ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年08月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 部活中
    • 体育館

    「成楽(せいら)のこと、まだ好きなの?」


    放課後、あたしに部活を見にきてほしいと言った
    礼生(れお)くんの口から出てきたのは、
    あたしの元カレの名前。


    「え、どうして…」

    「来杏(らん)、ずっと成楽のこと目でおってるから」


    その場でボールをつきながら、
    あっちで先輩と1on1をしている
    成楽に目をやる礼生くん。


    …ウソ…気がつかなかった…。


    「…無意識だったらもっと嫌なんだけど…」

    「え?」


    礼生くんの声をききとれないでいると、


    「俺のこと見てて。
    ずっと、俺だけを目でおっててよ」


    …っ…。


    耳もとでささやかれた。


    「…あっつ…」


    礼生くんはそう言うと、
    “籠球魂”と背中に描かれた練習着で顔をかくしながら、
    練習にもどっていく。


    ここからでもわかるくらい、
    まっかに染まった礼生くんの耳。


    あたしにまでうつってきたかもしれない…。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    クラスメイトの爽くんは、イケメンで、女子にも人気。

    そんな爽くんは、実はわたしの彼氏なんだよね…。


    だから、あんまり他の子と仲良くしないでほしい…なんて、本人には言えないけどさ…。




    友達の優香ちゃんと机をくっつけてお昼を食べようとすると。



    「お前は、俺と食べるんだろ」


    「そ、爽くん…!」

    って、私のお弁当袋を持って、爽くんの席に置いた。


    「ま、待って…!!」

    「なぁ、もしかして妬いてんの?」

    「う、うん…」

    「フッ、かわいいやつ。これからは毎日一緒にいような」

    そう言って、爽くんは私の頭を撫でた。


    「〜〜ッ」

    これからも、爽くんには逆らえなさそうです。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    「…はぁ数学わかんない…」
    数学が大の苦手のわたしは数学の時間はいつも狼狽えている。
    「ゆゆにっていつも狼狽えてるよね」
    落ちた消しゴムを拾いながらそういう、隣の席の当麻。当麻はなんでもできるから、正直羨ましい。
    「仕方ねぇーから俺が教えてやるよ」
    ノートに要点を書き込みながら、わたしに優しくおしえてくれる。
    「……わかった?」
    説明が終わった。距離が近くて、妙にドキドキする。
    「わかったけど、なんかムカつく」
    「はいはい。じゃあこの問題やってみて」
    当麻の説明は本当に分かりやすかった。
    「これで合ってる?」
    分からないところはあったけど、大体は出来た。
    「ここだけ違うね」
    再び説明してもらい、やっと正解した
    「ゆゆに、出来たじゃん。えらいえらい」
    私の目を真っ直ぐみて頭をポンポンした。
    「何?赤くなるとか……まじゆゆに可愛んだけど」
    チャラい当麻がわたしの額にキスを落とした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

きれいごと (すし太郎/著)

夢も希望も無い皮肉全開のコラムかな?

感想は血も涙も無いヤツかな?

  • >永花さん
    こっちにも…

    そうですね…引退ってのはタイミングが難しい

    他人にあれこれ言われて…ってのは本人も納得いかないでしょうし…

    こればっかりは…引退を決めた人を責める訳にもいかんし…

    まぁご苦労様でした。新しい世界で頑張って下さい。

    と他人事で済まさなしゃあない

    すし太郎   2010/03/11 21:40

  • 更新してた
    引退、多いですね。

    『自分で決めた』時が最善のタイミング

    すし太郎さんと同じ意見です

    あともうひとつ
    わたしが思うのは

    『戦うことに疲れたから去る』選択をされている方もいるような気持ちがしました。

    自分で限界を決めてしまい、辛くなってしまうと

    周りも辛くなる。

    引き際だけは
    清々しくありたいと、わたしは思います。

    すし太郎さんの考え方好きです

    お互いに頑張りましょp(^^)q

    永花 ふう   2010/01/15 09:30

  • >永花さん
    褒めすぎですよ。

    誰でもこういった事件やらニュースに対して何らかの意見を持ってるでしょ?

    片方に寄ると片方からの反発もあるし…結局傍観者視点の作品も必要でしょう。

    基本的には他人事ですからね

    すし太郎   2009/09/29 21:38

  • すし太郎さん
    お久しぶりですm(__)m

    コメコン作品を読みに来たつもりが、ついフラフラとこちらの作品に……

    きちんと自分の考えを持って『問題』を冷静に見ることが出来ないと、このような作品は書けないと思いました。

    いい人には見られたくない、と表紙にありましたが

    すし太郎さんの真剣さや平等さが滲み出た、すし太郎さんらしい素敵な作品だとわたしは思いました。

    真っ正直から物事を受け止めたり
    発言することはとても怖くて

    周りの意見に流されるほうが楽な世の中に、勇気をくれるカッコイイ言葉をありがとうございます

    永花 ふう   2009/09/23 02:04

  • >サンタロウさん
    芸能人が話題になるのは結婚か犯罪やらかした時だけ

    せいぜい今年の十大ニュースって事で騒いでもらいましょ

    もう飽きたけど…

    すし太郎   2009/09/06 22:50