ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月26日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 告白

    「外回り終わりですね」
    私は重い営業鞄を抱え直した。

    「メシにするか」と腕時計を見ながら先輩が言う。

    入社した時から先輩はずっと私の教育係だ。たまに他の女子社員から嫌味を言われることもあったが、庇ってくれるのはいつも先輩だった。

    尊敬はしている。でも恋心かと聞かれたら答えに困ってしまう。

    私は…

    先を歩いていたはずの先輩が、私の腕を掴んだ。
    鼻先ぎりぎりを、クラクションを鳴らしたトラックが通り過ぎた。

    呆れたため息。

    「…すみません」
    謝った私の髪を、大きな手がくしゃっと撫でた。

    「全くお前は…」
    先輩は言い掛けて、私に何かを握らせた。

    「鍵。お前を一人にする方が不安だわ。ま、俺の心配解消って事で」

    「はあ?」

    「24時間体制で指導してやる」
    「え?」

    「鈍すぎ。好きって言ってんの。俺から離れんな。わかったな、新人!」

    先輩は顔を真っ赤にして、私の手を握った。

    開く閉じる

    • 先生
    • お昼休み
    • 屋上
    • 壁ドン

    私はいつも屋上で予鈴まで昼寝をしていた。

    もちろん、人が他にいたらしない。

    今日みたいに。

    「どうしてこんなとこにいるんですかぁ、先生」

    先生と呼ばれた相手はいつもと変わらない笑みを浮かべる。

    「えー、僕も結構ここには来てるんだけどな〜」

    「…今みたいな時間に?」

    嫌な予感をしながらも尋ねると案の定、頷かれた。

    「…寝顔。見ました…?」

    「ああ、ごめん。…嫌だった?」

    言うと、何故か先生はこちらへ近づいてくる。

    恥ずかしさで悶絶しているうちに、彼を目の前にまで接近を許してしまっていた。

    「っ……な、なんですか」

    驚いて後ずさると、先生も来るので退路がなくっていく。

    「ね、どうして恥ずかしがってるの?」

    とうとう詰んだとき彼は壁に片腕をもたれさせると、覗き込んできた。

    「どうして?」

    あまりにも甘い声音に、私はたまらず逃げ出してしまった。

    「あーあ、残念」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 家の前
    • 壁ドンからの告白

    私は、高校2年生。名前は有菜。私には、2歳年の離れた幼馴染みの男の子がいる。名前はマサト。

    「よっ、有菜、今帰り?」

    「マサト、有菜って呼び捨ては・・・」

    「別にいいだろ?幼馴染だし」

    「そう言う事じゃ無くて!」

    昔はお姉ちゃんって呼んで可愛かったのに・・・

    「うるせーな、来年有菜の高校に入って有菜の彼氏になるつもりだから」

    そう言って、壁際まで追い詰められた。

    「マサト?」

    まだ、気付かないのかよ?」

    怒ったマサトに。

    「何言ってんのかわからない」

    「ハァー」

    思いきりのため息。

    ドン!

    「好きだって言ってるんだよ!」

    いきなりの壁ドンからの告白、マサトの真剣な顔に

    私は、胸キュンしました。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

野いちご文庫×シュウと透明な街 コラボプロジェクト

野いちご文庫×シュウと透明な街

大切なお知らせ

シュウと透明な街を応援して下さっている皆様へ

こんにちは、シュウです。
いつも応援ありがとうございます!

この度2019年3月31日をもって、シュウと透明な街は活動を終了することになりました。
まずは短い期間でしたが、応援してくださったファンの方々をはじめ、関わっていただいたすべての皆様に心から感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

2017年11月に初めての野いちご作品とのコラボから始まり、昨年の12月まで全14作品、自分たちなりに一生懸命走ってきました。元々野いちご作品が大好きだった私にとってこの1年半の日々は本当に幸せで夢のような時間でした。
最初は自分に何ができるんだろう?と不安でいっぱいでしたが、昨年3月の野いちごファン祭りで出会った作家の皆さん、イラストレーターの皆さん、一緒に初ライブを作ってくれたファンの皆さんのおかげで、こんな私でも伝えられることがあるんだと本当に勇気をもらいました。

実は、私は元々持病を抱えていて、その病気といかに上手に付き合っていくかということが、シュウとしてこの活動をするにあたっての大きな課題でした。活動期間中も体がついてこないこともあり、病院からレコーディングに向かうこともありました。きっと少しずつ無理が出てきたんだと思います。
年が明けて、メンバーのみんなと、また関係者の方々、医師との話し合いの結果、私が思うアーティストとしての活動を継続していくことが困難という判断となり、今回このような結論に至りました。本当にごめんなさい。
(ちなみに……)命に関わるような病気ではないのでそこは皆さん安心してください。

オリジナル曲をたくさん作れました。
CDをリリースすることができました。
大好きな作家の方々、イラストレーターの方々と出会えました。
沢山インストアライブを回れました。
バンドでワンマンライブもできました。
ファンレターももらえました。

そして……
みんなと出会えました。

そのすべてが、言葉では言い表せない数々の思い出が今も私の中で宝物のように輝いています。心からありがとう。

『今 何章目の物語を歩き始めたんだろう?』

また会う日まで。みんな大好き!

