ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室

    「はぁ……」

    「溜息ついたら幸せ逃げるぞ」

    隣の席の柳が頬杖を付きながらそう云った。

    「我慢する方が身体に悪いわ…」

    私は机に腕を伸ばして、そのまま顔を伏せた。

    「何かあったなら聞くけど?」

    「聞いてくれる?!」

    その言葉に私はガバッと顔を上げた。

    「最近売れてる芸能人!男性なのに女顔で、凄く綺麗な顔してるの!!もう憧れの顔よ…あんな顔になりたかったと思ったら最後…自分の顔が辛い」

    言ってて悲しくなってきた…
    自分の見た目に自信無いもん、可愛くないしスタイルも良くない

    「はぁ〜…なんだ、そんな事?」

    柳が深い溜息を付きながら頭を掻いた。

    「いや、そんな事じゃないよ?!重要だからね!こんな醜女じゃ、恋人出来ない」

    駄目だ、泣きそう…

    「そう?」

    急にほわっと両頬が温かくなった。
    柳が私の頬を挟んで自分の方へ向けたからだ。


    「可愛いじゃん。俺は好きだけど?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 屋上

    バタンッ


    『今日の空は綺麗だな〜!』


    私は“空”が好き。


    嫌なことを全て忘れられるから。


    『よし、描こっと』


    カリカリ


    私は絵が好き。だから美術部に入っている。


    でも描くのは空だけ。


    見る度に表情が違うから全然飽きない。


    1番好きなのは夕方の空。


    理由は…


    バタンッ


    「遥華ー!!」


    大好きな君に、会えるから。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中

    「妃奈ちゃん。どっかわかんないとこある?」



    『うーん。あっ、ここ出来ないです…。』



    「あ〜。ここね。僕もあんまり上手く出来ないけど」



    •*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪



    「多分こんな感じだと思う!出来る?」



    『多分出来ます。』



    「良かったー。」



    『ありがとうございます。助かりました!』



    「いえいえ。先輩だし!あっ。でも…」



    ナデナデ


    『!!?』



    『えっ!?どうし「妃奈ちゃん。」…はい。』



    「妃奈ちゃん大丈夫だから。もっと周りを頼って」



    『え?……でもっ「…いいから」』



    『…分かりました。』



    「よしっ」



    「そろそろ戻ろっか!」



    『あっ。はい。先輩は先に戻ってて下さい。』



    「分かった。じゃあまた後で!」



    ガラガラ



    『……~っ!!!』



    『はぁ…。顔があつい…。』

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

俺の存在理由を揺さぶるお前【短編】 (椋樺/著)

感想お待ちしておりますm(_ _)m

  • こんにちは!お久しぶりです(*^^*)

    椋樺さんの作品が増えていてビックリ!
    と、いうことで、まずこの作品から読ませて頂きました(≧∇≦)

    表現力?っていうんですかね??
    やっぱり上手だなと思って読んでました!
    3ページなのに上手くまとまってて尊敬します!!
    続き読みたくなっちゃいます☆

    結稀斗   2015/01/28 13:56

  • 竹久祐様

    やはり擬音多すぎましたかね(..;)
    でも、ありがとうございます!
    近々、ヴァンパイアものの長編を書こうと思っていたので参考にさせて頂きます( ´艸`)

    椋樺   2015/01/06 17:37

  • 月の光の下
    音もなく静かに近づき、女の側に忍び寄る男

    緊張感が伝わります


    寝息をたてる女の何の疑いすらない様子が
    一層、男の気配を強調する

    張りつめた恐さも伝わります

    なのに、このラストがタイトルにつながる答えになる

    緻密に計算された話だと思います。



    惜しむらくは、擬音

    サーッ
    トクン、トクンなどの音を表す表現が

    作品の邪魔になり、流れが途切れるのが残念です


    竹久祐   2015/01/06 15:15