ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • VD2020【お題】

    待ちに待ったバレンタインデー。何度も練習してから作ったマカロンは、友達にも好評だった。
    放課後。私は下駄箱で立ち尽くしていた。鞄の中に一つだけ、残ったマカロン。
    これを田中くんの靴箱に入れるか入れないか、それが問題。
    「ああ~どうしよ…」
    直接渡す度胸がなくて、下駄箱に入れるなんて卑怯かな。迷惑かな。
    でもせっかく作ったから、食べてもらいたいな。よし、入れよう。
    ふー、と深呼吸をして、田中くんの靴箱を開け、マカロンを入れるーー「あれ、早瀬?」
    「たたた田中くん!?」
    「何してんの?」
    尋ねる田中君は笑顔で、私は固まった。まだマカロン手に持ったままだーーよし、このまま逃げよう。
    「何でもないよ!じゃあね!」
    くるりと振り向いて走り出した。
    が、後ろから手を引っ張られつんのめる。
    「待って」
    私の手を握る田中くんは、真剣な面持ちだった。
    「それ、俺用だよね…欲しいんだけど」

    開く閉じる

    • 同級生
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 告白

    「ずっ、ずっと好きでした!コレ…受け取って下さい!」


    震える両手で支えるチョコを、目の前の彼に差し出す。


    全国の恋する乙女の決戦日であるバレンタインの今日、私は好きな人に告白した。


    両想いになれるだなんて思ってない。きっとフラれちゃう。


    でもせっかくのバレンタインに勇気を出そうと頑張って作ったチョコは、スッと私の手を離れた。


    「サンキュー。今日から恋人としてよろしくな」


    「えっ…私を彼女にしてくれるの……?」


    「じゃなかったらチョコ受け取ったりしねぇし。ってかつき合い始め1日目なら、笑顔が見たいんだけど、オレ」


    "まぁ……1日だけじゃなくてずっと笑顔が見たいけど………"


    ポツリと呟かれた言葉と両想いの嬉しさで、私の涙腺は刺激される。


    でも今は彼が見たいと望んでくれた最大級の笑顔も一緒にプレゼントする事に、こちらもとてつもない幸せを感じたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    「ん~…」
    「なに唸ってんの」
    放課後、空き教室。席で一人友達に借りた少女漫画にらめっこしている私を、幼なじみの健が覗き込んできた。
    「いや、恋愛漫画で壁ドンとか顎クイとかってよく出てくるけどさ、ぶっちゃけ現実でやられると引くよなって思って…」
    今更だな、と健は笑う。そして、悪戯を思いついたような顔になった。
    「本当にときめかないかやってみてやろうか?」
    「は?」

    私の顎に当てられた冷たい指。
    上を向かされたと思うと同時に、健の顔が驚くほど近くに来た。それはまるで、少しし動けば唇だって触れ合ってしまいそうなほど。

    「~~~っ、馬鹿、ちかい!!」
    反射的に押し返してしまった。
    心臓がバクバク言っていて、逆上せそうな程熱い。
    「ときめいたか?」
    ニヤニヤする健の顔を、直視できなかった。
    「…うっさい」

    だから私は、気付かなかったのだ。
    健も、耳を真っ赤にさせていたことに。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

13年目のやさしい願い (真矢すみれ/著)

感想やコメントを頂けたら、とても嬉しいです。レビューへのお礼も、こちらに書いています☆(#^_^#)

  • aonaさん、読んでくださって、ありがとうございました!! とっても嬉しいです!*\(^o^)/*

    一ヶ谷くんは、そうですね、まだまだ甘くて若いけど、素直なんで真っ直ぐ育ちそうです。お兄ちゃんもついてるし。(笑)
    篠塚さんみたいな人……いますよねぇ。こういう人に目をつけられると、ホント酷い目にあいます。orz 作中のお兄さんの言葉は、そういう方々へ向けた私の憤りの表れかも? どこまで書くかを随分悩みました。本当のところ、やり過ぎたかも……と思ったりもしていました。(^_^A 心より、彼女(及び彼女タイプの方々)の成長を祈ってます!

