ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 教室

    いつからこうなっちゃったんだろう。

    自分の席に座り、少し首を横に向ける。
    視界に入ったのは、またあの子と楽しそうに話すキミ。

    私とキミは、学祭で仲良くなって、その日から沢山話すようになった。
    いつの間にか好きになっていて、キミに思わず伝えてしまったこの気持ち。
    キミは、笑って「俺もだよ」って言ってくれたね。
    でも、付き合わなかった。
    付き合った瞬間、終わる日が来るんじゃないかって怖くて。

    そうしていつからか、キミと話すことが減った。
    学祭の頃に私に沢山話しかけてくれたように、今度はあの子にその笑顔を向けているんだね。

    もうキミを忘れようと思う。
    苦しくて辛いこの毎日から早く逃げたくて。

    「茉奈」

    声がした方を見るとキミがいた。

    「泣きそうな顔してるよ。大丈夫?」

    ほら、忘れようとすると、キミが優しさを見せる。


    だから恋って苦しくて、悲しくて、辛い。
    神様は意地悪だ。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 寝言

    「むぅ……」



    びくぅううう!!


    「せ、先輩…?」




    「すぅー…すぅー…」


    びっくりした…


    隣で寝ている彼女、みゆ先輩が熱を出した



    「す、すごい汗…」


    先輩の前髪を分けようとおでこに
    手を近づけた瞬間……




    「えへへ…… かいくん、だぁーいすき」





    笑いながら俺の名前を呼ぶ先輩


    驚いて声をかけるも応答なし



    「寝言かよ……」




    いつもはツンツンな先輩が甘えを出すとき
    俺はおかしくなる



    「…先輩。俺は愛してる。」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    「ねぇねぇ、今日はいい夫婦の日らしいよ」



    「へぇ…興味ねぇな」




    「え~、こんな日に結婚とかしたらなんか素敵じゃない?」



    まったく興味なさげに机に突っ伏している大和の顔を覗き混む。




    「何?」



    パチッと整った顔と目が合う。



    「反応薄いから」




    「ふっ」




    私の言葉にイタズラそうにけど嬉しそうに笑うと





    「じゃあ、俺らも数年後の今日結婚式する?」




    と言って大和の顔を覗き混んでいる私の頭を優しく撫でた




    まさかの返しに硬直していると




    今度は私のほっぺをプニッと引っ張って




    「無視かよ」




    「え、ちがっ」





    私の言葉を遮るように大和は優しくキスをした





    私も言葉で言えなかった答えを返すように大和の首に手を回し、




    誰もいない教室で、数年後の誓いを交わす。



    今日はいい夫婦の日。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

君の世界からわたしが消えても。 (Haine Mika/著)

感想いただけたら嬉しいです♪

  • 正直どの立場に立ったとしても
    辛いなと感じました
    私としては最後の最後まで
    本当にどうなるのか分からず
    ずっと泣きっぱなしでしたwww
    でも最後まで葉月として認めて
    くれていたイチ
    最終的には葉月を思い出してくれたカナの二人本当に
    優しさが溢れているなって
    感じました
    イチの片思いが叶わなくて
    すごく辛かったけれど
    最後の最後まで背中を押してあげて本当に泣けた
    私としては最後はみんな
    ハッピーエンドだったので
    すっごい面白かったです
    これからも頑張ってください
    本当に応援してます!!

    真宏&かりん   2019/02/10 20:43

  • 泣きました、とにかく泣きました。
    イチがとにかくいい人すぎて・・・
    イチの立場に立ったら涙が止まりませんでした。笑

    優菜//   2018/12/18 22:46

  • とっても、胸が締め付けられる作品でした。
    わたし的には、イチと結ばれてほしかった…ですw
    これから先、イチに好きな人ができるのか。。。
    せめて、イチから直接葉月に好きって言ってほしかったです…!
    とーってもいい作品でした!!!!

    きれマユ   2018/09/09 23:49

  • 題名に引かれて、読み始めました。
    初めは、きっとカナはちゃんと葉月のことをおもいだして、イチと葉月が一緒になるのだと思っていました。
    葉月の葛藤の裏では、カナとイチもきっと苦しんでいたのだと思うと、苦しくなります。
    みんながみんな誰かのためを思っていて優しいから、苦しいし、傷つくのだろうな、と。
    わたしはこの作品の中で、イチがいちばんすきです!
    葉月がイチを選ばなかったのを、もったいない!とおもいます笑
    ひさしぶりに泣きました。
    すてきな作品を、ありがとうございました。

    紀谷   2018/04/02 10:40

    ご感想の書き込みありがとうございます

    ラストはカナとくっつけようと決めて書いていましたが
    イチがいい奴過ぎて迷ったくらいには
    わたしもイチがだいすきです笑

    泣いた、とのお言葉、
    最高の褒め言葉ですのでうれしいです!

    このたびは本作に出会ってくださりありがとうございました

    作者からの返信 2018/04/20 21:57

  • Haine Mika様、こんばんは

    野いちごの通知でこの作品のお知らせが来て、気になったので読ませていただきました。
    最初は話の内容が全然掴めなくて、どんな展開を迎えるんだろうと不思議な感じの印象を持っていたのですが、奏汰が目を覚まして葉月を美月と間違えて認識してしまう辺りから涙が止まらなくなってしまいました。イチの優しさが、本人にとってエゴだとしても、葉月にとってはなかなか気づかなかった、でも救われるホンモノであったことには変わりありません。感動の連続の作品でした。葉月の葛藤がリアルに描かれていて、共感を呼び感動の渦に巻き込まれました。
    ラストはイチとハヅキが結ばれると思っていたばかりに、カナの登場で驚かされました。でも、その背景にもやはりイチの働きかけや優しさが散りばめられていて、また泣けて泣けて(T ^ T)。最後に2人が結ばれたところはホッとしたし良かったです。でも、いろんな優しさを持ったイチが好きです(笑)

    こんなに終始泣いたのは久しぶりでした。この作品に出会えたことを嬉しく思います。

    ❁*.麗華.*❁   2018/04/02 00:51

    ご感想の書き込みありがとうございます!

    通知から読んでいただけたこと
    大変うれしく思います

    優しくて一途な男の子が書きたくて
    そこから生まれたのがイチでした

    不憫な立ち位置ではありましたが
    麗華さまの言う通り、
    葉月にとっては本物だったと思います。

    イチのことを好きだと言ってくださり
    ほんとうにうれしいです

    ご感想、今後の励みになりました!
    ありがとうございました!

    作者からの返信 2018/04/20 21:48