ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • お昼休み

    「ん~…」
    寝不足で、保健室で寝させてもらっていた。ゆっくり意識が浮上する。
    起きなきゃと思って、体が重いことに気がついた。
    「!?」
    目を開けると、どアップで先生の寝顔が映った。
    「せ、先生…?…ねてる」
    腕は私の周りに回された状態で。どうりで重いと思った。
    ベッドの周りには勿論仕切りがされてるけど、教師が生徒を抱きしめて寝ているというのはいかがなものか。
    先生の顔を眺める。
    「…かっこいいなぁ」
    寝ててもイケメンなんだから。
    けど寝顔は起きてるときよりも幾分か幼くて、かわいい。
    くすりと笑うと先生が声を漏らすから、私は目をつぶって寝たふりをした。
    「…んぁ、やっべ。めっちゃ寝てた…さき、咲」
    呼ばれても起きないでいると、先生ははぁとため息をついた。
    「ったく、可愛い顔しやがって。寝ぼすけさんは襲うぞ?」
    ちゅっと、額に触れる感触。
    真っ赤になる私に先生がくすりと笑った。
    …性格わる。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 告白

    私は1人静かに嗚咽を漏らしながら泣いていた。

    「また泣いてるし。今度は何?またあの彼氏?」

    笑いながら顔を覗いてきたのは幼なじみである奏
    奏は私の背中をさすりながら

    「全部聞くから嫌なこと全部吐き出しな?」

    と優しく微笑む。
    私はその優しさにまた涙し、胸を苦しませるものを吐きだす。

    「彼氏に……いらないって言われた。私もうどうしたらいいのか、わかんなくて。」

    奏は「はぁ!?」と怒りの声を上げた。
    毎回彼氏と何かある度にこうして話を聞いてくれる奏。
    今も泣いている私の代わりに怒ってくれている。

    「どうしていつも私の話聞いてくれるの?」

    「好きだからだよ。」

    驚きで涙が止まる。

    「いらないって言ったし、俺が貰っても問題ないよね。だから、別れにいこ?
    俺が責任もって幸せにするから。」

    そういい差し出された手を私は静かに握っていた。
    奏の微笑む顔を見て、胸がキュンとなった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 両片思い

    「…なぁ、まだ?」
    「あともう少しだってば…だから先に帰っていいって言ったのに」

    日誌当番になり、クラスメイト達が部活に行ったり帰宅するなか私は一人日誌を書く予定だった。…隣のクラスである幼なじみがいるのは当初の予定にはなかったけれど。

    「だいたい今日は部活じゃなかったの?」
    「…んー?今日は休みだって」

    日誌を書く合間にこうやって話しかけてもどこか上の空で。どうしてここにいるのか不思議でならない。

    「はいはい、それじゃあ日誌も書き終わったし、帰りますか」
    「!…ん、帰る」
    「まぁ、日誌を提出してからだけ、っ」




    「…おつかれさま、“はーちゃん”」

    (はーちゃんなんて、呼び方はいつぶりだろうか)
    (…それよりも、頬にキスしてきた理由を聞かなきゃいけないのに)
    (彼の優しい笑みが、私の顔をさらに熱くさせる)

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

映画「雪の華」×野いちご 期間限定の恋 SSコンテスト

たくさんの応募の中から

ついに受賞作品が決定!!

世代や国を超えて愛され続ける中島美嘉さんの冬ラブソングの名曲『雪の華』が、登坂広臣さんと中条あやみさんの共演で映画化!

野いちごでは映画『雪の華』とのコラボSS (ショートストーリー)を大募集!

ジャパンプレミアご招待や、キャスト直筆サイン入りプレスなど豪華賞品が盛りだくさん!!

