ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月27日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • 部活中
    • 後ろからギュッ

    「柚夏、今日どうする?」
    「んー、家で勉強しない?」

    私、柚夏!北高の2年生!
    隣を歩いてる陽菜とは中学からの親友なんだ♪

    「柚夏せんぱーい!」

    ぎゅっー!

    「わっ…!あれ!?悠真君!」
    「え!?山下 悠真?」
    「はい!お久しぶりです!」
    「悠真君、北高受けたんだ!」
    「はい!また2年間よろしくお願いします」
    「うん!」

    悠真君とは中学が一緒で私がサッカー部のマネージャーやってたから仲良かったんだよね
    後輩の中でも1番仲良かったんだ♪

    「柚夏先輩、またマネージャーしませんか?」
    「えー、マネージャーかぁ」
    「俺、先輩がいてくれたら頑張れるんすよ!だから、お願いしますー!」
    「えー?ほんとに?笑 まぁ、考えとくよ」
    「ありがとうございます!あ、じゃあ俺、部活行くんで!」
    「うん!がんばって」
    「はい!」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 告白

    「彩夏?」
    「え?あ、大輔!」
    「久しぶり、彩夏1人?」
    「うん、大輔は友達と?」
    「おう」
    「行かなくていーの?」
    「ま、大丈夫だろ」
    「そっか…」
    「彩夏?何かあった?」
    「やっぱ大輔達と同じ高校行けばよかったな…」
    「彩夏……んな顔すんなって!いつでも話聞くからさ」
    「うん…ありがとう」

    大輔とは中学で仲が良かったんだ
    同盟とか言ったりしてね笑

    「大輔っ」
    「悪ぃ待たせて」
    「え、大輔の彼女?」
    「え"!」
    「違ぇよ!」
    「じゃあ俺の彼女に……」
    「それはダメ」
    「なんだよそれー」
    「もうちょい待ってて」
    「ほーい」

    「じゃあ、待たせてるし行くわ」
    「あ、うん」
    「またな」
    「あ…大輔っ」
    「ん?」
    「……好き」
    「俺も好きだよ」
    「ちょ、冗談やめてよ。こっちは本気なんだから」
    「冗談なんかじゃねぇよ。彩夏、好きだよ。俺と付き合って」
    え……ほんとに?
    「うんっ♡」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 図書室
    • 頭ぽんぽん

    「んっ…」
    「起きた?」
    「へっ…?」
    確か蒼君に勉強教えて貰っててそれで…。
    「あっ…。ごめんね、寝てしまって…」
    「うんうん。大分疲れてるみたいだったから。睡眠も大事だしね」
    優しく頭をポンポンとしてくれる蒼君。
    「起こしてくれて良かったんだよ…?」
    「那由の寝顔可愛かったから起こすの勿体なくてね」
    「なっ…!?」
    寝顔を見られたことが恥ずかしく顔が赤くなる。
    「顔真っ赤。ホント、那由はコロコロと表情が変わって面白いよね」
    「なっ…。面白くなんか…」
    「…可愛いよ」
    「っ…!?」
    耳元で甘く囁く蒼君。
    「蒼君の…意地悪」
    「…ねぇ、そんな意地悪な俺にもっと色んな表情見せてよ」
    両頬を包まれる。恥ずかしかったが静かに目を閉じた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

きみの声を聞かせて (桜庭成菜/著)

「きみの声を聞かせて」読んでいただきありがとうございました。
よろしければ一言お願いいたします(*/ω\*)
*非難、中傷除く

  • 完読しました。とてもいい話です。
     私は今まで、運動とか疲れるだけのものと、思っていましたけど、これを読んで、心の成長にもなるし、絆が深まったり、恋をしたり、なんか私もちょっとは、してみたくなりました。
     私もいろいろいじめに遭うばかりの毎日送ってますけど、これ読んで、夏帆ちゃんのように、幸せになれることはないかもしれないけど、とりあえず前には進んでいこうって勇気が出てきました。ありがとうございます。

     私も小説を書いているので、ぜひ読んでいただけたら光栄です。まだ今月書き始めたばかりの新人ですけど、よろしくお願いします。
    続編や新作、楽しみにしています。

    祈 霞(退会)
    2019/03/30 00:25

  • すごい感動しました!
    泣きそうになりました!

    どんな時も負けずに頑張る夏帆ちゃんや、いつでも厳しくても正面からぶつかってくれる翔矢くん。

    特に1番さいごの名前を呼ぶところがお気に入りです°ʚɞ°

    2人がこれから幸せになれますように*ˊᵕˋ*

    u_kaʚɞ   2018/11/27 02:38

  • ⇒桃音桜さん

    こんにちは。
    きみの声を聞かせてを読んでいただきありがとうございました!

    桃音桜さんはバスケ部だったんですね!
    実体験も書いていただきすごくうれしいです。
    スポーツをやっていると、やっぱり先生とだったり、部員だったり何かありますよね。
    辞めた友達も戻ってきてくれて本当に良かったですね(*^^*)

    ストーリー構成を最初ドン底から始まったので、最後はハッピーエンドにするつもりでいました。
    ですので、読んでいて幸せな気持ちになれましたと言っていただけてすごく嬉しいです(*˘︶˘*)!!

    続編も考えてみます!
    素敵な感想をありがとうございました。

    桜庭成菜   2015/01/26 22:22

  • 全部読ませてもらいましたっ!

    私もバスケ部でしたが、そのときに
    「いじめ」ではないけど、外部コーチがひどくて
    実際に辞めてしまった友達もいて
    私も辞めようか悩んだときがありました
    そのときは先生と話をして続けることにしました
    そして、去年の4月に顧問の先生が代わり外部コーチがいなくなりました
    そしたら、辞めた友達も戻ってきてくれて
    本当にうれしかったです

    そのことと夏帆ちゃんのことは違う悲しみだったけど
    最後にはとってもいい結末で
    読んでいて幸せな気持ちになれました

    続編できたら期待してます♪
    これからも頑張ってください
    応援してますっ♪

    桃音桜   2015/01/25 16:38

  • ⇒未生*さん

    きみの声を聞かせて読んでいただきありがとうございました!
    素敵なお話だなんてとんでもないです(;_;)

    夏帆はストーリー上辛いことをたくさん乗り越えなければならないので、周りの子たちは優しく積極的に手を差し伸べる子たちにしてみました。

    あとは、自分だけで何とかしようと思っても、できないことがあって、それを乗り越える時には周りの友達や彼氏に頼ることも大切なことだと伝えたかったです。

    そうですね☆
    本編はその後はありませんが、わたしも夏帆にはこれからは楽しく高校生活を過ごしてもらえたらなと思ってます!

    こちらこそ素敵な感想をありがとうございました(*˘︶˘*)

    桜庭成菜   2015/01/13 20:25