ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 廊下
    • 告白

    「あ、先生、御機嫌よう~」
    「片桐、今どき御機嫌ようって、今度はウケ狙いか?」
    「違いますよー、たまには違う挨拶を考えてですね!」
     ふと俺は思った。今日は何かが違う。そのふざけた挨拶以外に・・・・・・そうだ、今日はいつもの好き好き攻撃が無い。
    「それでは先生また授業で」
    「おい、片桐・・・・・・、今日はどうしたんだ?」
     いつもと違うだけで調子が狂う。
    「へ? どうって普通ですよ?」
    「だから・・・・・・いつもみたいに好きって言ってこないのかよ」
     赤くなった顔を隠すように横を向いて言った。
    「そんなに毎日言ってないし、言いません!」
    「なんだよ・・・・・・つまんねぇの」
     俺はそうぽつりと呟いた。
     別に期待していた訳じゃない・・・・・・と思っていたのになぜだか心に穴を開けられた気分だ。
    「んーーーー、もうやっぱり先生好きです!」
    「あーーー、はいはい!」

    開く閉じる

    • 同級生

    やっと2人きりで帰れることができたのに…勇気が出ない。

    隣を歩く好きな人との距離、わずか3cm。

    伸ばしたらすぐ届きそうな手も、さっきから続いている沈黙も全てがもどかしい。

    「あのさ…」
    やっとの思いで口から出た声は想像以上に震えていた。

    「…なんでもない…」
    ああ、また…。いつもこの調子でいつまでたっても前に進まない。伝えなきゃ何も始まらないのに…。

    「危ない!!」
    突如、彼が大声を上げ、私を突き飛ばした。
    「った…」
    その時、私が目にした光景は…車と…彼と……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あれから5年。未だに忘れたことはない。
    あの時伝えていれば…。
    そんなこと考えたってもう遅い。
    彼はもう2度と戻らないのだから…。

    『勇気は一瞬 後悔は一生』

    皆さんは自分の想い、伝えていますか?

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 廊下
    • 髪クシャ

    今日は生徒会で地元のお祭りに参加するために準備をしている。先生方の車を使い、資材を運ぶらしい。その話を小田先生に話した。小田先生は爽やかイケメンで、私の大好きな先生。すると、小田先生は少しげっそりした顔をしながら項垂れていた。そんな姿もきゅんとしてしまった。
    「まじかー…分かった。教えてくれてありがとうな~…」
    そう言って私は小田先生と別れた。教室へ戻るために廊下を歩いていると不意に小田先生に呼ばれた。振り替えるとタッタッタッと小走りですぐ近くまでやって来た。どうしたのかなと思うと
    「お前、今日は俺の車だからな?」
    と髪をくしゃっと撫でてくれた。それにドキドキしてしまった…。
    「えっ…は、はいっ!」
    一瞬戸惑ったけれど、すぐに返事をすると小田先生は満足した笑顔でもう一度頭を撫でて職員室へ戻っていった。
    …早く放課後にならないかな…
    撫でられた頭と顔が熱くなるのを感じながら教室へ戻った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

今日も君に翻弄される。 (綾瀬真尋/著)

ご感想お待ちしております。

  • Re;プニひよ様


    はじめまして。
    感想ありがとうございます。


    私なりに精一杯胸キュンできるものを書いたので、胸キュンしていただけてよかったです!
    とても嬉しいです。


    暗いお話はひとまず置いておいて、とにかく明るいお話にしようと思って、明るい明るいと唱えながら書いていました。
    その甲斐あって、明るいお話になったと自負しております(笑)


    書籍としておきたい、だなんて光栄です。
    ありがとうございます。
    いつか本になったらいいなあ、とは思うのですが、残念ながら実現する可能性はとても低いので……(笑)

    翻弄をふと思い出していただいた際には、お暇なときにでも、またサイト様の方で読み返していただければ幸いです。
    そのときは是非是非お声掛けくださいませ。
    「また来たよ!」とお声掛けいただくと、作者がとても喜びます。


    プニひよ様とまたお目にかかれますように。
    素敵なご感想ありがとうございました!