シュウ

いつもありがとうございます!
今回このような残念な報告となってしまい本当にごめんなさい。
短い間でしたが、シュウという素敵なボーカリストと一緒に音楽の道を走れたこと、そして自分たちが一生懸命に作った曲たちを皆さんに知ってもらえたことは誇りです。本当にありがとうございました!会いたくなったらふと夜空を見上げてください。またどこかで。

三日月さん

あっという間の1年半でした。
その中で、シュウトメを応援してくださった方々に、たくさんの元気、勇気を頂きました。本当にありがとうございます!
シュウと透明な街は活動終了しますが、今まで作った作品は残り続けるので、シュウちゃんの歌声と共に、ふとしたときに聴いてくれれば嬉しいです。
それでは……透明な街を出発します!

カロッチ

いつも応援ありがとうございます。べっこうめがねです。
皆さんの応援のおかげで、ここまでたくさんの作品を作ることができました。ありがとうございました!
短い間でしたがとても楽しく活動させていただいて、成長させていただきました...…いろんな方に感謝です。
皆さんにとってもシュウと透明な街の作品たちが、なにか前に進むきっかけになっていたら嬉しいなぁと思います。
またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。
ありがとうございました!

べっこうめがね

受賞作は楽曲化!結果発表!!「シュウと透明な街」小説コンテスト

野いちご文庫コラボ

野いちご文庫×シュウと透明な街
最新コラボ

大好評だった野いちご文庫との楽曲コラボが新しくスタート!
今回は人気イラストレーターの花芽宮るるさん&埜生さんと一緒に、さらに盛り上がること間違いなしのコラボを展開!

NEWコラボ第4弾

野いちご文庫12月刊『おやすみ、先輩。また明日』(夏木エル/著)
カバーイラストは埜生さんが担当!

『おやすみ、先輩。また明日』

『恋するキモチ』
コラボ第3弾

野いちご文庫10月刊『俺がずっと、そばにいる。』(青山そらら/著)
カバーイラストは花芽宮るるさんが担当!

『俺がずっと、そばにいる。』

『宇宙でいちばんキミが好き』
コラボ第2弾

野いちご文庫8月刊『何度だって君に伝えるよ。』(天瀬ふゆ/著)
カバーイラストは埜生さんが担当!

『何度だって君に伝えるよ。』

『ずっと、ずっと君が「好き」です。』
コラボ第1弾

野いちご文庫7月刊『真夜中メリーゴーランド』(野々原 苺/著)
カバーイラストは花芽宮るるさんが担当!

『真夜中メリーゴーランド』

『24時のメリーゴーランド』

LIVE情報

シュウと透明な街 1st ワンマンライブ
~空が君色に変わる瞬間。~

公演日時

2018年8月5日(日)
開場12:00 開演12:30

会場

DESEO mini with VILLAGE VANGUARD
(東京都渋谷区桜丘町 3-12)

料金:¥2,300(税込み)
※1ドリンク付きチケットとなります。

ライブ参加者限定プレゼント!
野いちご文庫コラボ作品の特別書き下ろしSSペーパーの配布が決定!!
特別書き下ろしSSペーパー参加作品
  • 『365日、君をずっと想うから。』(SELEN/著)
  • 『だから俺と、付き合ってください。』(晴虹/著)
  • 『それはきっと、君に恋をする奇跡。』(ゆいっと/著)
  • 『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』(涙鳴/著)
  • 『ずっと前から、お前だけ。』(miNato/著)

オリジナル楽曲

『ラピスラズリ』
\オリジナルソング4曲目UP!/

『モノローグ』

『はじまりの青』

『ブーゲンビリア』

CD情報
ファーストアルバム『空が君色に変わる瞬間。』好評発売中!!

『空が君色に変わる瞬間(とき)。』シュウと透明な街

野いちご文庫1周年記念アルバム
『空が君色に変わる瞬間(とき)。』

発売日:2018年3月28日
値段:¥1,250(税抜)
品番:TRNW-0157
POS:4562166394523
発売元:つばさプラス

収録内容
  • #1 はつ恋。~『ずっと前から、お前だけ。』イメージソング~
  • #2 桜、花びら~『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』イメージソング~
  • #3 ハルの奇跡~『それはきっと、君に恋をする奇跡。』イメージソング~
  • #4 小さな恋の音~『だから俺と、付き合ってください。』イメージソング~
  • #5 君と未来へ~『365日、君をずっと想うから。』イメージソング~

カラオケDAMで楽曲『はつ恋。』配信中!

