ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • VD2020【お題】

    「自然に…笑って…」

    私、大田結衣はブツブツと独り言を言いながら廊下を走る。
    向かう先は保健室。
    保健室の先生の本田先生は私が片思いしている人。
    でもこれ以上の関係は望まない。
    だからせめて、このバレンタインのチョコレートだけは…。

    前をきちんと見ていなかったせいで登ろうとした階段でつまづき、派手に転んだ。

    「いた…。良かった無事だ…」

    「無事じゃないだろ」

    頭上から声が聞こえ、上をむくとそこには本田先生がいた。

    「先生!これ…」

    「まずは怪我の手当」

    保健室のベッドに座り、先生にチョコレートを渡した。

    「これ…」

    「ありがと」

    先生は素早く私の足に包帯を巻いてくれた。
    そしてマッキーで包帯に何かを描き始めた。

    「ハートにLOVEって…」

    「勘違いしてくれてもいいよ」

    私が驚いて先生の顔を見ると、先生は笑って私の頭に手を置いた。

    「なんてね。お大事に」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 頬キス

    「眠……」
    「先輩は勉強しすぎですよ」
    「君は眠くないの?」
    「私は授業中、寝てましたから」

    そんな彼に彼女は少し寝たら?と話した。

    「会議まで時間ありますよ」
    「そう?じゃあ、お言葉に甘えて……ZZZ」

    隣椅子に座って寝た彼の肩に彼女は膝掛けを掛けた。

    ……一人でこんなに資料を作って……

    苦労を感じた彼女はそっと立ち上がろうとした。


    「……美友さん」
    「え」

    名を呼ぶ寝言にドキとした彼女は顔を覗き込んだ。

    ……寝てる……よし!今!

    彼女は静かに彼の制服のポケットに赤包みを入れようとした。

    「こら」
    「きゃあ?」
    「……ひっかかった!」
    「え?起きてたんですか?」

    彼女の手首をつかんだ彼は嬉しそうだった。

    「だってこうしないと、くれなさそうだし」
    「でも、これ義理チョコですよ」
    「そんな事言うなよ……」

    そして頬にキスされた彼女は夕焼けよりも真っ赤になっていた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 隣から

    今日はバレンタインデー

    幼馴染みの蓮は毎年すごい量のチョコを貰ってる

    「先生。教科書忘れたので隣の人に見せてもらいます」

    彼は毎年バレンタインに教科書を忘れる

    「また忘れたの?」

    「うん、だから見せて」

    そう言って、彼は机をくっつけた

    でも、今までと違うのは机の下で手を繋いでいること

    「今年こそはチョコくれるよね?」

    チュッ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ウタオト (早種茅冬/著)

感想お待ちしてます(*^^*)

  • はじめまして。
    野いちごで、七瀬 伊織 と名乗っている者です。
    完結しただいぶ後になりますが、拝読させていただきました。
    いやはや、この作品はとても素晴らしいですね。
    あ、上から目線と感じたなら、お詫び申し上げます。
    中学で不登校生をやっていると、敬語が曖昧な故、お許しください。

    いや~、この作品には、僕自身、とても感化されました。
    一言言わせて下さい。

    有難う御座います。

    僕ももう一度、ピアノをやろうと思います。
    僕の母が、元々プロのピアニストで、母の従兄弟が、現役のシンガーソングライター(?)で、母の実家にも、僕の家にも、ピアノとエレクトーンが1台ずつあり、小さい頃から鍵盤に触れていた私ですが、7歳も年下の妹に、圧倒的な実力で、こされてしまって、才能も、元々私が低かったんでしょうね、母の家系で絶対音感を持って無かったのも私だけですし。そうやって、急に表れて急に追い越された私は、頑張ってたものを嘲笑われたみたいで、嫌になってやめたんです。でも、それでも音楽に関する作品を読んでいるのだから、私も歌音ちゃんみたいに、まだ、好きなのかもしれないですね。
    やっていた頃は、自分で作詞作曲をして、弾き語りみたいなものをやったものです。

    後半、ほぼ愚痴みたいになってすみません。そしてさらに長々と。

    続編も、期待してます。(まだ読んでないので)

    ハルヒカリの歌詞も、とても良かったです!

    本当に、有難う御座いました。

    こんな私が言うのもなんですが、これからも頑張って下さい!応援しています!

    七瀬 伊織   2018/06/12 16:37

    初めまして。

    完結したのは大分前だというのに、感想を書いて頂きありがとうございます。

    凄い経歴のお持ちのようですね!
    私は歌音達のように何か秀でたものがあるわけでもない平凡すぎる人間なので、こんな秀でたものがあったら良いなーという思いで書きました。

    私自身も歌で勇気づけられたことがあるので、音楽は凄いなって感じます。

    愚痴でも長くても感想を頂けたことには変わりはないので嬉しいです!

    続編なのですが、作者の都合で現在非公開で公開の見通しが立っていないのが現状です。
    申し訳ありません。

    ハルヒカリは授業でしか音楽経験のない私が考えたものなので、そう言ってもらえると嬉しいです!

    これからもその期待に答えられるよう頑張ります。

    作者からの返信 2018/06/12 16:46

  • あや☆ぴょん様♪

    初めまして!

    そういってもらえて嬉しいです(*´ω`*)
    私もバンドや音楽が好きなので、書き始めました!

    碧ですか!
    癖が強いな子を好んでもらえて有り難いです(>_<)


    わ!ありがとうございます!
    とても嬉しいです♪

    早種茅冬   2015/10/09 16:31

  • 沙陽里様

    あら(笑)

    んーとですね、実はしばらく前から更新してました(*´ω`*)


    そうなんですよ!
    私にとっては初の音楽作品なので、手探り状態で更新だったのです

    早種茅冬   2015/07/27 07:53

  • 弥嘉さん…なんですか?この作品は。

    こんな…こんな…こんな素敵な作品あるなんて最近自分の作品更新してる時に気づきました!


    どうなってるんですかぁぁぁぁあああああ!!!!


    新選組もので来るかと思いきや…まさかの音楽もの♪

    新しいですねぇ、新鮮な感じです!

    これからもがんばってください!


    追伸、
    時を越える想いを完全版で公開しました!
    よければ私の駄作読んであげてください…!

    沙陽里   2015/07/27 00:41

  • 六月あずさ様♪

    顔出しありがとうございます!

    新鮮ですか!
    私も新鮮で、試行錯誤しながら書いてます……


    文の書き方が上手いといってもらえて嬉しいです(*^^*)
    いかに読者の方に話の内容に引き込めるか、と考えながら書いてるのでこんな形に(笑)


    睦月の名前はとある漫画の登場人物&響きの良さからつけました!
    六月さんに親近感を持っていただけたなら幸いです。


    ちなみにムッ君というあだ名は可愛いからですかね←


    仕事&更新頑張ります!
    六月さんも頑張ってください\(^o^)/

    早種茅冬   2015/05/05 18:31