ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 校舎裏
    • キス

    誰もいない、私達二人だけの教室に鳴り響くのは…。
    甘いリップ音、とか……
    「んっ……」
    なんども優しく、激しく絡められる舌。
    「俺だけに溺れていろよ」
    唇を離され、甘い声で囁かれたのだ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 廊下

    午前授業が終わり、つい彼女のいる席を見てしまう。

    俺は彼女に片思いをしている。単に一目惚れだ。
    本人は自分自身を「オール普通、凡人」と評しているが、俺には可愛い女の子にしか見えない。

    彼女が席を立つと同時に俺も席を立つ。そして追いかける。それが最近の、いや彼女に惚れてからの日課である。
    「いやだからついてくんなよ」
    「ついていきます〜」
    彼女の冷たいあしらいにもメンタルが強くなってしまった。自分の心をちょっとばかし疑ってしまうほどに。


    「てか、俺は今までずっとついてきてるでしょ、そろそろ慣れない?」
    隣を歩く彼女に目を向ける。彼女はちらりと僕を見るがすぐ目線を外し、目を合わせてくれない。
    「慣れる訳ないでしょ、あんた顔だけはいいんだから。」
    そう言って歩くスピードを早めてしまう。でも僕は足を止めてしまう。






    ほらね、実は照れてて目を合わせられないなんて、可愛いだけでしょ?

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    スマホに映るイケメン俳優をじっと見つめて、
    「はぁ…」
    小さくため息をこぼした。
    彼の名前は間宵 叶汰〔まいよい かなた〕。
    ドラマや映画に引っ張りだこの若手俳優。
    私、茅野 昴〔かやの すばる〕は、みんなに内緒で彼とお付き合い中。
    芸能人と付き合っているから、あんまりデートをする事ができないのは、分かっている。
    分かっているけれども……。
    「会いたい…よ…。もっと、イチャイチャしたい」
    誰もいない暗い教室に、静かに響く私の声。
    「じゃあ、イチャイチャする?」
    後ろからぎゅっと、温かいぬくもりにつつまれた。
    はっ?
    「か、叶汰?」
    何でここに?
    いつの間に?
    「俺以外がこんなことしていいわけないじゃん」
    クルッとまわされ、至近距離で抱き合うかたちに…。
    グッといきなり、キレイな顔を近づけられて…。
    「久しぶり、昴。……大好きだよ」
    甘くて激しいキスが唇におとされたのだ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

シンデレラの一族 (少名毘古那/著)

感想ノートを書いてくだされば返信は必ずいたしますので、お願いします。(また、希望の方はキャラがお答えします。お好みのキャラの名前を添えて感想を書いてください!)

  • 途中まで読みましたがめずらしい展開が多く、すべてが予想外でたのしめました
    こんなに面白い小説ははじめてです!
    ほかの作品も読もうと思っています。

    幽々   2019/01/13 05:58

    ありがとうございます!!!
    そこまで褒めて頂いてとても幸せです!!
    ファンタジーがメインですが、よろしかったらよろしくお願いします!

    作者からの返信 2019/01/13 13:24

  • つづきです
    文章の美しさ、表現の楽しさ、どれをとっても一流です。
    瑠璃ちゃん本当にかわいくていい子なんですが、どこか弱いところがあって、それが私と重なって感情移入ができました。
    私は伊織さんがすきです。不器用だけど一生懸命あいそうとしてるところにきゅんとします。
    これからのお話が本当に楽しみです!素晴らしい作品をありがとう!!!!

    幽々   2019/01/13 05:59

  • 》睦月 和琴さん
    感想ありがとうございます!!
    そうですよね…『ベターフレンド』はかなり衝撃的な意味です。
    こんな言葉を使っていた捺が果たして瑠璃と仲良くなれるのか、いささか不安ではありますね笑

    伊織がお好きですか!
    私も彼が大好きです。
    これからどんどん出てくる予定ですので、どうか気長に付きあっていただければ幸いです!

    少名毘古那   2015/11/10 22:30

  • ≫ぐらちさん

    感想ありがとうこざいます!
    たしかに60ページではまだシンデレラのシも出てこないですよね…ごめんなさい。
    結論から言いますと、現代に一般的に広まっているディズニーのような、童話のシンデレラが出てくるわけではありません
    グリム童話の原作に限りなく近い意味のシンデレラを起用しています

    ぐらちさんの期待しているものではないかもしれません…申し訳ありません

    登場人物については、きちんと一つずつ謎を紐解いていくので安心してください!


    読んでくださり本当にありがとうございます!
    遊びに行かせてもらいますね( ´艸`)

    少名毘古那   2015/09/09 20:42

  • ≫林鈴さん

    ありがとうございます。

    初めてのファンタジーということで、それに見あう作品かどうか不安です…。

    『ベターフレンド』をわざわざ用いた、という意図にも注目して頂きたいと思っています。

    完全に彼女が悪役なのか、はたまた味方なのか。
    また、『伊織さま』とはなんなのか。

    小池さんの謎は深まるばかりです。

    尚さんは物凄い重大な人だったりします。
    小池さん以上かもしれないぐらい、この物語りに切なく加わってきます。


    早く謎を言ってしまいたい…と思いながらの更新です。

    感想、ありがとうございました!

    少名毘古那   2015/02/23 22:49