ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月13日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 卒業式
    • 廊下
    • 告白

    「第2ボタン貰うと嬉しいもんなの?」

    式が終わり周りは寄せ書きやら写真撮影やらで賑やかだ

    「嬉しいよ、好きな人なら尚更」

    横目で見ると、学ランのボタンが既に2、3個足りてない彼は贅沢なこと言うと思った

    「誰かから貰った?」

    「ないね!好きな人募集しよかな〜」

    冗談めかしてみたが今日が最後なことくらい分かっている

    「…へー、参考までにタイプ聞かせてよ」

    意外にも掘り下げてきたので

    「やっぱり一途な人は良いよね」

    高校で探すわ、と付け加えたら

    「その必要ないから。俺が立候補する」

    と真顔で言われてドキッとした

    「っ冗談…きついってー…」

    「第2ボタン」

    「え?」

    「渡す方も嬉しいのかも
    …好きな人なら尚更」

    そして彼がポケットから手を出して拳を私へ突きしたので、条件反射で手を出す

    「あげる」

    1つ、ボタンが手の平で転がって
    春は少し先なのに体がぽかぽかした

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • ベタ惚れ2【お題】

    思春期の男女が二人きりでいるだけで、例えばそれがただの幼なじみだったとしても、ウワサ話のネタにされるのがオチだ。

    だから極力人目のつく所では会わないようにしていた。ーーのに。

    彼はなぜか私の手を掴んだまま離さない。
    あろうことか恋人繋ぎのように指を絡ませてきた。
    「…何してるの」
    「んー」
    「んー、じゃなくて!離して、誰かに見られたら…」
    「見られたら困る?」

    いつもの優しい顔じゃない。
    真剣で冷静で熱のこもった視線に、私は思わず頬を赤らめた。困るのは私じゃない。
    「俺は困らないよ。むしろ噂になればいいと思ってる。牽制できるし」
    な、と同意を求めてくる。何に対しての牽制よ、と問いたくなったが、彼は返事を求めるように繋いだ手を揺らした。
    「…私、も、困らない」
    消えそうな声で呟いた私に、彼はハハッといつものように笑った。

    「俺、お前のそういうとこ好きだよ」
    「は!?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    私は日誌を書いてるんだけど、
    棗は販売機に行ってるんだ

    まぁ、私としてはその方が楽だけど…
    なんでって?そりゃ、好きな人だからですよ

    あーあ、棗は好きな人とかいるのかな?
    そんな事を考えながら
    机に突っ伏して指で「すき」と言う文字を書く。

    ガラッ

    「ん?日和寝てる?」

    やばっ、とっさに寝たフリしちゃったよ。
    完全に起きるタイミングがない!

    「寝ちゃったか」

    私の頭を撫でる棗。いや、起きてます!

    「日和、俺ね日和の事好きだよ。
    起きてる時にいつか言えたらな…」

    勝手に始まった独り言…って棗が私をす…き?

    「ま、まって!」
    「え?」

    どど、どーしよっ

    「わ、私も好き」
    「…」
    「だ、だから棗のこと好きだよ!」
    「まぢで?今の聞かれてたのカッコ悪」

    「俺の彼女になってくれますか?」
    「はい!」
    「日和好き」
    「わ、私も!」

    好きな人と放課後教室…付き合いました!!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

モザイク (音葉ぽるか/著)

  • おすぎちゃん

    いつもありがとう。
    結婚なんていつがいいとか決まってないですよね。
    じっくり育てる愛は、
    きっと長く続くはず。

    素敵な恋してくださいね。

    レビューもいただき感謝です。

    音葉ぽるか   2014/11/06 18:44

  • 耀成 さま

    感想いただいたうえ素敵なレビューまで、ありがとうございます。

    そんな素晴らしい理由が、
    会ったのかどうなのか、
    え?そうなのか?
    深い部分まで読んでいただき何やらくすぐったい気分です。

    ほっこりしていただき、
    素晴らしいなどと言っていただき
    本当にありがとうございます。

    これをエネルギーにさせていただき、
    また頑張って作品を書いていこうと思います。

    音葉ぽるか   2014/11/06 18:42

  • 音葉ぽるかさん。
    おはようございます。

    多分、自分の記憶が正しければ初めましてだと思うのですが…(汗)

    この作品にほっこりとした気持ちにさせて頂きました。
    10年というのは、長いような、あっという間というような期間ですよね。
    でも、主人公からしてみれば長い長い10年なんだったと思います。

    モザイクで色々な気持ちを隠していたけれど、色鮮やかなモザイクの中に幸せを見付けられたのならば、本当に至福なのでしょうね。

    閉所恐怖症すら克服してしまいそうな程に、主人公は満たされたのでしょう。

    10年という長い年月を待った主人公が、彼の申し出に『待った』をかけたのは、嬉しさの余りの言葉で、【物】よりも【二人の時間】を欲した彼女に共感致しました。

    素敵な作品を拝読させて頂きまして、ありがとうございました☆

    耀成   2014/11/06 07:47

  • ぽるかさん

    ロープウェイに乗って紅葉を見てしかも10年かかってやっとプロポーズ出来てほんとによかったです。
    好きな人と一緒にいられるだけで幸せな気持ちになりますよね。
    これからも頑張って下さい(^O^)

    おすぎちゃん   2014/11/04 19:44

  • mira!ちゃんなんだか久しぶりな気がします。

    そうなんだよね。私が少しも更新しないから
    えへへ
    すみません。
    今回miraちゃんの作品読んで、
    秋ならいけるかなって思ったけど、
    いやあ、書けない書けない

    いくつか書いてるんだけど、
    頭がベリカ脳で、
    大人な話しか浮かばん。

    天使も止まったまんま、
    やっぱり小1毎日相手にしてて、
    恋の話は難しい(笑)

    いくつか短編を数日中にUPします。
    ああ、これが没かって笑ってね。

    音葉ぽるか   2014/11/03 20:06