コンテスト開催期間

2018年12月3日~2019年1月下旬

映画『雪の華』STORY

「余命1年、私の夢――恋がしたい。」

東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)。彼女の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、最初で最後の恋をすること。ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂広臣)に助けられる。悠輔が男手ひとつで妹弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と持ちかける。何も知らないまま“期間限定”の恋に応じる悠輔だったが…。かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれ、切ない想いに涙が溢れる、初雪の降る日に出会った2人の、1年のラブストーリー。

登坂広臣 中条あやみ

高岡早紀 浜野謙太 箭内夢菜 / 田辺誠一

主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

監督:橋本光二郎 脚本:岡田惠和 音楽:葉加瀬太郎


公式HP:yukinohana-movie.jp 公式Twitter:@yukinohanamovie

結果発表

悠輔賞 <1作品>

映画『雪の華』ジャパンプレミアご招待

悠輔役・登坂広臣さん直筆サイン入りプレスをプレゼント


Haine Mikaさんの作品

  1. 隣を見れば優しく頬笑むあなたがいる。 あと何度、こうして悠輔の横顔を隣で見ることができるんだろう。 1か月限定の恋。 こんなに好きになるなんて思わなかった。 この幸せがずっと続けばいいのにと願ってしまう。 『必ず終わりは来る』 わかっているのにそう思えないのは、私のわがままに、ぶっきらぼうでもきちんと応えてくれる優しい悠輔がいたからだ。 私が病気じゃなければ、悠輔とずっと一緒にいられるのかな? いろんな悠輔を見られるのかな? ……でも、私が病気じゃなかったら、きっと悠輔と付き合うことはなかったよね。 出会うこともなかったかもしれない。 それでも、病気じゃなかったら、なんてもしものことを考える。 悠輔に恋するきっかけをくれた病気が、憎くて、愛しくて、たまらないよ。 悠輔の笑顔を一度でも多く、一秒でも長く見ていられるように、残りの時間を大切に過ごしていこう。

美雪賞 <1作品>

映画『雪の華』ジャパンプレミアご招待

美雪役・中条あやみさん直筆サイン入りプレスをプレゼント


ゆーみのんさんの作品

  1. 余命一年。 そう言い渡された瞬間私の世界から色が消えていった。 あなたと出会うまでは。 無理を言って始まった恋人だけど、 私の世界が色付きキラキラと感じた。 あなたとの時間が楽しくて、嬉しくて。 当たり前の事が、なんでもない事がこんなに幸せなんだって初めて知った。 「好き」 ダメ。好きになってはダメ。 そう思えば思うほど どんどん好きになっちゃう。 私死んじゃうのに。 あなたと一緒に居ればいるほど 楽しくて、嬉しくて、愛おしくて。苦しい。 恋って幸せなだけじゃなかったんだ。 あなたが私にくれる言葉や、笑顔、しぐさ 全てが愛おしい。 ごめんね。私いなくなるのにこんなお願いしちゃって。 あと何日残ってるんだろう。 あとどれだけあなたを好きでいられるんだろう。 このまま時間が止まればいいのに。 ただ、あなたと一緒にいたい。 このまま一緒にいたい。 そう願わずにはいられないんだ。

雪の華賞 <1作品>

映画『雪の華』ジャパンプレミアご招待

映画『雪の華』オリジナルフォトブックをプレゼント


大雅 ゆかりさんの作品

  1. これは100万円の恋。 あなたから私は100万円で恋を買った。 普通で特別な一生に一度の1ヶ月をあなたから貰った。 こんなこと馬鹿げてるかもしれない。 けれど、 私は悠輔から沢山の100万円よりももっともっと素敵なものを貰った。 最初はたったそれだけで、 満足してたはずなのに。 なのに私、気がついたら欲張りになって、 この恋が本物になったら… そう望んでいて。 でも、ダメだよね きっと神さまに怒られちゃうよね。 あなたに本当に「好き」って伝えたら。 バチが当たっちゃうよね。 でも… それでも… 神さま、 私のわがままを1つだけ許してください。 私はただ、 悠輔の隣でこのまま永遠にずっと 雪の華が舞うこの景色を見ていたいの。

参加賞 <抽選で10名様>

映画『雪の華』オリジナルグッズをプレゼント


※コンテストに応募いただいた方の中から抽選で当選された10名様には、編集部より連絡させていただきます。

コンテスト情報

応募要項

悠輔賞 <1作品>

映画『雪の華』ジャパンプレミアご招待

悠輔役・登坂広臣さん直筆サイン入りプレスをプレゼント

 

美雪賞 <1作品>

映画『雪の華』ジャパンプレミアご招待

美雪役・中条あやみさん直筆サイン入りプレスをプレゼント


※映画『雪の華』各キャラクターのイメージにあった作品を選出いたします。


『雪の華』賞 <1作品>

映画『雪の華』ジャパンプレミアご招待

映画『雪の華』オリジナルフォトブックをプレゼント

 