全国の通信カラオケDAMで楽曲「はつ恋。~『ずっと前から、お前だけ。』イメージソング~」が配信中!ぜひカラオケで歌ってみてね♪

配信機種:LIVE DAMシリーズ

Title「はつ恋。」

シュウのセルフライナーノーツ
この作品を読み初めてすぐのシーンで、怜くんの「雪村じゃねーから」って冷たく言い放った場面は、心の中で、ウソだーー!って叫びました(笑)咲花ちゃんと怜くんのハッピーエンドを願いつつも、突然現れた秋(シュウ)くんの咲花ちゃんへの想いも応援したくなったのは、私と同じ名前だからなのかな(笑)ついつい親近感が湧いてしまいました(笑)初恋って当たり前だけど人生に1度きりだから、今まで知らなかった自分との出会いだったり、初めて感じるキラキラ感や頭がおかしくなりそうなモヤモヤ感だったり(笑)そんな色んな感情を全部ギュッと抱きしめるように大事に大事に歌いました。この「はつ恋。」という曲が、聴いてくれたみなさんのそれぞれの初恋のように、ずっと忘れられない心に残る大切な曲になって響き続けてくれたら本当に嬉しいです!

『ずっと前から、お前だけ。』
miNato/著

『ずっと前から、お前だけ。』

Title「桜、花びら」

シュウのセルフライナーノーツ
小説を読み終わった時、深いため息が漏れました。出会い一つ、物事の捉え方一つで、こんなにも人は変わることができるんだなって勇気をもらいました。個人的に今まで春は切なくて儚い季節だと思っていました。でも主人公の冬菜ちゃんの踏み出した「新しい一歩」が、春という季節は色んな奇跡をくれる季節だと教えてくれました。小説を読み終えた時に、サビの頭をどうしても【桜】という言葉で始めたくて、この3文字に一番合うメロディーをメンバーと探して、ようやくこの楽曲に辿り着きました。これもある意味「春」という季節がくれた奇跡の出会いなのかなと思ってます。(笑)

『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』
涙鳴/著

『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』

Title「ハルの奇跡」

シュウのセルフライナーノーツ
「遥輝くんの陽菜ちゃんへのまっすぐな想い」「蒼くんと遥輝くんの友情」「陽菜ちゃんと蒼くんの恋」この小説から大切なたくさんのメッセージを感じました。生きている内に自分が大切な人たちへ一体何を残せるかなぁ…と、深いテーマですが「生きる」ということまで考えさせられちゃいました。サビの【きっと君に恋してる】【今日も君に恋してる】のフレーズは恋のドキドキが確信に変わっていく、そんな時間の流れをすごく意識して大切に歌いました!今恋をしてる人もしたい人も、この曲を聴いて是非キュンキュンしてください!

『それはきっと、君に恋をする奇跡。』
ゆいっと/著

『それはきっと、君に恋をする奇跡。』

Title「小さな恋の音」

シュウのセルフライナーノーツ
清瀬くんの綾乃ちゃんへのストレートな想いに私まで清瀬くんワールドにどんどん引き込まれてしまいました!!『幸せにしてやりてぇ』って私も言われたいです(笑)私自身の恋愛をついつい思い出しながら読んじゃいました、何度も読みたくなる作品です!サビの歌詞に【ねぇ、君のこと好きになってもいいかなぁ】って歌詞が出てくるんですけど、歌いながら思わずドキドキしてしまいました♩この曲が告白する前のテーマソングみたいになってくれたらいいなって、もし恋をしていたら、一歩踏み出す勇気を!!!この曲を聴いて感じてくれたら嬉しいです!

『だから俺と、付き合ってください。』
晴虹/著

『だから俺と、付き合ってください。』

Title「君と未来へ」

シュウのセルフライナーノーツ
小説を読んで、花ちゃんの未来が笑顔であふれるように、と未来からやって来た蓮くんの優しさと強さがすごく印象的でした!時空を超えたラブストーリーに最後泣いてしまいました。サビの【夏の眩しい空も、秋の切ない月の灯りも、君と繰り返し焼き付けて】の部分には、永遠の愛を感じていながら本当は永遠なんてないことをわかっているような…、そんな切なさを表現したいと思って歌いました。現実世界では小説のように過去に戻ってやり直すことはできないからこそ、今目の前にいる大切な人を、一緒にいられる内にもっともっと笑顔にしてあげたいなと思いました。小説を通して、楽曲を通して、是非周りにいる大切な人を思い浮かべながら優しい気持ちになってくれたら嬉しいです。

『365日、君をずっと想うから。』
SELEN/著

『365日、君をずっと想うから。』

プロフィール

実体はない、けど誰もが手を伸ばせばすぐそこにある世界「透明な街」。
この街で暮らす住人たちの日々の物語を、ボーカルシュウの儚さと力強さを合わせ持つ歌声に乗せて描いてゆくクリエイタープロジェクト。
それが、シュウと透明な街。

シュウ(ボーカリスト)
血液型A型
誕生日:9月25日
好きなもの:秋、猫、古着
好きなこと:読書
好きな場所:古い喫茶店、歩道橋の上
住人
カロッチ(コンポーザー)
三日月さん(コンポーザー)
べっこうめがね(コンポーザー)
仮住まい人
さけハラス(イラストレーター)
moca(ムービークリエイター)

公式アカウントはこちら