ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月06日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生

    授業中、先生の背を見るのが、ただなんとなく好きだ。

    「いいか。ここ、凄く大事だからメモしとけよ」

    それは私がただ、先生を好きなだけ。

    叶わない恋だって、よく言われる。

    それでも、先生を見ると、やっぱり好きが止まらない。

    放課後、一人で悩むのは癖だ。誰もいなくなった教室で、呟く。

    「葉山先生って、彼女いるのかな……」

    「いねえよ」

    「そっ、か……っ!?」

    顔を上げると、そこには葉山先生。呆れたように笑う顔は、意外と優しい。

    「あ、あの、忘れてください……っ」

    先生はいたずらに笑って、無理、と囁く。

    「何のためにそうしてたと思う?」

    「えっ……?」

    「本当、鈍いよな」

    するりと先生の指が、私の髪に触れる。そして、先生は私の耳ギリギリにまで近寄る。

    先生の熱が伝わって、身体が火照る。

    「俺はお前だけしか見てねえよ」

    優しく唇を奪うあなたは、ずるい大人だ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    ホームルームが、終わり帰る寸前だったとき、幼なじみの零君が声をかけてきた。

    「ねぇ、最近俺に冷たくない?」

    「そんなことないよ!」

    私は、皆にいじられるのが嫌で少し話すのを控えていた。でも、それもすぐに気づかれてしまい...

    「皆に、いじられるのが嫌なの?」

    「う、うん...ごめんなさい。」

    「謝るのですむと思ってるの?」

    「どうやったら、許してくれる?」

    私は少し、怪しげに聞いてみた

    「なら...」
    ギュッ
    後ろからハグをされ顔が熱くなって、私は下を向いて顔を隠した

    「隠しても無駄...そんなに可愛いんだからもっとちゃんと見せてよ」

    「は、恥ずかしいよ...」

    そして、優しくそっと零くんの唇が重なった。

    「もうあんまり、可愛くしないで...」

    「っ!」

    「そんなこと言われるとますます好きになっちゃう」
    二人とも顔が赤くなりながらももう一度キスをかわした..

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    ずっと好きだった相手は大好きな私の親友と付き合っています。
    「陽菜…大丈夫。俺がいるよ…」
    そう言っていつも頭をなでてくれる。
    「先輩…私、先輩のこと好きになりたい」
    こんなに優しい2個上の先輩。
    もうすぐ先輩は卒業する。
    「俺は陽菜が好きだよ…」
    ずっと私のことを好きでいてくれる先輩。
    無神経なのはわかってるけどつい頼ってしまう。
    先輩だけが唯一ずっとそばにいてくれたから。
    それでも…
    「私はあいつのことが好き…だから…」
    「俺だって陽菜が好きなことは辞められないから、本気で好きじゃなきゃ恋の相談になんて乗らないよ」
    「先輩…」
    「だから、そろそろ俺のことだけ見てくれない?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

Eternal Silence  (佳川鈴奈/著)

「Eternal Silence」。

読んでくださって有難うございます。

いつもシリーズでは、他キャラたちの兄貴分。
嵩っち【佳川は、親しみを込めてそう呼ぶ(笑)】。

嵩っちだって、研修医として未熟な時期も過去もあったんだーっと
何時かは綴ってみたかった作品でした。

嵩継と海斗。
最初は、かなり「BL風味」の強い書き方をしていましたが、やっぱぱり違う気がして
書きかけては全消しして、書き直すのを何度も繰り返して辿りついた形が今の形です。

皆様の心に何か届けられましたでしょうか?
感想など、お待ちしています。

2014.2.19
佳川鈴奈

  • >夢幻キリコさま

    いつも読んでくださって有難うございます。
    嵩っちと、海ちゃんの物語まで読んでくださって本当に嬉しいです。

    バットエンドにはなってしまいましたが、
    嵩継の夢の原点になった場所でもあるので、こう言う形となりました。

    医療関係の知識は、決して豊富なわけではないんですけど、友人や兄が医療関係者なので、設定の際に力を貸して貰ってたり、後は闘病されてる方と話を聞かせて頂く機会が貰ったり。

    でも想像の部分も多いので、まだまだ未熟な限りですが自分なりに精いっぱいで綴れればいいなーっと思います。
    佳川が勉強したのは医療事務だけなのですが、事務を勉強したのである程度の薬とカルテは読めるようになりました。

    「命の大切さ」って本当に難しい。
    だけど、何かの形で発信できたらいいなーって、嵩っちと海ちゃんに託したので、そう言っていただけて本当に嬉しいです。

    最後まで読んでくださって、感想までくださって本当に有難うございました。
    感謝を込めて。


    佳川鈴奈

    佳川鈴奈   2015/06/29 11:31

  • 水夫さま

    こんばんは。
    返信が遅くなりました。
    9日がイベント本番で、今は趣味のお針子の修羅場中です【笑】。
    そんな中、感想の書き込みを楽しませて頂けまして本当に嬉しかったです。

    嵩っちの物語、読んでくださって嬉しいです。
    脇役にも、スポットが当たれば……。

    いつもシリーズは、やっぱり主人公は「勇人」なのですが
    脇役たちスポットをあてた物語も、この先も綴っていく予定です。
    また覗いてやってくださいね。

    落ち着いたら「きみのとなり」も頑張って完結目指しますね。

    佳川鈴奈   2014/03/07 23:43

  • お久しぶりです。

    完結作品でしたので、読ませていただきました!
    今まで脇役感の否めなかった崇継さんが、瞬く間に大事な人になりました。
    「きみのとなり」の続きが益々早く読みたくなりました!!

    水夫   2014/03/04 21:15