感想ノート

  • 読みながら
    ドリームカムトゥルーの「空を読む」っていう歌を思い出していました


    なるほど、そうかなと思う反面
    忘れられない人を思いながら、空を見上げ、飛行機の音を聞きながら
    切ない思いに胸を傷めて生きる……幸せは哀しいなとも感じました

    竹久祐   2015/02/16 15:05

    ありがとうございます。
    人の心は時に哀しくもあるけれど、幸せは哀しいときもあるけど。
    時が流れる中、命の中に喜びもあるのかなぁ。

    優しい感想、嬉しく思います。
    感謝です。

    作者からの返信 2017/03/03 12:11

  • >青峰輝楽 さん

    閲覧ありがとうございます。

    爽やかと言っていただけて、嬉しいです。
    私は、どちらかというと現実的な作品が多いので、今回の作品もリアルな感じで仕上げてみました。
    まだまだ、修行が足りない私ですが(汗
    女心を繊細に描いていきたいものです。

    あ~確かに!!
    空のイメージが強かったですね。
    これもまた勉強。
    色々とチャレンジしていきます。

    一未   2014/05/31 14:12

  • 遅くなりましたが、感想を書かせて頂きます。

    恋愛という甘い感情と、結婚という生々しい現実、この二つの絡め方がとても上手く、そして色んな女性にとって共感できる作品に仕上がっていると感じました。こういった現実的な恋愛小説って私には書けませんので、とても尊敬致します。
    テーマとしては、海より空を感じてしまうかも知れませんが。
    別れも描かれながら、読後感は爽やかでした。

    素敵な作品を読ませて頂いてありがとうございました。

    青峰輝楽   2014/05/22 10:26

  • >つるめぐみさん

    閲覧ありがとうございます。

    空の大きさの違いを二人の視点で表現しました。
    そうですね、ここに「海」を取り入れるべきだった!!
    過去と現在の違いは、書いていて
    伝わるかな?と不安でした。
    文字数制限と記号禁止があったので、ちょっと苦労しました。

    まだまだ学ばなければいけないことがありますが、さりげなくすっと入れる作品を書いていきたいと思います。
    リアルに誰もが感じている感情を表現できたら、と思っています。
    「もしかしたら」は、きっと誰もがある感情。
    生きているって、共通する感情があるものですよね。

    一未   2014/05/18 14:36

  • >妃宮 咲梗さん

    感想ありがとうございます。

    恋は誰とでもできるかもしれない、でも結婚は誰ともできるものではない。
    なんてことを書いてみた作品で、永を選んだことをくみ取っていただけ嬉しく感じています。

    海の情景をもう少し!!
    そうですね、ここは本当に力不足でした。
    今後は、もっとテーマを頭に入れていきます。

    優しく、切なく、女心を今後も描いていきたいと思います。

    一未   2014/05/09 14:38

感想ノートに書き込むためには
会員登録及びログインが必要です。

pagetop