ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月06日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    夢を見たの。

    君に告白される夢。

    「好きです」と言って、少し照れた顔がとても可愛い。好きな相手のことだと、一つ一つが可愛く見えてしまうのね。

    「私も君のことが好き」と答えれば、その顔はもっと赤くなるのかしら。想像するだけで楽しくなってしまうわ。

    だけれど、私は答えもせずに、君に飛びついた。きっと現実じゃ、こんな風にはできないもの。夢の中だけは、したいことをしてもいいでしょう?

    君は少し驚いて、バランスを崩すけれど、受け止めてくれた。可愛く見えていても、実は力が強いみたい。そして困ったように笑って、「そういうところが好きだよ」なんて優しい声で囁くの。

    あぁ、なんて甘い夢。

    これが現実になればいいのにね。そうしたら、とても幸せだわ。


    私は、明日はどんな夢を見るのかしら。楽しみだわ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上

    放課後、私は歌うのが好きで毎日屋上で歌ってる。
    誰にも聞かれることがないから安心して大声で歌っている。

    ーガラッ。

    私はこの時屋上に幼なじみの暁人(あきと)が来ていたのに気づかなかった。

    サビに入った瞬間肩を叩かれ振り向くと口を抑えられた。

    暁「もう離さないから、愛してるから傍に居て。付き合おう」
    私「プハッ、ちょっと〜!私が一番歌いたいフレーズ!てか、なんで居んの?」

    文句を言ってから我に返り聞いた。

    私「てか、歌うならちゃんと歌って。ただ言うだけじゃダメ」

    そんな事もどうでも良くなって再度文句を言うと、

    暁「は?今の俺からの告白なんだけど?」

    そう言って私を抱き締めた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 校舎裏
    • 後ろからギュッ

    アイツからの呼び出し
    急になんだろう?と考えて待っていると、
    後ろに人の気配を感じて、急に温かくなった。
    「絶対に後ろ見るなよ!」
    アイツの声が耳元で聞こえた。
    低いが、何故か落ち着く声
    「はぁ?意味不明なんだけど…」
    彼が急に真面目になった。
    「俺、1週間後に引っ越すんだ。
    お前に1番に言いたかった」
    「え…ずっと一緒にいようって約束したのに!!
    嘘つき」
    「俺、引っ越す前にお前にどうしても
    言いたかった事があるんだ」
    shock過ぎて半泣きの私
    「俺、お前がずっと前から好きだった。
    付き合って下さい!」
    えっ!!!
    「俺、バイトしてお前に会いに来るから!!」
    「私も好きだよッ///
    ずっとそばに居てよ…(涙)」
    「離れていても、俺の気持ちは変わらないよ」

    「「約束」」
    私達だけの愛言葉

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

きみの声を聞かせて (桜庭成菜/著)

「きみの声を聞かせて」読んでいただきありがとうございました。
よろしければ一言お願いいたします(*/ω\*)
*非難、中傷除く

  • すごい感動しました!
    泣きそうになりました!

    どんな時も負けずに頑張る夏帆ちゃんや、いつでも厳しくても正面からぶつかってくれる翔矢くん。

    特に1番さいごの名前を呼ぶところがお気に入りです°ʚɞ°

    2人がこれから幸せになれますように*ˊᵕˋ*

    u_kaʚɞ   2018/11/27 02:38

  • ⇒桃音桜さん

    こんにちは。
    きみの声を聞かせてを読んでいただきありがとうございました!

    桃音桜さんはバスケ部だったんですね!
    実体験も書いていただきすごくうれしいです。
    スポーツをやっていると、やっぱり先生とだったり、部員だったり何かありますよね。
    辞めた友達も戻ってきてくれて本当に良かったですね(*^^*)

    ストーリー構成を最初ドン底から始まったので、最後はハッピーエンドにするつもりでいました。
    ですので、読んでいて幸せな気持ちになれましたと言っていただけてすごく嬉しいです(*˘︶˘*)!!

    続編も考えてみます!
    素敵な感想をありがとうございました。

    桜庭成菜   2015/01/26 22:22

  • 全部読ませてもらいましたっ!

    私もバスケ部でしたが、そのときに
    「いじめ」ではないけど、外部コーチがひどくて
    実際に辞めてしまった友達もいて
    私も辞めようか悩んだときがありました
    そのときは先生と話をして続けることにしました
    そして、去年の4月に顧問の先生が代わり外部コーチがいなくなりました
    そしたら、辞めた友達も戻ってきてくれて
    本当にうれしかったです

    そのことと夏帆ちゃんのことは違う悲しみだったけど
    最後にはとってもいい結末で
    読んでいて幸せな気持ちになれました

    続編できたら期待してます♪
    これからも頑張ってください
    応援してますっ♪

    桃音桜   2015/01/25 16:38

  • ⇒未生*さん

    きみの声を聞かせて読んでいただきありがとうございました!
    素敵なお話だなんてとんでもないです(;_;)

    夏帆はストーリー上辛いことをたくさん乗り越えなければならないので、周りの子たちは優しく積極的に手を差し伸べる子たちにしてみました。

    あとは、自分だけで何とかしようと思っても、できないことがあって、それを乗り越える時には周りの友達や彼氏に頼ることも大切なことだと伝えたかったです。

    そうですね☆
    本編はその後はありませんが、わたしも夏帆にはこれからは楽しく高校生活を過ごしてもらえたらなと思ってます!

    こちらこそ素敵な感想をありがとうございました(*˘︶˘*)

    桜庭成菜   2015/01/13 20:25

  • ⇒スイートベアさん

    初めまして!
    きみの声を聞かせてを読んで下さりありがとうございました。

    夏帆のいじめにあったところに注目して読んで下さったみたいで嬉しいです。
    間違いなく被害者は忘れないでしょうね。
    忘れたくても忘れられないと思います。

    そうですね!物語がドン底から始まった分最後はどんどん上に向かっていくストーリーにしたかったので夏帆の周りの登場人物は優しくて、手を差し伸べて助けてくれる、そんな子たちにしました。

    率直な感想をありがとうございました。

    桜庭成菜   2015/01/05 15:51