ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    放課後…私は先生から頼まれ事をしていた

    朱音:はぁー、さいあくだぁー、😭

    ガラガラガラ
    椿:あ、朱音ちゃん!

    朱音:あ、先輩!なにしてるんですか?

    椿:いやー、朱音ちゃんと、帰ろうかな?って思って笑というか、朱音ちゃんこそ何してるの?

    朱音:そーだったんですねー、ってえ!?い、一緒に帰るんですか!?
    私は、先生からの頼まれ事をしてます⭐️

    天宮先輩が、急に近くに来て

    ポンポン
    椿:えらいね。朱音ちゃん。
    じゃあ、おれ、ここで待ってるから終わったら起こしてね?笑
    おやすみー!

    カアァァ自分の顔が赤くなるのがわかった

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室

    ある日の放課後、生徒会長の高崎 漣夜(たかざき れんや)は各教室の見回りを行なっていた。

    居残りがいないか確認する面倒くさい作業とよく思われるが、彼はその仕事に別の意味を見出していた。

    たまに、人の席ー漣夜のものだーで寝ている少女がいるのだ。

    学年も違うのになんでいるんだか。

    最初はそう不思議に思ったりもしたが、理由を聞いたら「ここは光の当たり具合が最高だから」とかなんとか。

    それ以来、彼女を起こすのが楽しみで巡回するようになっていた。

    「ほら、起きて」

    耳元で囁くと、身じろぎはするも起きない。

    ならばどうするか。これを考えるのが楽しいのだ。

    思考を巡らせていると、ふいに彼女が発する音を聞いた。

    「…たかざき、せん、ばい…」

    ーこれはズルい。一瞬で理性が漣夜から抜け落ちる。

    衝動のまま、顔を彼女の額に近づけた。

    眠り姫は目覚めたら、どんな表情を見せるのだろうか?

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「彩音、帰るよ…って、寝てるし」

    学校で寝るとか、ありえないんだけど…
    他のやつに見られたらどうするの?

    「はぁ…早く俺のもんになってよ」

    何年好きでいると思って…

    「ん…しょう、くん…」

    っ、今、俺の名前…呼んだ?

    まさか、ね

    「しょうくん…すきぃ…」

    「っ…」

    寝言…だよな?「好き」って…幼馴染として…だよな?

    でも、じゃなかったら俺…期待するよ?

    ここが学校じゃなかったからいいものの、もし家とかだったら…

    あー…くそ…

    寝言で俺の名前呼ぶとか、可愛すぎだろ…

    どんだけ骨抜きにさせる気?

    「ん…」

    寝顔も可愛すぎる

    こんなに可愛い生き物がいて大丈夫なのか?

    いてくれないと困るけど

    「しょう…くん…」

    俺の夢見てるんだよな、きっと

    寝てるし、言っても…いいよな?

    起きないだろ、多分…

    「好きだよ、彩音」

    だから、期待…させてね?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

課長さんはイジワル2 (桐一葉/著)

  • 「課長さんはイジワル」の方で感想を述べさせていただきました、あさみかん。です
    「課長さんはイジワル2」、壮大な物語でした。
    愛ちゃんと佐久間さん、2人がご無事に結ばれて良かったと思っております。

    桐一葉さんも、執筆中に大変なお目にかかっていて…
    そんな状況の中で、書き上げてくださり、誠にありがとうございます。

    桐一葉さんの作品に出会えて心から幸せです!!

    ((続編も期待していたり…

    あさみかん。   2018/09/30 11:45

    あさみかん。さん

    こちらにまでコメントありがとうございます。
    佐久間氏や愛ちゃんの生い立ちや設定は、「課長さんはイジワル」の段階で出来ていたのですが、まさかこんなに書くことになるとは……でした。
    しかもこんなに時間が経過しても読んで頂いていることに感謝です。
    今、書き上げた15作品が非公開なので、今後手直ししたりして公開していきたいなと思っています。
    心のこもった応援、有り難うございました。

    作者からの返信 2018/10/01 10:10

  • みとか   2017/03/20 20:03

  • 大仏ちゃんさん

    楽しんで読んで頂けたようで、ほっとしました。
    二人はきっとこれからもどんな波乱も乗り越えて、生きていくんだろうなぁと思います。
    「課長2」をもって、このシリーズは卒業しようと思います。
    その後の話は、今のところ予定はありません。
    書き切れなかったところで悔いの残るのは……

    道子お母さんの父親は傳三郎(でんざぶろう)と言って、昔、マタギをしていました。
    とうちゃんが、道子母さんを嫁にもらいに行くとき、銃を片手にした傳三郎じいちゃんにとぉちゃんは追い回されました、とか。

    由紀は結局6人産んで、4人目の時は破水して、愛が運転して病院に連れて行ったとか。

    取り敢えず、この辺で。
    また、次回作も頑張ります。
    有り難うございました。

    桐一葉   2015/11/09 08:41

  • はやしえりさんへ

    お誕生日おめでとうございます!
    すごい奇遇です。
    昨日、書き上げられてよかったです。
    今回も、最後をアップするにあたり何回も書き直し、結局は昨日が最終回となりました。
    実は、最終回とスタートは大安吉日だと決めていまして……。
    その大安吉日にお誕生日のはやしえりさんは、きっといいスタートを切れる!と信じ、また、願っています。
    次回作も頑張ります。

    桐一葉   2015/11/09 08:35

  • bhママさん

    いつも書き込み頂き、有り難うございました。
    最後まで読んで頂けて本当によかったです。
    基本、私の作品はハッピーエンドを目指すので、そこまで読んで頂けて嬉しかったです。
    試練が主人公たちに降りかかっても、
    「そう来たか!」
    と、読んで頂ける人たちに喜んでもらえるようなどんでん返しを用意できるといいなと思っています。
    これからも頑張ります。
    また読んで下さるとうれしいです。

    桐一葉   2015/11/09 08:31