさせてもらってます。ありがとうございました。

    wakanae   2015/08/08 16:13

  • ちわわちゃん♪

    最後まで、お付き合いしてくれてありがとうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    もっとジリジリしちゃってめ良かったのね!! だんだんしつこくないか、書いてて心配になっちゃったのと、時間がないのとで、悩んだ結果、敢えてあっさりを取ってしまった( ̄◇ ̄;)

    しかも、こんなさらに続きが知りたいって言ってもらえるなんて嬉しい。作者冥利につきます♡

    理想としては、入賞して番外編を追加する、なんだけど(笑)、しなくても発表後に書いてみようかな。その際には、ぜひ遊びに来てね(^_^)

    あおのふう   2015/08/08 14:21