ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 教室

    いつからこうなっちゃったんだろう。

    自分の席に座り、少し首を横に向ける。
    視界に入ったのは、またあの子と楽しそうに話すキミ。

    私とキミは、学祭で仲良くなって、その日から沢山話すようになった。
    いつの間にか好きになっていて、キミに思わず伝えてしまったこの気持ち。
    キミは、笑って「俺もだよ」って言ってくれたね。
    でも、付き合わなかった。
    付き合った瞬間、終わる日が来るんじゃないかって怖くて。

    そうしていつからか、キミと話すことが減った。
    学祭の頃に私に沢山話しかけてくれたように、今度はあの子にその笑顔を向けているんだね。

    もうキミを忘れようと思う。
    苦しくて辛いこの毎日から早く逃げたくて。

    「茉奈」

    声がした方を見るとキミがいた。

    「泣きそうな顔してるよ。大丈夫?」

    ほら、忘れようとすると、キミが優しさを見せる。


    だから恋って苦しくて、悲しくて、辛い。
    神様は意地悪だ。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 寝言

    「むぅ……」



    びくぅううう!!


    「せ、先輩…?」




    「すぅー…すぅー…」


    びっくりした…


    隣で寝ている彼女、みゆ先輩が熱を出した



    「す、すごい汗…」


    先輩の前髪を分けようとおでこに
    手を近づけた瞬間……




    「えへへ…… かいくん、だぁーいすき」





    笑いながら俺の名前を呼ぶ先輩


    驚いて声をかけるも応答なし



    「寝言かよ……」




    いつもはツンツンな先輩が甘えを出すとき
    俺はおかしくなる



    「…先輩。俺は愛してる。」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    「ねぇねぇ、今日はいい夫婦の日らしいよ」



    「へぇ…興味ねぇな」




    「え~、こんな日に結婚とかしたらなんか素敵じゃない?」



    まったく興味なさげに机に突っ伏している大和の顔を覗き混む。




    「何?」



    パチッと整った顔と目が合う。



    「反応薄いから」




    「ふっ」




    私の言葉にイタズラそうにけど嬉しそうに笑うと





    「じゃあ、俺らも数年後の今日結婚式する?」




    と言って大和の顔を覗き混んでいる私の頭を優しく撫でた




    まさかの返しに硬直していると




    今度は私のほっぺをプニッと引っ張って




    「無視かよ」




    「え、ちがっ」





    私の言葉を遮るように大和は優しくキスをした





    私も言葉で言えなかった答えを返すように大和の首に手を回し、




    誰もいない教室で、数年後の誓いを交わす。



    今日はいい夫婦の日。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

吹部!!!〜吹奏楽あるある3〜 (ぴぐ@(・●・)@/著)

  • そろそろ中学2年生になるので後輩が入ってく不安が…と思いながら読んだらむしろワクワクするような事がたくさん書いてあってびっくりしました‼︎あるあるについては共感も沢山あったし、学ぶことも多かったです。 素晴らしい作品を書いてくれてありがとうございます😊

    catola   2019/03/24 21:16

    感想ありがとうございます!
    中学2年生は上にも下にも人がいる貴重なタイミングですね、メインメンバーにもなったりしますし…
    私はもう学生ではなくなったので吹奏楽から離れてしまいましたが、想像するだけでワクワクします♡
    新入生に関わってくるのは3年生より2年生です。もし関わってなかったとしても、引退したら必然的に関わりが出来てきますから、音色や音の方向性を揃える為にも仲良くなれるといいですね✨
    是非あまり気を張りすぎず、部活の空気にもよるかとは思いますが、緊張を解くように優しく優しく笑顔でゆっくり話しかけてあげてください。沢山褒めてあげてください。怒るような出来事があっても、相手が気にするのでその場だけにして、引きずらないようにしてあげてください。表向きだけでも笑顔に!ですね☺️

    偉そうなことを少し書きましたが、catolaさん自身も引退まで1年と少し、もうすぐカウントダウンが始まりますので、今のメンバーと少しでも沢山幸せな思い出を作ってくださいね!

    共感して頂けて凄く嬉しいです!
    まだまだ吹奏楽人生これから!
    沢山楽しんでください✨✨

    素晴らしい作品なんて恐れ多いです(笑)が、本当に嬉しい感想でした。

    こちらこそ最後までお読み下さってありがとうございました!

    作者からの返信 2019/04/02 16:33

  • 現在中学一年生でパーカッションの鍵盤楽器をしています!
    とても楽しんで読めました!
    あるあるー!って言いながら読ましていただきました!
    もし続きを出す気があるのなら絶対見たい!って思えました!

    キツキツネ   2017/10/21 15:19

    ありがとうございます!!
    中学一年生ということは、まだまだ来年以降にも大変なことが沢山あるかと思います(><)
    でもそれより 楽しい!が強くなれるようにこれからも頑張ってください!

    楽しんで読んでいただけて嬉しいです(●´ω`●)
    続きは今のところ考えていなかったのですが、そう言っていただけるのなら考えてみようと思います!

    コメントありがとうございました!
    これからも応援よろしくお願いしますm(_ _)m

    作者からの返信 2017/10/21 16:23