参加賞 <抽選で10名様>

映画『雪の華』オリジナルグッズをプレゼント

キャスト登壇あり! 映画『雪の華』ジャパンプレミア

日程 2019年1月24日(木)

場所 都内某所

時間 夕刻

※交通費は受賞者様の自己負担となります。

テーマ

『期間限定の恋人・悠輔への、美雪の切なすぎる想い』

余命1年と宣告された病気のことを隠して、悠輔と期間限定の恋人になった美雪。そんな美雪の気持ちになって、悠輔に対する切なすぎる想いを400文字以内のSS(ショートストーリー)で表現してください。

ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだが実は優しい “ 悠輔 ”

ガラス工芸家を目指しながら、先輩の岩永が経営するカフェで働く青年。両親を亡くして以降妹弟の面倒を1人でみており、2人にとっては父親代わりのような存在。一見ぶっきらぼうで愛想がないが、実は心優しくまっすぐな性格。偶然ひったくりにあった美雪を助けるが、自身はそのことを覚えていない。その後カフェの客としてやって来た美雪から、100万円と引き換えに“1ヶ月の恋人”になることを迫られ激しく戸惑うが、妹弟たちのためにも失職するわけにはいかないと渋々応じる。美雪とデートを重ねていくうちに、彼女の無邪気でひたむきな人柄に触れ少しずつ気持ちに変化が。美雪と訪れたフィンランドでガラス工芸への創作意欲がさらに刺激され、美雪との恋にも前向きになるが……。

余命1年を宣告され、夢見ることを諦めてしまった “ 美雪 ”

幼少より病気がちで、ついに余命1年と宣告されてしまう女性。全てを諦めかけていたところにひったくりの被害にあうが、通りがかりの名前も知らない男性(悠輔)に救われ、「声出してけよ!声!」とハッパをかけられ心が動く。数ヶ月後、偶然再会した悠輔に一世一代の勇気を振り絞り“期間限定の恋人”になってくれるよう頼みこむ意外に大胆な一面も。悠輔には 余命のことは一切告げずに接するが、日を追うごとに本気で悠輔に惹かれていく自分に戸惑いつつも、自分だけの居場所を見つけたような幸せを感じるように。両親が初めて出会ったというフィンランドに憧れており、北欧のかわいい小物が大好き。“奇跡が訪れる”と言われめったに見ることができない、オーロラを見ることを夢見ている。

応募資格

不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません)

対象

  • 「野いちご学園エアラブ」で読むことができる作品。
  • サイトの作品掲載ポリシーに反していない作品。

※日本語で書かれたオリジナル作品に限ります。

※著作権および著作隣接権が完全にフリーであることを条件とします。



<注意事項>

完結締め切り後に作品掲載ポリシー違反が発覚した場合、失格となります。

文字数

「野いちご学園エアラブ」上で、400字以内。

応募方法

STEP1 野いちご学園のエアラブ作成画面にて、設定から「雪の華【SS】」を選択!

STEP2 画像選択画面で、映画『雪の華』限定コラボバージョンの応募フレームキャラクターをそれぞれ選択!

STEP3 美雪の気持ちになって、悠輔への切なすぎる想いを、400文字以内で自由に書く!書き終わったら内容をよく確認して、最後に<これでつくる>を選択でエントリー完了!

※1人何作品でもエントリーOK!!

審査員

映画『雪の華』/野いちご編集部

スケジュール

12月3日(月) エントリー開始


12月17日(月) 13:00 エントリー締め切り


2019年1月下旬 結果発表


※スケジュールは変更になる可能性があります

諸権利

受賞作品の出版権、雑誌掲載権、インターネット上への掲載権、映像化権等はスターツ出版(株)に帰属します。受賞作品の、全部または一部をスターツ出版が発行、運営する紙面、インターネット、携帯電話向けサイトで掲載することがあります。

コンテストに関するお問い合わせはtoi@no-ichigo.jpまでお願いします。

(※携帯メールからの問い合わせの際、迷惑メール対策をされている方は受信対象ドメインにtoi@no-ichigo.jpを指定してください)

また投稿やエントリー方法については、「野いちご」へ直接お問い合わせください。

©2019映画「雪の華」製作委員会