ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    はぁ、やっと補習も終わったし帰ろっかな

    ガッタ ガッタ
    バタバタ バタバタ
    何の音?
    この学校って怪奇現象とかなたっよね?

    「やっと見つけた!!
    桜井探してたんだぞ」
    「えッ?小畑先生なんですか?」
    「あのさ、今から時間ある?」
    「ありますけど?」
    何なのかな?
    こんなに慌ててるってことは、大切な用事なのかな?
    「えっとさ、お前って今、
    好きな人いる?」
    えっ、なにこれ?!
    先生なに言ってるの?
    「いますよ!」
    「そうなのか?
    あのさ、俺と付き合ってくれないか?」
    「えっ!!?
    はい!!」
    何で?私でいいのかな?
    でも、すごく嬉しい!!
    「幸せにするから!
    ありがとう!」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    パタパタパタ

    ガチャ

    「やっぱり斗唯ここにいた。探したんだよ?」

    「なぁ祐希,返事どうしたんだよ?」

    「えっ?」

    「昼休みに告白されてたろ?」

    「知ってたの?」

    「なんて返事したんだよ」

    「『好きな人がいるので』って断ったよ」

    「なぁ祐希,そんなやつやめて俺にしろ」

    「ヘっ??」

    「だから,俺と付き合え」

    「...えっ?嘘!?ずっと私のことなんて眼中にないんだと思ってた。(ボソッ」

    「俺はずっと祐希が好きだった」

    「斗唯ありがとう。私の好きな人って斗唯なんだよ?だからよろしくお願いします」

    「ッ\\\...焦ってカッコ悪っ」

    「大好きだよ斗唯!」

    「やっとこれで俺のもの。一生離してやんないから」

    「うん!私だって斗唯のこと離さないよ?」

    「祐希,好きだ」

    チュッ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    これは貴方と私の一生に一度の恋物語

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    彼氏と別れて早1時間…
    私から振ったのに、何故か涙が…止まらない。

    だって、しょうがないじゃない…
    あの女…藤守さんに、脅されたんだから。
    今頃裕翔は、どうせ藤守さんと一緒に居るに違いない。
    私より女子力もあって、メイクは少し濃いけど可愛いから。
    だから、男子なんて嫌い。性悪女でもすぐにホイホイついて行くんだから。

    私には、もっと素敵な男の子がいるはず…
    するとお店の方からふわりといい匂いがして来た。

    ああ。この匂い。裕翔の香水の匂いに似てるわ。

    「…ぐすっ」

    すると今度は後ろからも香水の匂いがして来た。

    ふわん…

    「はぁ…梨佳っ!何で別れるなんてっ」

    裕翔…息を切らしてまでここに来てくれたの?

    「うるさいっ近寄らないでよ!」
    「藤守に何か言われたんだろ?俺はあんな女の命令に従わない」

    「〜っ」

    バカ。気付くの遅いわよ。

    そう言い終わる前に、唇は重なっていた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

六星行者【一之卷】~銀翼の天子 (篁☆和生/著)

宜しければ、感想などお聞かせ下さい。
皆様のご意見、大変励みになっております!
遅返ですが、必ずお返事させて頂きます。

  • エブリスタで連載を読んでましたが、お話の先が気になり過ぎてこちらの方で一之巻から読ませていただいています。
    すっごく面白くて、既に何回か読み返してしまいました。
    執筆作業も大変かと思いますが、応援してます。頑張って下さいね!!

    紫陽花姫   2018/11/29 02:11

    紫陽花姫さま

    コメントありがとうございます!そう言って頂けると、本当に力になります!今まで頑張って書いて来た甲斐がありました…。一気に報われた思いです。

    何度も読み返して頂ける事も、本当に嬉しいです。皆様の心に響くような作品に仕上げていけたら…と思っております。
    頑張りますので、これからもよろしくお願いします!

    作者からの返信 2018/11/29 10:02

  • グリンディエタさま。
    感想ありがとうございました。
    いつまでも「面白い」と言って頂ける作品を目指していきたいと思います。
    よろしかったら、是非、次卷も読んでみて下さいませ!

    篁☆和生   2016/02/16 20:04

  • スッゴク面白かったです‼

    グリンディエタ   2016/02/16 00:49

  • >>AtaRu☆様。

    この度はレビュー及び投票、有難うございました。
    シリーズ作品のイントロダクションとしては、多少長くなってしまいましたが、五巻完結を目指して、これからもコツコツ執筆を続けていこうと思います。

     投稿作品としては処女作となるシリーズです。
    若書きながら、今出来る限りの努力を重ねて書き上げた小説ですので、こうしてコメントを頂けた事に、無上の喜びを感じています。

     また。宜しければ、この後の作品もお付き合い頂ければ幸いです。

     温かい書評、大変励みになりました。
    重ねてお礼申し上げます。

    篁☆和生   2012/08/29 21:07

  • >>闇守唱さま
    感想ありがとうございます。
    長編にも関わらず、最後までお付き合い頂けて光栄です♪

    おっちゃん'sは、
    篁も大好きなキャラでして(笑)
    気に入って頂けて嬉しいですょ
    この物語は、三之卷で完結の予定なんですが
    予想外にボリュームがあった為、
    急遽、五卷構成にプロットを修正中です
    宜しかったら、次卷にもお立ち寄り下さいませ

    篁☆和生   2009/12/23 08:47