ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • 放課後
    • 廊下
    • 壁ドン

    私、波奈。
    只今、宿題を教室に忘れ、夜だというのに学校に忍び込んでいます…
    「ん?先輩?」
    「え?」
    絢斗?
    「偶然ですね」
    「本当!絢斗はどうしたの?」
    「俺は伊紀の宿…」
    「誰かいるのか?」
    え?
    「多分、宿直。見つかると退学になるかも。あ、そこ隠れましょう」
    _ドンッ
    隠れるためだよね…。
    え、絢斗に壁、押し付けられてる。
    なんで、こんなにドキドキするの?
    壁ドンってドキドキするもんなの?
    「けん、と…?」
    「黙ってて」
    ドキドキが収まらない…
    顔が、近い…
    限界で、絢斗が離れた。
    「先生行ったみたいです」
    「そ、そっか、ありがとう、私、帰るね!」
    心臓が、今も速い。
    「先輩、顔赤いですよ?熱?」
    顔赤い?
    「大丈夫だよ!」
    「それならよかったです。じゃあ。あ、」
    『心臓の音、めっちゃ速かったね』
    耳元でささやかれた。
    何あれ…
    絢斗のせいで、また心臓が…
    _ドキ
    あぁ、速くなった。

    開く閉じる

    • 後輩

    「先輩ー」

    ヒナタは迎えに来たよと言うかのように教室に入ってきた。

    「ちょっと待ってて!」

    急いでスクバに荷物を積める。
    カランと音をたてるのはヒナタとお揃いで買ったイルカのストラップだった。

    懐かしいなと思い出に浸っていると

    「まだ?」

    と呼ばれた。

    「お待たせ」

    昇降口まで二人で歩く。

    今でも夢みたいだ。こうしてカレカノになれるなんて。

    不意に手を繋いでみる。

    「えへへ」

    夕日で照らされているヒナタの顔はどこか切なかった。

    「ん?」

    「いや、先輩がいつまで俺と居てくれるかなって」

    そんなこと思ってたの?

    繋いでた手に力を込める。

    「私はヒナタから離れるつもりないよ。ヒナタこそずっとそばに居てね?」

    「おう」

    不安にさせてごめんね。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活後
    • 美術室
    • 告白

    「じゃ、今日は終わり。また明日。」

    いつもの様に部活が終わり、みんなが帰る。私は残るけど。
    私は美術室に1人残り、絵を描く。コンクールに何度も入賞しているから、特別扱いなんだ。

    たまに、息苦しくなるけど…
    でも、嬉しい事がある。

    「やぁ、奈々瀬ちゃん」

    秋斗君が来る事だ。
    彼は学校の王子様。『才色兼備』が似合う人。だからすごくモテる。

    去年の文化祭で、私の作品を見て、興味を持たれた。
    毎日来てくれて、話ながら絵を描く。

    「毎日ごめんね?来てくれて…」

    『来たくて来てるの』といつもの様に言うと思ったら、

    「…いつになったら分かるの?奈々瀬の事好きって。」

    「ヘッ…」

    私も、

    「好き、です。」

    そう言うと、秋斗君は優しく笑ってくれた。

    「「付き合ってください。」」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

うそつきは恋のはじまり (夏雪なつめ/著)

  • とっても感動しました!
    彼方くん、素敵すぎます♡♡
    もっともっと二人のこれからが見たかったなあ~^^

    七恵さんの素直さ、私も見習わないと!♪
    とっても素敵な作品、ありがとうございました♡

    よっちゃんまん   2014/12/26 10:40

  • ≫じゅおんさま

    こんにちは、感想ありがとうございます!

    番外編までお付き合いいただき、ありがとうございます〜
    実はあのイチャイチャ中にお母さんが来るというシーンが一番書きたかったところだったりします(笑)

    これまで揺らいだり惑ったりするばかりだった七恵が堂々と気持ちを言えた、そんな第一歩なお話でした。

    そう言っていただけて嬉しいです!
    次回作もぜひ、よろしくお願いします(^_^)ありがとうございました!

    夏雪なつめ   2014/10/28 14:12

  • 夏雪サマ。

    読んでいたのに、なかなか感想が書けなくて…

    待ってましたとはがりに、読ませて頂きました。年下の彼方くんがステキでした。ご両親も!!
    でも…七恵ちゃんの、5年でも10年でも待てますって感動でした。
    お互いに大好きって気持ちが伝わって…二人の結婚のお話も読みたくなっちゃいました。

    次回の作品、楽しみに待ってますね♪

    じゅおん   2014/10/27 10:39

  • ≫テニス少女さま

    こんにちは、感想ありがとうございます!
    一気にですか!ありがとうございます〜!

    すぐ悩んでじれったいですよね、七恵(笑)その分彼方くんが余計しっかりとしているように感じられるかと。本当よくできた18歳です

    結局ラブラブなふたりなので、平和にまとまってよかったです。ついうっかり「このまま北見さんに揺らいだら…」と七恵が北見さんとくっついてしまうところでした(笑)

    そう言っていただけて嬉しいです!
    これからもいろいろなお話を書いていけたらと思いますので、よろしくお願いします〜!

    夏雪なつめ   2014/10/22 11:40

  • すごく良かったです‼︎
    一気に読みきってしまいました(笑)
    彼方くんには、キュンキュンさせられました!
    七恵は、なかなか素直になれなかったのかなと思って、何度も私がじれったく感じてしまいました(笑)
    北見さんの告白のようなものにはビックリさせられましたけど!
    最後には、彼方くんと七恵が仲直りできたのでよかったなーと思いました!
    これからも頑張ってください!応援してます‼︎

    テニス少女   2014/10/21 01:21