ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年12月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 雪の華【SS】

    ずっと一緒にいたい

    結婚…してほしい…

    わたしも…。
    よろしくおねがい…します。

    ずっと待っていてくれて
    ありがとう。

    開く閉じる

    • 雪の華【SS】

    やっと恋することが出来たのに

    私のこの体はそれすらも気に食わないらしい


    たった1ヶ月

    大事な1年の中のひと月


    その間恋することすらもこの体はさせてくれない


    普通の恋する女の子がする


    ドキドキしたり楽しくて相手のことを思って張り切ってつい興奮しちゃうようなことも


    この体は許してくれない


    どんどん好きになる度にドキドキしていく度に


    病状は悪くなっていく


    神様こんなことってないよ


    もしも

    もしも神様がいるのなら

    お願いです。普通の女の子になりたい


    そんな大きな願いなんてしないから

    もう少しだけ

    もう少しだけ彼と一緒にいさせてください

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室

    えー前回書かせて頂いた朔和とのエアラブの続き、今回は、朔和sideです。

    俺の幼なじみは、不眠症ってやつ持ってて、いっつも寝れないらしい。たまたま友達と好きな人の話しをしてた時に幼なじみが聞いてたらしく、その日を境に学校で会うことはなくなっていった…俺が好きなのは、お前なのに…素直になれなくて、誤解されっぱなしー


    部活が今日なくて、帰ろうとした時に教室にスマホを忘れたのに気づいて、教室に戻って行った時に通った彼女のいる教室。スマホをとって帰ろうとしたら、その教室にあいつが、いた。珍しく、寝てるけどなんか辛そうな顔してる。手をにぎってやれば、少しは楽かな…なんて思って、幼なじみだから出来るなんて理由をつけて、手を握った、そしたらさ、あいつ幸せそうな顔するんだよ。嬉しくて、舞い上がりそう…





    なぁ、いまだけでいいから素直になって、おまえを独り占めさせて…

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

世代や国を超えて愛され続ける中島美嘉さんの冬ラブソングの名曲『雪の華』が、登坂広臣さんと中条あやみさんの共演で映画化!

野いちごでは映画『雪の華』とのコラボSS (ショートストーリー)を大募集!

ジャパンプレミアご招待や、キャスト直筆サイン入りプレスなど豪華賞品が盛りだくさん!!

コンテスト開催期間

2018年12月3日~2019年1月下旬

12月17日(月)13:00エントリー締め切り!

映画『雪の華』STORY

「余命1年、私の夢――恋がしたい。」

東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)。彼女の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、最初で最後の恋をすること。ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂広臣)に助けられる。悠輔が男手ひとつで妹弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と持ちかける。何も知らないまま“期間限定”の恋に応じる悠輔だったが…。かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれ、切ない想いに涙が溢れる、初雪の降る日に出会った2人の、1年のラブストーリー。

登坂広臣 中条あやみ

高岡早紀 浜野謙太 箭内夢菜 / 田辺誠一

主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

監督:橋本光二郎 脚本:岡田惠和 音楽:葉加瀬太郎


公式HP:yukinohana-movie.jp 公式Twitter:@yukinohanamovie

コンテスト情報

※エントリーには、会員登録およびログインが必要です。

応募要項

悠輔賞 <1作品>

映画『雪の華』ジャパンプレミアご招待

悠輔役・登坂広臣さん直筆サイン入りプレスをプレゼント

 

美雪賞 <1作品>

映画『雪の華』ジャパンプレミアご招待

美雪役・中条あやみさん直筆サイン入りプレスをプレゼント


※映画『雪の華』各キャラクターのイメージにあった作品を選出いたします。


『雪の華』賞 <1作品>

映画『雪の華』ジャパンプレミアご招待

映画『雪の華』オリジナルフォトブックをプレゼント

 

参加賞 <抽選で10名様>

映画『雪の華』オリジナルグッズをプレゼント

キャスト登壇あり! 映画『雪の華』ジャパンプレミア

日程 2019年1月24日(木)

