ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月28日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    図書館にて彼と

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「キスしたい」
    「……却下」
    なぜだ、とマジな顔で首を傾げる彼の鈍さは天下一だ。私はハアと顔を覆って溜息をこぼした。
    「見てここ駅。夕方の、1番、人が多い時間でしょ。一応聞くけどどこでしようとしてるの」
    「ここだよ」
    「却下!」
    「なぜだ?恋人ならキスするもんだろ。離れ難い思うものだろ?」
    「それは時と場所が大前提の話!」
    堅物の頭に言っても納得してもらえない。どうしたものか、と考えを巡らせていると、彼は「なら質問変える」と口を開いた。
    「俺とキスするの嫌か?」
    「なっ…!」
    ずいと顔を寄せられる。近すぎて焦点を合わせようと、なぜか視線は彼の目から逃れられない。
    「嫌ならしない。今後もそういうことは控えるようにする」
    「何言って…」
    彼の目が悪戯に光る。
    「嫌か?」
    「…いや、じゃ、ない…」
    額に柔らかくキスが落とされて、「そっちか…」と思わずの呟きを聞き逃さなかった彼に結局唇を塞がれた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 最寄駅で
    • 頭ぽんぽん

    「鏡夜、今日通院の日だから駅で大丈夫」
    ホームのベンチで座る幼なじみの愛海が言った。

    愛海の病気は、中学の頃、高熱で発症した後に出来た、脳の腫瘍がだんだんと記憶や神経を蝕む病気らしい。
    ここ最近、明らかに愛海の記憶力が落ちていた事に気付いていた。

    愛海はいつか俺たちの事も忘れてしまう。
    そう考えると怖くて震えが止まらない。

    けれど愛海はもっと怖いはずで…
    泣き虫なのに無理して強がるから、いつの間にか愛海は人に弱みを見せなくなった。

    「大丈夫だよね。きっとあたしはまだ大丈夫」
    自分に言い聞かせるように愛海が言った。
    小さな手をギュッと握りしめて。

    アナウンスが流れて、愛海が立ち上がった。
    あまりにも泣きそうな顔をするから
    「大丈夫」
    そう言って髪をクシャっと撫でた。

    本当は、その小さな体を強く抱き締めてやりたいのに。
    小さく笑った愛海に、無力を突き付けられた俺は泣きそうになった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

だから、好きだって言ってんだよ (miNato/著)

2016.07.25文庫化決定しました(இдஇ`。)文庫の方で番外編を追加しています^ ^

  • ほんとに何回も読み返してます!
    続編希望してます!

    石山千遥   2019/03/30 01:18

  • miNatoさんの作品がすごく好きで今回の作品もすぐ呼んじゃいました!
    あいりが鈍感すぎて陽平が少し可哀想に思ってしまいました笑坂上くんもチャラいけど優しいところもあってキュンキュンしました!笑ノリも優しかったし深田さんも結局は応援してくれたりしたから優しいし…もうドキドキしっぱなしです!

    ほんとにmiNatoさんの作品大好きでファン登録もさせて頂きました!!
    ほかの作品も面白かったし感動したりもしました!これからも楽しみにしてます!!

    あいうえおみかんかん   2019/01/01 14:49

  • 文庫で読みました!キュンキュンしましたー!!
    最初名前見た時、三浦陽平くんの名前が俳優の三浦翔平さんの名前と見間違えました笑笑
    名前似てますね笑笑

    nonichi♥︎   2018/03/31 13:48

  • とてもキュンキュンしました!
    陽平くんも愛梨ちゃんも素直じゃないから思いを伝えられずこっちももどかしい気持ちになって早く言わないかなってドキドキしました。
    それから愛梨ちゃんが思いを伝えたシーンは愛梨ちゃん!よく言ったって気持ちになって思わず拍手しちゃいました(笑)。文庫の方も買ってみようと思います。
    これからも頑張って下さい‼応援してます‼

    アスナ*   2018/03/14 00:47

  • 山夫婦といいます。
    以前からmiNatoさんの作品を読ませていただいてて、いつもキュンキュンしてました!!!
    そして今回は初めてかな?感想ノートに感想をかかせていただきました。

    私も以前、陽平と愛梨ちゃんみたいな関係になった友達がいました。その彼とは昔からの知り合いではなく、高校で出会って同じクラスになって、隣の席になって話すようになって、少しずつ仲良くなっていて気付いたら好きで好きで好きでたまらなくなっていました。遊びに行ったりラインもしたりと彼に会える毎日が幸せで幸せで仕方ありませんでした。でも、素直になれなくて、好きだと言う一言が言えなくて、伝えることから相手の気持ちを聞くことから逃げてしまったんです。フラれるのが怖くて今までの関係が崩れるのが怖くて、いつも強かってばっかりで何も伝えることが出来ませんでした。その結果、月日が経って彼は私の友達の彼女になってしまいました。その時は何も思わなかったけど、今になってなんであのときこうしなかったんだろう?って、今はただ後悔の気持ちでいっぱいです。もしあのとき愛梨ちゃんみたいに素直になってたら、愛梨ちゃんと陽平のようにお互い素直になれないけど気持ちを伝えて今は幸せになれてたのかもしれないと思うとどうしようもなく苦しくなります。

    愛梨ちゃんのように素直になれなくても最後は気持ちを伝えたら良かった。。。。。長々しくすみません

    私もmiNatoさんのように心を揺さぶられる作品を作ってみたいです。この作品を読んで、大切なことに気づかせてくれてmiNatoさんには感謝の気持ちでいっぱいです!!
    ありがとうございました。

    山夫婦   2017/03/04 21:14

    コメントありがとうございます!
    素直になれない2人のジレジレ甘々ラブ。私自身、素直になれない女の子だったので山夫婦さんの気持ちがものすごくわかります。
    関係性が壊れてしまうことを恐れて、なかなか一歩踏み出せないことって恋愛関係だけじゃなくて色んな場面でありますよね。
    私自身がそうだったので、作品ではそんな気持ちを抱えながらも葛藤して前を向く女の子を描きました。素直になるって難しいですが、私の作品を読んで少しでも頑張ろうと思ってもらえて嬉しいです。
    友達の彼氏になってしまったのはツラいですね。
    だけど、山夫婦さんにもきっと幸せが訪れると思うのでこれからもめげずに頑張って下さいね!
    山夫婦さんの幸せを心から祈っています〜(o^^o)
    そして、これからもよろしくお願いしますね!

    作者からの返信 2017/03/11 13:45