ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室

    「はい、それじゃあ、角Aは何度なの?」

    放課後の教室。先輩は若干呆れ気味に聞いた。

    「え、えと…………125度?」

    「はい、はずれ」

    「うぅ……っ」

    先輩に何度教えてもらっても、私はここが出来ない。

    「うーん……じゃあ、もし次が出来たらご褒美あげるよ」

    その言葉に俄然やる気になった私は、次の問題を見る。案外易しかった。

    「あ、これは60度ですよね?」

    先輩はようやく、柔らかい笑みを浮かべた。

    「当たり。じゃあ、ご褒美あげるから、目、つむって」

    言われた通りにすると、私の唇に何か当たった。思わず目を開けると、先輩は意地悪に笑った。

    「あーあ、目を開けちゃダメでしょ」

    ふっと笑いながら、先輩は囁く。

    「出来の悪い子には、お仕置き、だね」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • おでかけ
    • 恋人繋ぎ

    今日私こと里瑠(りる)は気になってる優矢とおでかけ。

    優「そろそろ待ち時間前だからお店行こっか」
    私達は優矢の車の中にいたので出てお店へ向かった
    優「うぅー!やっぱ外は寒いねぇー!」
    確かに寒い… すると優矢と手が触れそうになった
    優「あー!手は繋がないよ! え?もしかして繋ぎたかった?
    ニコ」
    里「繋ぐわけ無いでしょ!そんな事しないから安心してよ!」
    あー!ちょっとだけドキってしちゃった私がバカみたい!
    恥ずかしすぎる///
    私はいたたまれなくなって優矢から離れて歩こうとした
    すると…優矢が手を差し出してきて
    優「嘘だよ ほら、手…繋ごう?」
    私は言われたのが怖くて手を差し出せなかった
    優「ごめんって! ほら繋がないの?繋ごうよ」
    里「だってさっきやだって…」
    優「嫌じゃないよ ほらおいで」
    里「…///バカ…」
    優「はい、いい子ニコ」

    やっぱりこいつには勝てない…///

    開く閉じる

    • 後輩
    • お昼休み
    • 廊下
    • 告白

    「女友達といるの、疲れるんだよね。
    だから、君といるのは気楽でいいんだ」

    彼女は前に、そう言った。
    僕といるのが楽しいから居るとは言ってくれない。
    でも今、彼女が女子と話している所を見て分かった。
    僕といる時に見せるような自然な笑顔なんてどこにも無く、時折彼女が見せるツラそうな笑顔が、僕は見ていられなかった。

    僕はまだ高校生になったばかり、彼女は2年生。一緒にいたのだって、まだ半年で。あなたのこと、分かってない同然のはずなのに…どうしてもあなたを助けたい。僕は彼女に近付き、華奢な手首を優しく掴んだ。彼女も一緒にいた女子も、驚いていた。
    「好き…」
    「え?」
    つい口走ってしまった。僕の口からは言葉が止まらなかった。
    「先輩のこと、好きだから…無理して笑う所見たくないんだ。僕が今以上に、笑顔にしたい。だから…ね、先輩。僕の彼女になって下さい」

    彼女は優しく微笑んで、頷いた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

白雪姫(継母目線) (霜月 迷/著)

  • 繊細で寂しがりやの継母目線、切ないですね。
    白雪姫の無邪気さが、むしろ残酷に思えてきます。

    鏡が語り手という設定がすごくいいな、と思いました。
    鏡のほうも、切なかったでしょうね。
    問われた答えを率直に映し出すことしかできないんだから。

    「美」というものが介在するせいで複雑化してしまった、義理の娘への感情。
    おとぎ話の枠を超えて、どこかに実在するのかもしれないな、と感じました。

    素敵なお話を読ませていただき、ありがとうございました!

    氷川マサト   2015/08/20 22:45

  • ナキムシさま

    おはようございます。

    継母と言えど、母…だったんですね。王妃は…。

    読んだ後、しみじみ母親としての喪失感に浸ってしまいました。

    白雪姫という存在の大きさを知らずに手をかけた自分の愚かさを、きっと後になって知った王妃。

    物事の重大さや大切さは、後にならないと分からない…というメッセージみたいなものを受け取りました。

    鏡に映った王妃の顔。
    それを見た鏡。

    想像するだに切ない…です。

    純真無垢な子供も、いずれ様々な感情を持った大人になる。
    王妃は白雪姫を失って、初めて大人(親)になれたのかもしれないな…と感じました。

    深イイお話。ありがとうございました。

    「トモ転」の続きも待たせてごめんなさい。
    今書いてるのが終わったら、必ず書きます。
    私もあの作品で、伝えたいコトが沢山あるんで…

    これからもナキムシさまのお話見つけたら読みますね。
    では、またお会いできる日まで(ToT)/~~~

    森沢結羽   2015/08/18 06:33

  • 森沢結羽さま

    読んでくださってありがとうございます!

    継母目線に惹かれて、と言っていただけて嬉しいです!
    なんとなく、継母の気持ちも考えてみたいな~とか思いまして…。

    私的には、
    世の中に最初から悪い人っていないと思うんです。
    道を踏み外す人はいても、
    スタートはちゃんと正しい道にいたはずです。

    それに、別の観点から見たら、意外に正しかったりすることもあるので……。

    きっとこの継母は、原作より優しいんじゃないかなって勝手に思ってます。
    なんか、勝手にいろいろエピソードとか付け足したり性格創作したりしたので……(^_^;)

    一応最後まで公開したので、読んでみてもらえたらと思います❗

    これからも温かい目で見守っていただけたら幸いです!


    どこかにトモダチ転がってませんか?
    の続きも楽しみにしてます。

    霜月 迷   2015/08/18 00:58

  • ナキムシさま、こんばんはー!

    「継母目線」に惹かれて更新まで読ませて頂きました。

    リズム良く書かれてて、途中で止めることもできず…(^-^ゞ
    スゴく続きが気になるので、本棚インしておきますね~


    美に執着するのが女性ですが、時は戻らず…。

    老いは誰しも皆、平等に訪れるとは分かってても、やはり若さ故の美は憎らしい…。

    継母の気持ち、とても良くわかります…(;o;)

    憧れても手に入らないなら消すまで。

    そう決心した後の思案も面白かったです。

    また、読みに伺わせて頂きますね~(*^ー^)ノ♪

    森沢結羽   2015/08/17 23:48

  • ナキムシさま*

    はじめまして。

    こちらの作品、読まさせて頂きました(*^^*)

    とても有名な童話、けれど白雪姫以外の視点で物語を捉えようとしたこともなかった私。

    だからこそ、白雪姫以外の視点で描かれている、こちらの作品が気になり、更新分まで読まさせて頂きました☆°

    女性、だからこそ美を追求してしまったり、他人と比べ妬んだりしてしまう…

    でも美というよりも、“私を見てほしい”という存在欲求の方が強かったのかな…?

    読みながら、そんなことを考えているうちにあっという間に白雪姫に毒を盛ろうと、小人達の家まで……

    白雪姫、食べないで、という思いと、白雪姫がいなくなった後の継母の思いがどうなるのと気にしている自分もいます(笑)

    更新、楽しみにお待ちしていますね(*´ω`pq゛

    中原 亜依   2015/07/28 21:23