ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 屋上
    • 壁ドン

    「翔、急に屋上に連れてきて、どうしたの?」

    「お前、クラスの奴に頭触られてたろ。」

    「髪にゴミがついてて、片瀬くんがとってくれたの。」

    「…」

    翔が急に黙ったと思ったら、だんだんと迫ってきて壁に追いやられた。

    ードンッー

    「俺以外の男に勝手に触られてるんじゃねーよ。」

    これって、いわゆる壁ドンってやつ?

    「あれ、翔、耳真っ赤////」

    「こんな恥ずいことするの、お前限定だから////」

    恥ずかしいのか、翔は顔を反対側に背けた。
    でも、自分だけドキドキさせられっぱなしは嫌だから意地悪しちゃおう。

    「ねぇ、翔。」

    「なんだよ。」

    翔がこっちを向いた瞬間に

    ーチュッー

    「してやったり!フフッ!」

    私から翔の頬にキスしたんだ!やっぱり、耳真っ赤になってる!大成功ー!

    「美桜…」

    ーチュッー

    「頬じゃなくて口にするのがキスってもんだろ?」

    「バカッ////」

    開く閉じる

    • 先生
    • ハグ

    「初日はいかがでしたか?」
    「はい!結構うまくいきました!」
     
    ノリノリの彼女に日永が眼鏡を押し上げた。

    「……美友さん。ここに座って下さい」

    彼は座った美友にニコと微笑んだ。

    「水道が出しっぱなしだったようですか」
    「ごめんなさい!自動かと思って」
    「電気も同じ理由?」
    「はい……」

    日永は気にしないでと笑ったが、美友はションボリした。

    「そうか、私、失敗だらけだったんですね」

    この彼女を日永はふわと抱きしめた。

    「そんな事ないよ。君はよくやってる」
    「え」
    「背中に髪の毛が付いているから、取るね」
    「は、はい」
    「うん。いい子だ。じっとして……はい、取れた」

    長髪の美友は不思議顔だったが、日永は微笑んだ。

    「君は上出来だったよ。また明日」
    「……はい、頑張ります!」
    「いいんです、君はそのままで」

    こんな日永に送られて笑顔の美友は職員室を出たのだった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 病院の駐車場

    両親をそれぞれ乗せたパトカーが病院の敷地を出ていく。

    隼人と二人でそれを見送る。

    そして、パトカーが視界から消えてすぐ。
    隼人が私を抱き締める。












    「愛してる」











    たった一言。

    たった一言だったのに……私の頬に涙が伝った。


    誰かの前で涙を見せたのは、初めてかも知れない。

    隼人は泣く私を更に強く強く抱き締める。






    「愛してる。…………愛してやる、俺がお前を一生愛してやる」





    私は堪えきれなくなって隼人を強く抱き締め返した。

    腕の間から、嗚咽が漏れる。





    ――愛してる





    私はきっとずっとその言葉を求めていたんだ。



    ずっと、誰かに愛されたかった。

    たった一人で良かった。
    たった一人で良いから、誰かに “愛してる” とただ抱擁して欲しかった。

    その温もりを求めていた。

    ただそれだけだったんだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

漆黒の闇に、偽りの華を (ひなたさくら/著)

  • はじめまして!
    すっごく面白くて、一日で読んでしまいました…
    恭が敬語モードと総長モードで分かれてるのがすごくキュンッ…ってきました…💖
    続編、早速見てきます!

    これからもお体にお気をつけて…✨

    (語彙力低くて、読みにくい感想になっているかと思います…すみません💦)

    ୨ぇぁ.*˖◛⁺♡   2019/09/21 19:07

  • めっちゃ感動しました!続きみたいです!!

    星乃結萌   2019/05/11 00:46

    ありがとうございます〜
    !!(*´˘`*)♡
    続きは【漆黒の闇に、偽りの華を②】へぜひ♡

    作者からの返信 2019/05/11 14:05

  • はじめまして。
    暴走族と恋が入ってる小説が好きなんですけど、このお話はホントに良かったです!!
    小説も買おうと思ってます💗
    恭だけじゃなく、主人公みんながカッコよくて面白くて…
    これからも頑張ってください🎌

    pink❤︎   2018/09/08 12:33

    Hknh”さんはじめまして!
    心温まるご感想ありがとうございます!!
    本作を!気に入って頂けてとっても嬉しいです(*´˘`*)♡
    わわわわ!文庫の購入もご検討いただけるのですか!?ありがとうございます!!文庫の方は、サイト版より少し読みやすくなっていると思います!さらに、ほぼノーカットになっているのでお楽しみいただけたら幸いです☆彡.。

    これからも、楽しんでいただける作品をお届けできるよう、頑張ります( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧
    今後ともよろしくお願いいたします♪

    作者からの返信 2018/09/11 08:04

  • こんにちは!
    友達に書籍本を借りて読みました!
    つい面白くて何回も読んでしまいました!
    恭がとてもかっこよすぎて、恭に恋するんじゃないかってぐらいでした!
    これからも応援します!がんばってください!!

    RAN♪   2018/05/06 07:53

    こんばんは!(*´˘`*)♡
    わぁぁ!書籍のご感想、ありがとうございます!!何回も読み返して頂けているなんて!!こんなに嬉しい言葉はありません!!
    恭もかっこいいと言って頂けて喜んでおります(*^^*)
    この作品が、RAN♪様の心に残る物語になれていたら幸いです!

    応援ありがとうございます!
    目一杯頑張ります!( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

    作者からの返信 2018/05/06 22:12

  • こんにちは!
    3回も読んじゃいましたw
    何回読んでもやっぱり大好きです!
    応援してます!

    花ゆめ   2017/12/13 11:25

    花ゆめ様!!こんちには!!2の方から先にお返事してしまいすみません!!
    こちらにまでご感想ありがとうございます(;ω;)♡
    3回も読んでくださったんですか!?ありがとうございます!!何回も読んで頂けるなんて、作者としてこれほど幸せなことはありません(;ω;)♡
    応援ありがとうございます♡これからも、楽しんで頂ける作品を書けるよう、頑張ります( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

    作者からの返信 2017/12/24 16:03