ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 校舎裏
    • キス

    誰もいない、私達二人だけの教室に鳴り響くのは…。
    甘いリップ音、とか……
    「んっ……」
    なんども優しく、激しく絡められる舌。
    「俺だけに溺れていろよ」
    唇を離され、甘い声で囁かれたのだ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 廊下

    午前授業が終わり、つい彼女のいる席を見てしまう。

    俺は彼女に片思いをしている。単に一目惚れだ。
    本人は自分自身を「オール普通、凡人」と評しているが、俺には可愛い女の子にしか見えない。

    彼女が席を立つと同時に俺も席を立つ。そして追いかける。それが最近の、いや彼女に惚れてからの日課である。
    「いやだからついてくんなよ」
    「ついていきます〜」
    彼女の冷たいあしらいにもメンタルが強くなってしまった。自分の心をちょっとばかし疑ってしまうほどに。


    「てか、俺は今までずっとついてきてるでしょ、そろそろ慣れない?」
    隣を歩く彼女に目を向ける。彼女はちらりと僕を見るがすぐ目線を外し、目を合わせてくれない。
    「慣れる訳ないでしょ、あんた顔だけはいいんだから。」
    そう言って歩くスピードを早めてしまう。でも僕は足を止めてしまう。






    ほらね、実は照れてて目を合わせられないなんて、可愛いだけでしょ?

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    スマホに映るイケメン俳優をじっと見つめて、
    「はぁ…」
    小さくため息をこぼした。
    彼の名前は間宵 叶汰〔まいよい かなた〕。
    ドラマや映画に引っ張りだこの若手俳優。
    私、茅野 昴〔かやの すばる〕は、みんなに内緒で彼とお付き合い中。
    芸能人と付き合っているから、あんまりデートをする事ができないのは、分かっている。
    分かっているけれども……。
    「会いたい…よ…。もっと、イチャイチャしたい」
    誰もいない暗い教室に、静かに響く私の声。
    「じゃあ、イチャイチャする?」
    後ろからぎゅっと、温かいぬくもりにつつまれた。
    はっ?
    「か、叶汰?」
    何でここに?
    いつの間に?
    「俺以外がこんなことしていいわけないじゃん」
    クルッとまわされ、至近距離で抱き合うかたちに…。
    グッといきなり、キレイな顔を近づけられて…。
    「久しぶり、昴。……大好きだよ」
    甘くて激しいキスが唇におとされたのだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

今しかない、この瞬間を (あおのふう/著)

感想、コメント、キャラに対する熱い思いなどなど、お気軽に寄せて頂けると、幸いです ♡(^0^)♡

  • 櫻井 真子さん♪

    お久しぶりです(*^_^*)
    遊びに来てくれて、ありがとう♡

    ジレジレ過ぎて読んでて飽きられないかと、途中、何度も心配になったんですが、そう言っていただけるのなら、嬉しいです。頑張った甲斐、ありました♪

    あかねは、要は普通の子なんですよね。だからこそ、いっぱい悩んで、傷つくんだけど、その分、読んでる方も応援したくなる、みたいな感じを目指してました。何となくそれが伝わってるなら、嬉しいです♪♪♪

    ほんとに、続き書きたくなって来ました。書いてても、楽しかったし(^_^)

    真子さんの作品、本棚に入れてあるので、読み終わったら、遊びに行きますね♡

    あおのふう   2015/08/10 01:10

  • wakanaeさん♪

    お久しぶりです(^_^)

    この作品も最後まで読んでくれてありがとう。そして、そんなに気に入っていただいて、超嬉しいです♡

    私も自分で書いてて、光汰に関しては、いろいろ楽しく妄想してました(笑)

    こういう年下不器用キャラ、wakanaeさんや私みたいな主婦には、特にたまりせんよね♡何とも愛しくて、どうしても放っておけない♪♪♪

    本宮くんのヘタレっぷりも、なかなかでしょ?(笑)でも、根はいい子にしたかったので、あんな感じになりました。

    続き、すごく書きたくなって来ました。書いてる途中の作品が片付いたら、本気でかんがえようかな(^_^)

    うちも子供二人と夏休みに入って、格闘中です。まだまだ長いですが、お互い頑張りましょう

    あおのふう   2015/08/10 00:54

  • ふうさん、こんにちは
    無事に完結、おめでとう

    偶然、痴漢から助けてくれた光汰くんを好きになり、彼の本性が分からないながらも、彼の優しさを信じようとするあかねちゃん。
    そのあかねちゃんの明るい存在に癒されながらも、その根底にある気持ちになかなか気付かない鈍感な光汰くん。

    すれ違う2人の恋。読みながら、"光汰くん、気づいてあげて"·"あかねちゃん、ガンバレ"と、自然と応援してました

    今回も、ステキなお話をありがとう
    出来たら、付き合い始めてからの2人の話も読みたいです

    櫻井 真子   2015/08/08 17:14


  • こんにちは。
    wakanaeと申します。

    今回の作品も大、大、大好きな作品です。
    本宮くんのヘタレっぷりもいいアクセントになってて、私の勝手な妄想では本宮くんはアキバによく出没しそうなイメージで読んでました。

    そして、なんといっても光汰くんがかっこよすぎです!!

    サッカーが上手でどことなく陰がある感じ。。
    爽やかななかにもちょっぴり愁いを帯びた感じがたまらんですね。。

    この作品の続きを書いて下さるとしたらめっちゃ嬉しいし、次回作もめっちゃ期待してまーす!

    ものすごく個人的にこの場面で光汰くんがバラの花束を抱えてヒロインちゃんの元に全力で走って駆けつけたらどうなるかなぁ。とか真っ白なギターを抱えてロックな光汰くんもいいなぁ。。。。とこれも勝手に妄想して楽しんでおります。。

    娘2人の世話でほぼほぼ一日が終わってしまいそうな夏休みの私の最高の息抜きにさせてもらってます。ありがとうございました。

    wakanae   2015/08/08 16:13

  • ちわわちゃん♪

    最後まで、お付き合いしてくれてありがとうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    もっとジリジリしちゃってめ良かったのね!! だんだんしつこくないか、書いてて心配になっちゃったのと、時間がないのとで、悩んだ結果、敢えてあっさりを取ってしまった( ̄◇ ̄;)

    しかも、こんなさらに続きが知りたいって言ってもらえるなんて嬉しい。作者冥利につきます♡

    理想としては、入賞して番外編を追加する、なんだけど(笑)、しなくても発表後に書いてみようかな。その際には、ぜひ遊びに来てね(^_^)

    あおのふう   2015/08/08 14:21