ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 同居【お題】
    • ほっぺにキス

    「ねぇ」

    「なぁに?春くん?」

    「今日の夜ご飯なに?」

    ボソッと呟いた隣の席の彼は、私の顔を見つめながらそう言ってきた

    「んー…どうしよっかな…春くん、なにかリクエストある?」

    「オムライス」

    そんな可愛いことを言うものだから思わず口が緩む

    「ふふっ、大好きだよねオムライス」

    「うん、好き」

    小さいころからの大好物らしく、よく作ってほしいと言われることもしばしば

    「じゃあ、オムライス作るねっ…!」

    そう言って、私も微笑み返す

    「っ…、あー…もう…可愛すぎ」

    「…?春く…」

    チュッ

    「っ…!」

    私たちの席は、窓側の一番後ろの目立たない席

    だから、頬にキスをされたとしても誰にも気づかれはしない

    「は、春くん…っ?」

    「お腹すいたから、由々食べた」

    「っ…もう…っ!春くんのバカ…!」

    もっと食べて欲しいなんて思ったのは春くんには内緒

    開く閉じる

    • 放課後
    • 同居【お題】
    • 髪クシャ

    『ごめん遅くなった』
    『気にするな乗れよ』
    車に乗り家帰る前にスーパーで買い物していた。
    『何食べたい?』
    『なんでも良いよ』
    食べたいものくらい言えば良いのに作る方も大変なんだよ。
    適当に食材を選んで買い物を済ませた。
    家に帰ると彼はテレビを見て私は料理をしていた。
    『いたっ・・・』
    手を滑らせて手を切ってしまった。
    すると彼が側に来て水で傷口を水で流す。
    手を触れられてドキドキしていた。
    いつも無関心なのに何かあると必ず助けてくれる。
    私の幸せな時間だった。
    彼に手当てしてもらって謝ると。
    『気をつけろよ』
    髪クシャっとされて顔が暑くなる。
    彼は私から離れながら言う。
    『ドジだな、まっそこが良いけどな』
    『ば、ばか』
    急な言葉で胸のドキドキがヤバい。
    『なあ?』
    『なに?』
    『俺をあまり本気にさせるなよ?』
    『はっ⁉︎ なんで』
    『これ以上の愛し方まだ知らないから』
    もう言葉でないよ…

    開く閉じる

    • 総長
    • 授業中
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    「葵、お前の闇を見せてくれよ」

    『嫌よ、何であんたなんかn』

    「俺が知りたいから。守りたいからだ」

    『……分かったよ』

    「ありがとう」ギュ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

森田当麻の奇妙事件簿2 (泉ことり/著)

  • 初めまして!
    探偵さんの話が大好きで、「探偵」というキーワードで検索したら、「森田当麻の奇妙な事件簿」が出てきました。読んでみたら、すぐに引き込まれて、この作品も読んでみました!とても面白かったです!
    どんな小説よりも、読みやすく、面白かったです!ファンになりました!

    TWICE once   2018/09/06 21:32

  • 沙陽里様。

    素敵な感想ありがとうございます!
    面白かった、なんて最高の褒め言葉です!
    ありがとうございます!!

    これからも期待にお応えできるように、
    頑張っていくので、応援お願いします!

    泉ことり   2017/03/27 00:06

  • はじめまして、こんばんは(*´˘`)
    探偵、とか事件、と言った小説好きで…
    久しぶりに探偵ってキーワードで探したら見つかって、2まで一気に読んじゃいました!
    すごく面白かったです!
    これからも頑張ってくだはい!

    沙陽里   2016/10/14 21:24

  • 杏仁ゆひさ様

    素敵な感想ありがとうございます!
    返すのが遅くなって本当に申し訳ありません!
    受験で野いちごをなかなか開けず、気づいたらたくさんの方々から感想をいただけて感極まってます♡

    しっかりとご指摘うけとめて、これからもノロノロ更新ではありますが、書き続けます!

    まだまだ未熟ですが、私の作品を楽しんでいただければ幸いです♪

    素敵なご感想、本当にありがとうございました!

    泉ことり   2016/08/16 10:43

  • はじめまして、こんにちは☆
    杏仁ゆひさと申します

    予知夢見れる探偵なんて新しい&その力が推理にどう生かされるのかドキドキしつつシリーズ無印と2を読ませて頂きました

    内容が割とあっさりめだったので推理小説と意気込まず探偵小説として気軽に読めました。有り難い!

    でも気楽に読みつつも予想していないとこから犯人が!? となると、やはり悔しさがあり二重の意味で犯人コノヤロー。良い意味でやられた!

    そんな風にとても楽しませて貰ったのですが、少し欲を言ってしまうと情景、心理描写が物足りなかったかも

    時々「今どこ(もしくはどんな場所)にいるの?」とか「なんで急にこんなこと言い出したの?」と置いてけぼりになる場面がありまして

    たぶん私の想像力と読解力の至らなさのせいだろうけど……って自分で言っておきながら少し凹む(´;ω;`)

    なのでもう少し想像力を後押ししてくれると、もっと話に入り込める気がしました。ざっくり言うと話の展開と探偵さん&刑事コンビが好みなのでもっと没入感を味わいたかった! っていうのが我がままな本音です

    そんな我がまま読者ですが、シリーズ次回作を待つ間に他の作品も読ませて頂きますね!

    好みの内容多そうでどこから手をつけるべきか困るけど、取り敢えず読破目指します(`・ω・´)キリッ

    それでは長々とお邪魔しました<(_ _)>

    鴨杏茄   2016/01/23 14:02