    ラスト、ほっこりしてもらえて嬉しいです! 基本、ハルとカナの恋物語なので、自分としても、ここは外せないポイントです☆(*^_^*)
    実のところ、12年目……の感想に、意図的だろうけど、追い詰められるばかりでハルが可哀想、もっとほっこりするようなエピソードが欲しい、と言うような素晴らしいご意見を頂戴し、それ以降、かなり意識しています。(^_^a

    14年目、ここのところ気合入りまくりで、実はほぼ仕上がっています。後は二章くらい書きかけが残っているのと、エピローグだけ!! 今月中には公開始められると思います。
    公開スタートしたら、ぜひ読みに来てくださいね〜☆o(^▽^)o

    いつも本当にありがとうございます!
    aonaさんの新作も楽しみに待っておりますね〜♡

    真矢すみれ   2015/10/05 12:30

  • 織音♪さんこんばんは!後日談、遅くなりましたが読ませて頂きました。
    一ヶ谷くんは本当にハルのことが好きで、でもちょっと弱くて、篠塚先輩の言いなりになってしまった感じですね。根っこは素直な子っぽいので、あとがきでも書かれている通り、もう大丈夫そうですね。
    そして、篠塚先輩……こういうタイプの女子って確かにいる気がします。。(;´∀`)恋愛にかけるパワーが悪い方向にいっちゃっていますね。作中ではバッサリやっていますが、織音♪さんの篠塚先輩へ向けた思いを感じました。本当に今後は良い方向に成長すると良いですね!
    それにしてもお兄ちゃんズは強いですね~笑。一ヶ谷兄のザクリと刺すような言葉に、なぜか私もキリッと襟を正すような気持ちになりました(汗)
    後日談、書いて頂きありがとうございました!
    ラストは穏やか&ラブな描写があってほっこりしました(*´∀`*)14年目も楽しみです!またハル&カナに会いに来ますね☆

    aona   2015/10/04 22:38

  • アッキーオさん

    お久しぶりです!
    感想ありがとうございます!! 読んでいただけて、すごく嬉しいです☆(〃▽〃)
    明仁と同じ漢字が入った名前なんですね。そう言えば、ペンネームもアキが入っていますね!

    後始末、スッキリしていただけて良かったです!! 勧善懲悪で悪者退治的な後始末にしすぎたか、と実のところドキドキしていたので、スッキリしたと言ってもらえてホッとしました。(*^_^*)
    明仁の実行力は中々のものですよね。敵に回すと怖い人という感じです。(笑) 13年目の後に、彼の番外編を書きたいと思っているのですが、どうにも上手く書けません。そうする内に、14年目の大筋が上がってしまったので、そちらを先に書き始めるかも知れません。
    ラスト、カナの愛を感じて頂けましたか? あの徹底ぶり、ダメな人はダメだと思うので、ウルっと来たと言ってもらえて本当に嬉しいです!

    14年目を楽しみにしてくれているとのお言葉もありがとうございます! その言葉を励みに、早めに執筆できるよう頑張りますね☆
    きっと14年目では、色んな意味でカナの愛が炸裂します。連載開始まで、今しばらくお待ちください♡(o^-^o)

    真矢すみれ   2015/08/27 01:00

  • 織音さん、お久しぶりです(*^^*)
    後日談読ませてもらいました★

    その後の後始末ということで、気になっていた二人(一ヶ谷と篠塚)の話が読めてスッキリしました(о´∀`о)ノ

    明兄の実行力はハンパないですね!(゜ロ゜)
    それに関係ないことですが、明兄の名前は自分の名前と同じ漢字が使われているので親近感を感じますw

    最後のカナが寝ているハルに寄り添う場面は、自分がカナの立場になって読んでいると、何かウルッときてしまいましたね(T-T)

    ハルへの愛も伝わってきますね(^-^)

    14年目が始まるのを楽しみにしていますね♪(*^^*)

    アッキーオ   2015/08/26 23:00

  • エステル★さん

    こんにちは! 後日談への感想、ありがとうございました! 読んで頂けて、本当に嬉しいです!!

    バタバタしつつも、ハルとカナの性格のせいか、割と穏やかに終わった本編でしたが、後日談では勧善懲悪に近い厳しい顛末を書いてしまいました。
    自分としても、これくらいのしっぺ返しは食らって欲しいと思いながらも、退路を断ち、容赦なく追求する段で、正直ここまでさせるべきか迷いました。現実世界では、ここまで我が儘をしているとしても、篠塚さんのような人は割と上手く世間を渡っていくものなので……。
    ただ書いていて、これくらいのしっぺ返しは、非道な事をした罰として、与えられるべきじゃないか、せめて小説の中でくらいそうあって欲しいとも思いました。そうでなければ、被害者はたまったものじゃありませんし、世の中や人付き合いに希望も持てなくなりそうです。

    篠塚さんがどんな風に変わるのか? それは分かりませんが、少なくともハルを害そうとした日からは成長したはずです。一ヶ谷くんは一つ大人への階段を登りましたね。
    彼らが次の話で関わってくるかは未定ですが、もし何か絡みがあるなら、そこで彼らの変化についても表現できたら……と思います。

    いつも、拙作をとても丁寧に読んで頂いて、本当に感謝しています!
    次回作も、お見せできるよう精進したいと思います。これからもよろしくお願いします!(*^_^*)

    真矢すみれ   2015/08/23 00:56