    綾瀬真尋   2016/12/15 20:17

  • とても明るくてほんわかして
    書籍として私の手元に二人ともおきたいぐらい素敵な作品ですね。

    久しぶりに胸キュンする恋愛小説に出会えました。

    プニひよ   2016/12/15 07:24

  • Re;みゆ


    こんばんは、書き込みありがとうございます。
    遅くなってごめんなさいm(._.)m



    最後まで読んでくれましたか!
    ありがとうございます!!
    最後までドキドキきゅんきゅんして貰えて良かったです。
    只今とても安心している綾瀬です。


    特大特濃ミルクあめ、食べてみたいですか(笑)
    ホワイトデーはまだ先ですが、綾瀬から作中の意味を込めて送りましょう(*ノ´□`)ノ◯
    特大はいいですよ。
    みんな特大に惹かれるんですよ、きっと(笑)


    >いつか、この2人の新生活が見てみたいなぁ。って思えるお話しでした

    ありがとうございます。
    少しずつでいいから、思いついたら彼らをまた書きたいなと思っています。
    またほのぼのな二人に会いたくなったら、きっと書くと思います。


    楽しかったと言って貰えて良かったです。
    すごく嬉しいです( *´艸`)


    こちらこそ、最後まで追ってくださり、また、毎度丁寧で素敵なご感想ありがとうございました!

    綾瀬真尋   2016/01/07 22:58

  • Re;みゆ


    おはようございます。
    書き込みありがとうございます。


    『間違いが判明しました』まで読みましたか……!
    結構進んでる……!
    あれか、私がお返事書くの遅かったからですか。すみません。


    きっかけをどうするかは、しばらく悩んでいて。
    更新が停滞したり(^_^;)
    あんまり創作っぽくしたくなかったので、必死に考えて書きました(笑)
    鉛筆借りてお菓子返すくらいなら大丈夫だよね!? あるよね!? と。
    それで仲良くなった人(もちろん女子です)が私は実際にいるので、まあ現実味が皆無なわけじゃないからいいだろうということで、鉛筆借りることにしました。
    彼女もさり気なく貸してくれて素敵だったので、当時の私も心を持っていかれました(笑)

    良かった、これで恋に落ちちゃうでしょ!! ってなるのは私だけじゃなかった(笑)
    楽しんでいただけたのなら良かったです。

    このときの和泉くんほんと優しさ全開ですよね←書いといて何を言っている
    この時点でお互いに好きな感じを出したくて、和泉くんにも持てる限りの優しさを出してもらいました。
    好きな人には(あと身内には)何だかんだ甘い和泉くんです。

    今後もきゅんきゅんしてもらえたら嬉しいです。


    明けましておめでとうございます。
    みゆも素敵な新年を迎えているでしょうか。
    昨年は仲良くてしてくれて、また何かとお心遣いをいただき本当にありがとうございます。
    今年も旧年同様綾瀬に付き合ってくださると嬉しいです。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    綾瀬真尋   2016/01/02 09:59

  • Re;みゆ


    うわあああごめんなさい!
    返事ものすごく遅れてごめんなさい!!


    こんにちは。
    読んでくださってありがとうございます(T_T)

    『だって好きなんです』はリクエストされて書きました。
    「星と王子ときらきらで和泉くん視点」とかいうよく分からないリクエストのもと頑張って書きました。
    多分欲しかったのはあれじゃない(少なくとも人魚姫ではない)とは思ったものの、何とか形にはなったのでそのまま提出。のち掲載しました。
    和泉くんがああ! とリクをくれたリア友が騒いでいたのが私としては印象的な回でした(笑)


    そうですよね。
    打ち間違い? かな? ってなりますよね。
    泡ってなんだよと。

    >うんうん!和泉くんの行動は間違ってないと思います。

    ありがとうございます。
    和泉くん報われます(笑)
    葵は葵で自分のなかで話が繋がってるので、和泉くんがお怒りな理由が分からないですしね。
    想像してくださるように頑張ったつもりだったので嬉しいです。
    楽しんでいただけてよかったです!


    この回はせっかく和泉くん視点だし、普段言わないけど思ってることを出そう、と。
    デレ多めというか、普段から思ってるんですけどね。和泉くんなかなか言わないので。
    本当はこうなんだ、というギャップを出せていたらいいなあと思っています。
    きゅんきゅんでしたか!
    こんな和泉くん嫌! と言われなくてよかったです。
    和泉くん視点は毎度こんな感じです。


    癒されますかー(*^_^*)
    私はそう言ってくださるみゆに癒されておりまする。
    いつもいつも丁寧なご感想ありがとうございます。
    時間ができたら絶対チェックするくらい楽しみにしてます。
    更新無理なく頑張ってください。
    和泉くんも葵もいつも何かしら一定の周波を出してることは確実なので(笑)、お役に立てれば幸いです。


    こちらこそ、素敵なご感想をありがとうございます。
    また返事が遅くなるかもしれませんが、よければ見捨てないでやってくださいm(__)m

    綾瀬真尋   2015/12/31 16:03