場所 都内某所

時間 夕刻

※交通費は受賞者様の自己負担となります。

テーマ

『期間限定の恋人・悠輔への、美雪の切なすぎる想い』

余命1年と宣告された病気のことを隠して、悠輔と期間限定の恋人になった美雪。そんな美雪の気持ちになって、悠輔に対する切なすぎる想いを400文字以内のSS(ショートストーリー)で表現してください。

ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだが実は優しい “ 悠輔 ”

ガラス工芸家を目指しながら、先輩の岩永が経営するカフェで働く青年。両親を亡くして以降妹弟の面倒を1人でみており、2人にとっては父親代わりのような存在。一見ぶっきらぼうで愛想がないが、実は心優しくまっすぐな性格。偶然ひったくりにあった美雪を助けるが、自身はそのことを覚えていない。その後カフェの客としてやって来た美雪から、100万円と引き換えに“1ヶ月の恋人”になることを迫られ激しく戸惑うが、妹弟たちのためにも失職するわけにはいかないと渋々応じる。美雪とデートを重ねていくうちに、彼女の無邪気でひたむきな人柄に触れ少しずつ気持ちに変化が。美雪と訪れたフィンランドでガラス工芸への創作意欲がさらに刺激され、美雪との恋にも前向きになるが……。

余命1年を宣告され、夢見ることを諦めてしまった “ 美雪 ”

幼少より病気がちで、ついに余命1年と宣告されてしまう女性。全てを諦めかけていたところにひったくりの被害にあうが、通りがかりの名前も知らない男性(悠輔)に救われ、「声出してけよ!声!」とハッパをかけられ心が動く。数ヶ月後、偶然再会した悠輔に一世一代の勇気を振り絞り“期間限定の恋人”になってくれるよう頼みこむ意外に大胆な一面も。悠輔には 余命のことは一切告げずに接するが、日を追うごとに本気で悠輔に惹かれていく自分に戸惑いつつも、自分だけの居場所を見つけたような幸せを感じるように。両親が初めて出会ったというフィンランドに憧れており、北欧のかわいい小物が大好き。“奇跡が訪れる”と言われめったに見ることができない、オーロラを見ることを夢見ている。

応募資格

不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません)

対象

  • 「野いちご学園エアラブ」で読むことができる作品。
  • サイトの作品掲載ポリシーに反していない作品。

※日本語で書かれたオリジナル作品に限ります。

※著作権および著作隣接権が完全にフリーであることを条件とします。



<注意事項>

完結締め切り後に作品掲載ポリシー違反が発覚した場合、失格となります。

文字数

「野いちご学園エアラブ」上で、400字以内。

応募方法

STEP1 野いちご学園のエアラブ作成画面にて、設定から「雪の華【SS】」を選択!

STEP2 画像選択画面で、映画『雪の華』限定コラボバージョンの応募フレームキャラクターをそれぞれ選択!

STEP3 美雪の気持ちになって、悠輔への切なすぎる想いを、400文字以内で自由に書く!書き終わったら内容をよく確認して、最後に<これでつくる>を選択でエントリー完了!

※1人何作品でもエントリーOK!!

審査員

映画『雪の華』/野いちご編集部

スケジュール

12月3日(月) エントリー開始


12月17日(月) 13:00 エントリー締め切り


2019年1月下旬 結果発表


※スケジュールは変更になる可能性があります

諸権利

受賞作品の出版権、雑誌掲載権、インターネット上への掲載権、映像化権等はスターツ出版(株)に帰属します。受賞作品の、全部または一部をスターツ出版が発行、運営する紙面、インターネット、携帯電話向けサイトで掲載することがあります。

コンテストに関するお問い合わせはtoi@no-ichigo.jpまでお願いします。

(※携帯メールからの問い合わせの際、迷惑メール対策をされている方は受信対象ドメインにtoi@no-ichigo.jpを指定してください)

また投稿やエントリー方法については、「野いちご」へ直接お問い合わせください。

©2019映画「雪の華」製作委員会