ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 頬キス

    「眠……」
    「先輩は勉強しすぎですよ」
    「君は眠くないの?」
    「私は授業中、寝てましたから」

    そんな彼に彼女は少し寝たら?と話した。

    「会議まで時間ありますよ」
    「そう?じゃあ、お言葉に甘えて……ZZZ」

    隣椅子に座って寝た彼の肩に彼女は膝掛けを掛けた。

    ……一人でこんなに資料を作って……

    苦労を感じた彼女はそっと立ち上がろうとした。


    「……美友さん」
    「え」

    名を呼ぶ寝言にドキとした彼女は顔を覗き込んだ。

    ……寝てる……よし!今!

    彼女は静かに彼の制服のポケットに赤包みを入れようとした。

    「こら」
    「きゃあ?」
    「……ひっかかった!」
    「え?起きてたんですか?」

    彼女の手首をつかんだ彼は嬉しそうだった。

    「だってこうしないと、くれなさそうだし」
    「でも、これ義理チョコですよ」
    「そんな事言うなよ……」

    そして頬にキスされた彼女は夕焼けよりも真っ赤になっていた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 隣から

    今日はバレンタインデー

    幼馴染みの蓮は毎年すごい量のチョコを貰ってる

    「先生。教科書忘れたので隣の人に見せてもらいます」

    彼は毎年バレンタインに教科書を忘れる

    「また忘れたの?」

    「うん、だから見せて」

    そう言って、彼は机をくっつけた

    でも、今までと違うのは机の下で手を繋いでいること

    「今年こそはチョコくれるよね?」

    チュッ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】

    「何だよこんなとこ呼び出して。ベタすぎ」

    2月の屋上は、やっぱり寒い。

    昼休みに入ってすぐ来たつもりだったけれど、先に来ていた彼の鼻は、ほんのり赤くなっていた。

    「ムードって大事でしょ?」

    付き合ってもう、半年になる。
    隣にいるのが当たり前で、どちらから告白するでもなく、恋人になっていた私たち。

    彼の隣に私以外がいるなんて考えられなかったし、私の隣に彼がいないことだって考えられなかった。

    「今日はバレンタインですね」

    好きと声に出して伝えたことは、1度もない。
    でも、今日は。

    「...そうですね」

    私の緊張を感じたのだろう。
    ふいと目をそらした彼が可愛くて、緊張がほぐれる。

    「...好きだよ。隣にいてくれてありがとう」

    緊張は、解けたはずだった。
    なのに声は震えてて、風は冷たいのに頬が熱い。

    チョコを受け取ってくれた彼が、照れくさそうに笑った。


    「俺も好きだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

博士と秘書のやさしい恋の始め方 (玉木ちさと/著)

何か一言でもいただければ幸いです。

  • はじめまして☆
    理系男子の小説が好きで田中先生はほんとツボでニヤニヤしながら一気読みしました(*´ω`*)

    白衣姿とかなんか勝手に寝癖とかついてる田中先生をイメージしちゃいました(笑)←ほんと勝手に。

    ちなみに登場したゲームは何か参考にされましたか?
    箱庭ゲームが好きなので本当にあるゲームならやってみたいです(*´˘`*)

    あさかわかな   2017/09/23 22:23

    ◆あさかわかな様

    田中を気に入っていただけて嬉しいです。寝ぐせ頭にヨレヨレ白衣、足元は便所サンダルという完璧コーディネートでいかがでしょう?(^^;

    ゲームは“ピグライフ”と“動物の森”を参考にしております。ちまちまと庭の雑草を抜く田中を想像すると作者も笑ってしまう次第です(^^ゞ

    作者からの返信 2017/09/25 08:46

  • 初めまして。
    何度となく、このお話を読み返しています。
    田中先生と沙理さんのやり取りも大好きで、こんな出会いしたい!と思わずにはいられません。続きが見たいなぁと思うお話ですね。これからも、素敵なお話が読めることを期待しています。猫飼いより。

    ふうライ   2017/09/11 09:56

    ◆猫飼いのふうライ様^^

    再読!!とってもとっても嬉しいです。ありがとうございます(#^^#)

    ネコ好きに悪い人はいない理論に基づき登場人物が作られている当作品です(笑)たぶん遊佐くんはネコ嫌いでしょうね(^^;  沙理と田中のやりとりを気に入っていただけて嬉しいです。カッコいい台詞とは無縁の田中ですが、自分の弱さを知っているという点では強い人なのかもしれません(^^ゞ 田中が沙理と猫と暮らせる日が来るといいなぁ(あ、私次第ですかね……(^^;)

    作者からの返信 2017/09/12 14:51

  • ◆ポンタぽんた様

    遊佐は極端な例ですが(^^; それでもやっぱり男性は「俺に惚れた女はいつまでも俺のことが好き」みたいな根拠のない自信を持つ傾向にあると思うんです。女性とはまた違う意味で「夢見がち」っていうんですかね(爆)復縁を安易に考えたり期待したりするのも男性のほうが多い気がしますし。 遊佐くんはたぶん痛い目にあっても目が覚めないかもしれないですねぇ。ある意味最強とも(苦笑)

    玉木ちさと   2017/02/04 09:38

  • あなたに全く関心が無い。どうでもいいんです。沙理と遊佐の温度差‼️過去をスッパリ捨てて冷ややかに見てる沙理、まだ続いてると思っている傲慢な態度の遊佐。遊佐はナルシスト❓沙理は男前にバッサリ‼️とってもスッキリしました、ナイスです(^O^☆♪

    ポンタぽんた   2017/02/04 08:07

  • ◆大仏ちゃん様

    す、鋭いご指摘でございます(笑)夫もそうですが、私の周りっていかにも男っぽい男性って非常に少ない気がします(^^; なんだろう?可愛い人が多い^^ クールでパーフェクトなヒーローが登場するお話はたくさんあると思うので(需要と供給の関係?)私は隙間産業よろしく(苦笑)カッコつかないヘタレ男の路線で書いていけたらと思いますデス。「なんか好き^^」と思っていただける、地味だけど魅力ある男性を書けるようになりたいな(^^♪

    玉木ちさと   2016/12/27 19:30