ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 告白

    ―どんなお菓子でも俺は嬉しいよ!



    今日はバレンタイン。
    お菓子作り苦手だけど、頑張ってチョコブラウニーを作った
    浅見君はモテるから、美味しいお菓子沢山貰ってるんだろうな…
    こんなお菓子食べてくれるかな…どうしよ…

    「遙日!」
    「!浅見君」
    「遙日は誰かにチョコあげた?」
    「あ、あげたい人がいて作ってはいたんだけど…私お菓子作り下手で、みんな凄く美味しいの作ってて…私のなんか貰ってもその人嬉しくないと思うから…」
    「あげたい人いるのか〜ちなみにどんなお菓子でも俺は嬉しいよ!」
    「え?」
    「俺がそのチョコ貰いたかったな〜なんちゃって」
    「私があげたい人は…」
    「ん?」
    「浅見君、だよ」
    「え!?ほんとに!?今すぐ食べるからちょうだい!」
    「あ、味は保証しないよ?」
    「味とか見た目よりも気持ちの方が大切だろ?」
    「!」
    「んー!うま!美味しいよ!遙日!勇気出してくれてありがとな!」

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 告白

    「先輩、一緒に帰りませんか?」
    部活後、声をかけられた
    私は断る理由もなかったので一緒に帰ることに
    他愛のない会話をして歩いていると、唐突に質問された
    「何の日か知ってます?」
    「バレンタインでしょ?」
    「正解!で、僕の分は?」
    「部活でマネージャーからで渡したでしょ?」
    「個人宛はないんですか?」
    頬を膨らませる姿が、なんだか可愛くて私はつい微笑む
    彼は気に入らなかったのか、私を睨む
    「それにしても義理チョコとか友チョコとか女の子は大変だよ…」
    彼が急に立ち止まる
    「海外では男性から女性に渡すらしいですよ」
    彼はバックから小包を取り出した
    「実は、先輩に用意してたんですよ…」
    「先輩が好きです!付き合ってください」
    真剣な眼差しに、鼓動が早くなる
    「…よろこんで」
    私がそう言うと、抱きしめられる
    「…勇気必要だったんですよ?お返し期待してますね…」
    私は答えるように、抱きしめ返した

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • マフラーしまい髪

    「何やってんだよ。美友」
    「寒くて……疾風君は寒くないの?」
    「俺は平気!」

    朝の二人は学校まで歩いていた。


    「あ。そうだ。ハッピーバレンタイン!」
    「お?くれるの?」
    「いつもお世話になっているから」

    そこには手編みのマフラーがあった。
    彼は幼馴染みの彼女が大好きだが、今は最高のBFの位置で満足していた。

    「すげ?これってさ。俺にしか作ってないんだろう」
    「お爺ちゃんとお揃いだよ」
    「爺と?しゃーねーな……」

    彼はふわと彼女の首にこれを巻いた。

    「いいの?」
    「ああ、今だけお前がしてろ。俺さ、この髪がふわってしてるの好きなんだ」

    彼は髪をそっと触った。

    「でも、美友は疾風君に巻いて欲しいな」
    「帰りは一緒に巻くか」
    「それには短いよ」
    「くっつけばいいじゃん」
    「そうだ!おんぶすればいいかも?」
    「お前、頭がいいな?」

    そんな二人は今朝も元気よく登校するのだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

ハンドメイド マーメイド (水瀬由仁/著)

Thank you for reading!(^_^*)

  • >毒舌な女子さま

    毒舌な女子さん、お返事が大変遅くなり申し訳ありません…!
    重ねて、企画小説をなかなか提出できずご迷惑をおかけしました。

    これ、ちゃんと魚の話になってますかね大丈夫ですかね…!
    お題に沿えているかはわかりませんが、夏の爽やかさとふたりの過ごした時間の瑞々しさを私なりに表現できていたらいいなと思います…へへへ…(*^^*)

    企画に参加させていただき、素敵なレビューまで!本当に本当にありがとうございました!
    感謝!

    水瀬由仁   2015/01/16 18:03

  • *レビューお礼*

    >木元さなさま

    さなさん、こんにちは!こちらでのお礼をすっかり失念しておりました…大変申し訳ありません><
    ハンドメイドマーメイドを読んでくださりありがとうございますー!

    ひとつひとつをそのまま作品の中に取り入れさせていただきたいくらい素敵なお言葉をこんなにたくさん! もう幸せすぎて幸せすぎて、ちょっとわたしプールに飛び込んできますね…!!


    シオネの水への限りない渇望と愛着が、シオネの水との触れ合いを穏やかなものにしているのかもしれないし、それが後輩たちの目には他にはないくらいに美しく映っているのかもしれませんね。

    タイトルも褒めていただけて幸せー!幸せだよー!!前から使おう使おうと思っていたタイトルなので、気に入っていただけてよかった…!!(;▽;)

    素敵なレビューを本当にありがとうございました!
    感謝!

    水瀬由仁   2015/01/16 17:45

  • すみません、今気がつきました!
    また、時間があるときに読ませていただきます!
    ありがとうございましたm(__)m

    毒舌な女子   2014/10/19 10:52

  • >耀成さま

    わーい耀ちゃんこんにちは!(*^o^*)
    ブログも見てくださりありがとうございますー!読みに来ていただけて嬉しいです*

    おおお、どっぷり浸かっていただけて感激です…!(;;)私も久しぶりに水に潜りたいなーと思いながら書いておりました。
    私の思い描いた彼女の泳ぎも、あまり水飛沫を上げず、水とじっくり触れ合うように滑らかに進んでいく、という感覚です。穏やかで、とても美しくて。

    耀ちゃんの「綺麗な彼にダイブする気持ちは、還りたいという気持ちを満たしてくれる」とのお言葉に何度も何度も頷きました。きっと、そうなんですよね。
    ずっと水でいっぱいだった彼女の世界に、今は確かに彼が存在しているのです。彼女が最後の最後でやっと彼の名前を呼んだのも、彼女の世界が少し新しくなった瞬間だったのだと思います。


    とても丁寧に読み取っていただけて本当に嬉しいです〜!ヽ(;▽;)ノ
    生物の原点。ほんのりとした情緒。耀ちゃんのお言葉に私もほっこり幸せな気持ちになりました。

    私、耳抜き大好きでした(笑)ぼーっとしてたところからシュワっとあたたかいものが出ていく感じがなんだか気持ち良くて!!\(^o^)/

    いつも素敵なご感想とレビューをありがとうございます!
    感謝!

    水瀬由仁   2014/09/01 11:31

  • >高倉碧依さま

    高倉さん、おはようございます!この度は拙作を読んでくださり本当にありがとうございます(*^o^*)

    気持ちよさそうだと言っていただけてとても嬉しいです…!水と触れ合う感覚や、ふたりの純粋できらきらしたところを文章で表せていたらいいなと思います。

    わあ〜、そうですね!もしかしたら彼女は人魚姫かもしれないし、そんな彼女にどこか惹かれている彼は王子様なのかもしれません。
    ふたりの中で新しく芽生えた気持ちが恋になるかはわかりませんが、宝物を見つけたふたりの明日からの日々は、もっともっと輝いていくのでしょうね(*^^*)

    私も、高倉さんに素敵なご感想をいただけてとっても幸せです。ありがとうございました!
    感謝!

    水瀬由仁   2014/09/01 10:55