ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月13日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • お昼休み
    • 切ない【お題】

    昼休みいつものように俺は音楽室に向かった
    ♪♬〜
    俺は毎日昼休みピアノを聞きに来る

    「今日も来てくれたのね」
    「暇だし」

    嘘。俺は先生のピアノが聞きたくて、先生に会いたくて来る

    1年前このピアノの音色を聞いた日からずっと

    「芹沢君、あの日から毎日来てくれてるものね。寂しくなるわ…」
    「え……?」


    「私ね、結婚するの」

    「…おめでとう!」
    「ありがとう。学校も今月までなの。芹沢君には伝えときたくて」
    「そっか。先生が幸せになってよかったよ」
    「ありがとう」
    「ちぇ。今日で先生のピアノも最後かー」

    終わりを告げるチャイムがなった

    「あ、授業始まっちゃうわね」

    今日で最後

    「天野先生!俺、ずっと先生が…」
    「芹沢君?」
    「先生のピアノが大好きだったよ」
    「ありがとう」

    言えるわけねぇよな
    言ったらいけない

    あぁ、だからか
    今日先生が弾いてた曲は


    ショパン『別れの曲』

    開く閉じる

    • 切ない【お題】

    「俺たち、別れよう」

    突然の言葉。しかも、メッセージで。

    彼に本音で話せたことなんて一度もない。いつも顔色を伺って、ニコニコ、優しい私でいなきゃと最大級に気を張っていた。

    だけど好きだったんだ。理屈なんてなくて。10個の嫌いなところよりも、たった1つの好きが私の心を独占するくらいには。

    まだ理解できてない頭で、幼なじみの冬馬に電話する。

    「もしもし?彼氏にさ、別れようって言われちゃった…はは。」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    幼なじみの優から急に電話がきた。彼氏と別れたって。

    「でも、気が楽になっていいかも。あはは」

    なんて、ばればれの強がり。優はめったに弱音を吐かないし、ましてや泣くなんてない。例え相手が14年もの付き合いの俺でも。

    それがどうしようもなくもどかしい。

    「俺じゃ、だめ?」

    なんて、言える勇気もないのに。

    開く閉じる

    • 先生
    • 登校中
    • 教室
    • 切ない【お題】

    教師のことを好きになっちゃいけないのは知っていた。

    それでも好きで止まらなかったんだ。

    教師と生徒の恋物語。

    ぜひ呼んでいってください!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

片道2時間。 (仙石 菜々/著)

  • Akiちゃ様

    感想ありがとうございました!

    共感してもらえて良かったです…!
    私は遠距離恋愛をしたことがなく、すべて想像で書いていたのでこんなこと思わない、など感想がきたらどうしようかと不安になっていました。
    遠距離恋愛はお互いが信頼しきっていないとできない、本当に難しい愛だと思います。
    それを表現するのはとても難しかったのですが、感想をいただけて頑張ってよかったなあとしみじみと思いました。

    これからも出会えてよかった!と思えるような話を作っていきますので、応援よろしくお願いします。

    仙石 菜々   2015/07/06 22:50

  • 一気に読みました!
    私も遠距離恋愛をしているのですが、そのとこ細かな感情が今までの自分のことを書かれているかのようにとても自分とリンクする小説でした!
    普通に恋愛してる人も分からないことが遠距離ではあります
    それがとても共感できてこの小説に出会えて良かったって思えました!

    Akiちゃ   2015/06/14 18:07

  • 恋桜*様

    感想ありがとうございました!

    私は遠距離恋愛をしたことないのですが、この話を書いていて、実際はもっともっと切ないんだろうなあと思っていました。

    今から遠距離恋愛だなんて、不安ですよね。

    この話を書いていて、やっぱり信じあうことは恋人にとって一番大切だと思いました。

    なのでお互いを支えあって、彼を信じてあげてください。(偉そうにすみません…)

    不安だらけで寂しい日もあると思いますが、ちゃんと言葉にしてみてください。(またまた偉そうにすみません…!)

    お二人の幸せを願っています。

    読んでくださってありがとうございました!

    仙石 菜々   2015/02/19 18:21

  • 愛っちょ様

    ご感想ありがとうございます。

    満足した終わりかたじゃなくて申し訳ありません。
    凄く参考になりました!

    西野くんは本当にいい人で、書いている途中も私が惚れそうになるくらいの素敵なキャラになってくれました。

    いい人すぎる、という彼の最後は、私も悩みに悩みまくりました。

    好きな人の幸せな姿をみれるなら、自分は友達でいる。
    そして、恋が実れば一つ恋が終わる。

    西野くんを通して知っていただけたら、と思います。

    主人公がここまで前澤と向き合えるようになったのは、西野くんという“友達”がいたからです。

    でも、西野くんルートもありかなーって完結直前まで考えてました…。

    今回はご意見を書いていただきありがとうございました。
    これからももっといっぱい面白いと言っていただけるような作品を作っていきたいと思っていますので、これからも宜しくお願いいたします。

    仙石 菜々   2015/01/20 22:35

  • 美柚歌様

    感想ありがとうございます。

    美柚歌様の感想を見たとき、思わず泣いてしまいました。

    私も西野くんの話を書いている時、西野くんはこれでいいのだろうか、読者様に批判を買われるのではないかとずっとハラハラしていました。

    あまりにも綺麗事すぎて、私が泣きそうになるくらいでした。

    大好きの続き。
    美柚歌様のこの言葉、何よりも綺麗だと思いました。

    恋をすることに間違いなんてありません。
    どんな終わり方でも構わないと、私は思います。


    読んでくださって本当にありがとうございました。

    仙石 菜々   2015/01/07 08:40