ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • ベタ惚れ2【お題】

    【叶恵編】
    私は伊藤叶恵(いとうかなえ)高校2年生。
    「いい加減泣きやめよ。はぁー。」
    慰めてくれているのは同級生で幼馴染の伊鈴永叶(いすずえいと)。
    私は部活の先輩に告白して振られ慰めてもらっています。でも、本当に好きか分からなくて永叶に言ったら応援すると言われ、友達に言ったら先輩も好きだけど永叶も好きなんじゃない?と言われ永叶も好きになってしまい、ケジメを付けるために先輩に告白して、振られショックで慰めてもらっています。
    「だってー。ずっと好きだったんだもん。」
    好きだったのはほんと。でも、永叶の方が好きな気がしてて。

    ギュッ

    「俺じゃダメか?」
    えっ?かぁー。
    「いいよ…」
    必死に答えた返事。本音は
    「嘘ついてごめんね。ずっと永叶が好き。永叶応援するって言われて寂しかった。こうして言ってくれて嬉しい♡」

    チュッ

    「俺の彼女になれよ。」
    「はいっ!」
    やっと結ばれた日。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 自分のいない世界
    • 病院
    • 後悔

    奏汰くんへ

    一緒にいてくれてありがとう。

    こんな私は奏汰くんが私にくれたたくさんのことを返すことができなくて…。
    ごめんね。
    いつも貰ってばっかりで。

    この手紙を読んでる奏汰くんの隣に私はもういないのかな…?

    病気のこと黙っててごめん。
    私の余命言ったら奏汰くん泣いちゃうでしょ?
    大好きな人が涙で染まるのを見たくないから。
    奏汰くんが泣いてるところで死にたくないから。

    私に悔いはありません。
    でも一つだけお願いがあります。
    私の分まで生きて、素敵な恋をしてください。

    奏汰くんいままで本当にありがとう。

    美琴より



    この手紙を読んだ奏汰は後悔した。

    「俺が強ければ美琴を幸せにしてやれたのか?」
    涙でいっぱいの奏汰の声は虚しく空に響く。

    今更気づく。
    自分の想いを伝えることがどれだけ大切か。

    奏汰は願う…
    「俺のような思いをする人が1人でも減りますように」
    と。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • ベタ惚れ2【お題】

    【永叶編】
    俺は伊鈴永叶(いすずえいと)高校2年生。「うっ。ぐすん。」
    そして、泣いてるのが同級生幼馴染の伊藤叶恵(いとうかなえ)。
    幼馴染が先輩に振られ慰め途中。でも、そんなの面白くない。俺は小さい頃から叶恵が好きで初めて会った時から一目惚れだった。いつも、俺が守っていたのに、なんで俺じゃないんだ。
    「叶恵そろそろ泣きやめよ。はぁー。」
    「だってー。ずっと好きだったんだもん。うえーん。」
    うるうるしてる目で俺を見るなよ…///
    そんな目でみてたら、

    ギュッ

    「永叶?ど、どうしたの急に。」
    「俺じゃダメか?」
    とっさに出た俺の初告白振られるとは分かっていたが我慢できない。
    「いいよ…」
    「えっ?」
    思わぬ返事で戸惑うがめっちゃ嬉しい。

    「嘘ついてごめんね。ずっと永叶が好き。永叶が応援するって言ってすごく寂しかった。だから、こうして言ってくれて嬉しい♡」

    チュッ
    「俺の彼女になれよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

あったかい…… (音葉ぽるか/著)

  • 耀成 さん

    こちらにも来てくださりありがとうございます。
    え、失敗じゃないですか?
    ありがとうございます。

    耀成 さんのいうように、大人の作品なのです。
    人にエネルギーを上げられるようなそんな作品が書きたいと
    常々思っておりまして、
    けれど、どうもマイナス志向が強い作品になってしまうわけです。

    でも、こうして耀成 さんのように
    共感してくださる方がいることは書き手冥利に尽きますね。
    耀成 さんにいただいたレビューと感想は、
    今回企画に参加したご褒美のようです。

    本当にありがとうございました。


    音葉ぽるか   2014/11/06 18:54

  • あ!すみません。コメント跨ぎました。

    自分は、ぽるかさんが気になされている様な
    『残念な作品』とは思いませんでした。

    作家様のストレートに描かれた作品は、
    輝きがあると思います。

    連打失礼致しましたm(__)m

    耀成   2014/11/06 12:02

  • こちらにもコメント失礼致します。

    モザイクとはまた違い、大人の物語でございますね。

    主人公が友人との飲み会で、やさぐれた発言をしていましたが、同じ様に不満を抱いている人も中にはいるかもしれないけれど、社会的体裁だとか、子を想うから故に踏み切れない人もいるんじゃないかな…とか、物語の中の主人公に異論を呟いておりました。

    が、それは主人公側の率直な気持ちの表現であって、本当の共感者ではない相手への反発心の現れなのだと思いました。
    誰しも自分と同じ気持ちでいてほしい。
    でも、そんなのは有り得ない。
    一人一人、思う気持ちは多種多彩。

    人間の真相心理をコミカルに描かれた作品。
    とても心に響きました。

    家族とは、無くてはならない存在で、
    例え嫌みを言われても少なからずの愛はある。

    とても素敵な作品だと思います。
    拝読させて頂きまして、ありがとうございました。

    耀成   2014/11/06 11:50

  • こちらこそ、ありがとうございます!

    載せておきますね。

    毒舌な女子   2014/11/05 16:41

  • 毒舌な女子様

    ごめんなさい。

    すっかり表紙に載せておいたのを忘れてました。

    これは失敗作なんですが、

    いいんですかね。


    お言葉に甘えまして、

    キーワードにも入れさせてもらいました。

    よろしくお願いします。


    音葉ぽるか   2014/11/05 09:58