ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • ヤキモチ

    『エアラブ放送局です!本日は高等部入学式に突撃訪問です!美友先輩こんにちは!』
    『ええ?』

    中等部の後輩の出現に美友は驚いたがマイクを受け取った。

    『こんにちは。素敵な入学式でしたよ』
    『ありがとうございました。これでインタビューは終わりです』

    そんな後輩はじっと美友を見つめた。

    「なんか綺麗になってる」
    「そんな事ないよ」
    「髪も切ったし、スカートも短くて……」
    「どうしたの?」

    彼は美友の手をつかんで歩き出した。

    「許さない。僕を忘れるなんて」
    「忘れてないよ。ねえ、どうして怒っているの?」
    「……あのね。美友先輩。僕の事好き?」
    「好きだよ」
    「後輩としてじゃなく、男としてだよ!」
    「私は好きとかよくわからないの」

    すると彼は美友にギュと抱きついた。

    「僕はこれくらい好き!だから」
    「わかったわ。じゃ、一緒に帰ろう?」

    この2人を芹那は今日も呆れて見ていたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 後ろからギュッ

    私「よしっ、できた!」
    私の目の前には美味しそうなカップケーキ。
    名前は知らないけど、あのイケメンの先輩に渡すんだっ!
    「みゆき〜!カップケーキできた〜?」
    あ!幼馴染の和くん(ヨリ)だ!
    私「うん!できたよ〜」
    「うわ〜、ちょーうまそー!俺にチョーダイ♡」
    えっ!?
    私「私、渡したい人がいるからっ!」
    「…フーン…それって、あの名前も知らないセンパイのこと?」
    なんで知って…!
    和くんは私の腰に手を回して、後ろから抱きついてきた。
    「そんな奴より、俺のほうがみゆきのこと好きだと思うけどなー。」
    私「エッ////」
    「あはっ、みゆき顔まっかー♡」

    結局カップケーキは和くんにあげました////

    開く閉じる

    • 同級生
    • 卒業式の後

    「やだ!帰らない!」
    「なりません!帰りますよ!」
    私悠里は超がつくほどのお嬢様…今日は卒業式だった。好きになった晴人くん告白してないしあえてもない
    「帰りますよ!」
    彼は執事の綾鷹
    『ガラッ』
    「紗南柄!」
    「晴人くん!」
    「芹生院様こないでください!」
    私を担ぐ綾鷹、
    「降ろしなさい!」
    「…」
    『トン』
    綾鷹によって私は意識を失わされた。最後の日なのに…
    -晴人-
    「何してるんだ」
    「近づかないでください」
    「はぁ!?」
    「…不良のあなたとつるまれては困ります」
    「!…それでも俺はその子が好きなんだ…」
    「分かりました…お嬢様…」
    「んっ…何するの!綾鷹!」
    執事の彼にキスされる彼女、その起こし方は…
    「お嬢様、一言だけ申すことを許します。」
    「!」
    「早く」
    「晴人くん好き!付き合って!」
    「…!俺も好きだ!」
    「…」
    俺らは付き合うことになった…

    「俺だって好きだったのに…」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

男装騎士~あなたの笑顔護ります~ (片瀬 天音/著)

はじめまして、お久しぶりです、こんにちは!片瀬天音です。“男装騎士~あなたの笑顔護ります~”を読んでいただきありがとうございます。一言でも構いませんので、感想・意見ありましたらよろしくお願いします!

  • この話しは涙無しでは読めないくらい…
    何回読んでも面白いです!!

    ユキがレオの事を思う気持ちや、レオがユキを思う気持ちがこちらにまで強く伝わってきて…本当に感動します。

    個人的には、グレンのキャラがとても好きです笑

    みんなが幸せになれる世界になれればいいですね( ´ ꒳ ` )ノ

    u_kaʚɞ   2019/03/21 00:39

    コメントありがとうございます。
    そして、嬉しいお言葉本当に嬉しくて、感動です。

    一生懸命なユキは書いていてとても気持ちのいい女の子でした。そんなユキと出会って大切な守りたいものを得たレオも幸せ者ですね。
    二人の思いが伝わり、よかったです。

    グレンを気に入ってくださったのですね!
    ずっとレオをそばで支えてきたよき理解者グレン。
    気に入っていただけて、きっとグレンも大喜びでしょう。

    嬉しい言葉の数々本当に感謝しています。
    ありがとうございました!

    作者からの返信 2019/03/21 11:21

  • はじめまして、とても面白かったです!
    だんだんと主人公やそれ以外の
    騎士に心を許していく王子様が
    かっこ良かったです。 特に側近のグレンへ『お前が必要なんだよ』というセリフに「おお~」となりました。
    最初は面白そうと思って読んでましたが、話が進むにつれ、だんだんと世界観に入り込んでいきました!

    霧島 さくら   2019/02/23 22:06

    コメントありがとうございます。
    面白かったと思っていただけて安心しました。
    側近のグレンや騎士たちとの心の交流も楽しんでいただけてよかったです。
    嬉しいお言葉をありがとうございます。

    作者からの返信 2019/02/24 10:56

  • 遣える→仕える

    彌槻1004   2019/02/11 01:48

    誤字発見ありがとうございます。
    見つけ次第直しますね。
    ありがとうございます。

    作者からの返信 2019/02/11 08:50

  • お久しぶりです!
    またしても2回、3回とこのお話を読ませていただいています

    やっぱり、とても面白くて飽きません!
    片瀬天音さまの作る作品の世界観や登場人物がそうさせているのでしょうか?(=簡単にいえば、片瀬天音さまの作品がとても好きで応援しています!ということです)

    学校に行く途中の電車の中で読ませていただいていたんですが、カイに城下町で出会うシーンの前で学校の最寄りについてしまい、学校に着くな~!と何度思ったことでしょう···
    物語の結末を知っているはずなのに、やめられなくなってしまいました!

    とても面白い話をありがとうございました
    そして、長くなってしまいすみません···

    最後になりましたがこれからも頑張ってください!

    片崎 スミレ   2018/07/24 15:35

    コメントありがとうございます!

    何度も読んでくださって嬉しいです!
    二度ならぬ三度も…涙
    私の作品の世界観や登場人物を気に入ってくださり、本当にうれしいです。
    私自身、楽しみ大事に書いた作品なので、そう言ってもらえてホッとします。

    通学のお供にしてくださっていたのですね。
    楽しんでいただけて光栄です。

    この作品を書いて暫くたちますが、振り返ってみてもいつものスランプもありながらも本当に楽しみながら書いた作品です。
    こんな風に喜んでもらえているというお言葉を頂けることは、作者として本当に幸せな事だと思います。

    これからの作品作りの糧にして、たくさん楽しんでもらえる作品を書いていきたいと思います。

    ありがとうございました。

    作者からの返信 2018/07/26 00:36

  • はじめまして!
    こんなの素晴らしい作品をかいて下さってありがとうございます😢
    読み終わったらこの感動を伝えたくっていてもたってもいられませんでした(笑)
    クルクルと、変わる展開に、言葉の選び方全てが良かったです!!
    言葉で伝えられないほど感動しました
    ありがとうございました

    ユピナん   2018/07/21 10:08

    コメント&読了ありがとうございます。

    こちらこそ、私の作品に出会ってくださりありがとうございます!
    感想を書くというひと手間を撮ってくださったこと、本当にうれしいです。
    嬉しいお言葉の数々に私こそ感動してしまいました。
    楽しんで書いた作品なので楽しんでもらえてすごく嬉しいです。

    ありがとうございました。

    作者からの返信 2018/07/22 11:25