ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年06月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 授業中
    • 保険室
    • 頭ぽんぽん

    「いたた・・・。あんなところで転ぶなんて・・・」

    体育の授業中、私は派手に転んでしまい、
    現在保健室にいる。

    保険の先生はどこかに行っているのか、とても静かだった。

    するとガララ、とドアが開く音がした。

    顔を上げると、

    「春斗くん!?どうしたの?」

    「いや、サボってきただけ。」

    春斗くんはそう言うと、私の横に腰を下ろした。

    「怪我・・・したのか?」

    不安そうな声。

    「大した怪我じゃないから!大丈夫だよ!」

    「貸して。消毒液。」

    「え?」

    驚いて間抜けな声が出てしまった。
    慌てて春斗くんに消毒液を貸す。

    春斗くんは私の怪我した部分に消毒液を塗り始めた。

    (染みる・・・。こんなに痛いなんて・・・)

    私が痛さに目を瞑っていると、頭をポンポンとされた。

    目を開けると、春斗くんの手が頭にあった。

    「痛いのよく我慢したな。」

    その手は優しくて、とても暖かった。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 教室

    『先生~、居残りとかマジで嫌なんですけど。』

    「そんなこと言える点数じゃないだろ」

    『えー、、、今日は慧翔(けいと)とスタバ行く予定だったのに~』

    「何?
    お前ら付き合ってんの?」

    『ん、んな理由ないじゃないですか!
    慧翔はただの友達ですから!』
    (私が好きなのは…ずっと先生だけだし...)

    「へぇ~
    男女の友情ね?」

    『ホントですって
    だって、私は、先生のことが...好きなんですから!』

    「...」

    (うわ...気まずい空気になっちゃった...
    言わなきゃよかった。)

    『!?』

    (なんで私先生に抱きしめられてんの?!)

    「好きだ。
    俺だけを見てろよ。」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    私は今日、ずっと好きだった先輩に告白する。

    「平先輩、ずっと前から好きでした。
    付き合ってください!!」
    「俺そんな風にやよいちゃんの事
    見たこと無いんだ、ごめんね」
    「いえっ、大丈夫です。
    時間とらせてすいませんでしたっ、」
    そうっ、だよ、ね。
    知ってたよ、先輩は私の思ってる好きと違うって事
    でも、それでも、言いたかった。
    「それじゃっ、」
    自分から告っといて逃げるとかだっさ。

    ~教室~
    えっ、なんでひろとがいるの?
    「よぉやよい。お前先輩に告ってキレーに
    振られてたな」
    「なんでっ、知って」
    「たまたま通りかかったんだよ」
    「ひろとには、関係ないでしょ」
    「あんだよ俺、、、」

    「もういいよ、帰る」
    グイッ
    「えっ、ひろ、と?」
    「やよい、泣きたいなら泣けよ」
    「なっ、泣くわけ」
    「俺の前で強がるな」
    「ひっく、ふぇ~ん」











    「なぁやよい、好きだ」
    「えっ、」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

野いちご文庫×シュウと透明な街 コラボプロジェクト

野いちご文庫×シュウと透明な街 2018年8月5日(日)1stワンマンライブ開催決定!! 野いちご文庫最新コラボスタート!

受賞作は楽曲化!「シュウと透明な街」小説コンテスト

野いちご文庫コラボ

野いちご文庫×シュウと透明な街
最新コラボ

大好評だった野いちご文庫との楽曲コラボが新しくスタート!
今回は人気イラストレーターの花芽宮るるさん&埜生さんと一緒に、さらに盛り上がること間違いなしのコラボを展開!

コラボ第1弾タイトルは…

野いちご文庫7月刊『真夜中メリーゴーランド』(野々原 苺/著)
カバーイラストは花芽宮るるさんが担当!

LIVE情報

シュウと透明な街 1st ワンマンライブ
~空が君色に変わる瞬間。~
開催決定!!

公演日時

2018年8月5日(日)
開場12:00 開演12:30

会場

DESEO mini with VILLAGE VANGUARD
(東京都渋谷区桜丘町 3-12)

料金:¥2,300(税込み)
※1ドリンク付きチケットとなります。

ライブ参加者限定プレゼント!
野いちご文庫コラボ作品の特別書き下ろしSSペーパーの配布が決定!!
特別書き下ろしSSペーパー参加作品
  • 『365日、君をずっと想うから。』(SELEN/著)
  • 『だから俺と、付き合ってください。』(晴虹/著)
  • 『それはきっと、君に恋をする奇跡。』(ゆいっと/著)
  • 『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』(涙鳴/著)
  • 『ずっと前から、お前だけ。』(miNato/著)
ローソンチケット一般販売が
6月2日からついにスタート!!

受付期間

6月2日(土)10:00~

オリジナル楽曲

『はじまりの青』

『ブーゲンビリア』

CD情報
ファーストアルバム『空が君色に変わる瞬間。』好評発売中!!

『空が君色に変わる瞬間(とき)。』シュウと透明な街

野いちご文庫1周年記念アルバム
『空が君色に変わる瞬間(とき)。』

発売日:2018年3月28日
値段:¥1,250(税抜)
品番:TRNW-0157
POS:4562166394523
発売元:つばさプラス

収録内容
  • #1 はつ恋。~『ずっと前から、お前だけ。』イメージソング~
  • #2 桜、花びら~『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』イメージソング~
  • #3 ハルの奇跡~『それはきっと、君に恋をする奇跡。』イメージソング~
  • #4 小さな恋の音~『だから俺と、付き合ってください。』イメージソング~
  • #5 君と未来へ~『365日、君をずっと想うから。』イメージソング~

カラオケDAMで楽曲『はつ恋。』配信中!

全国の通信カラオケDAMで楽曲「はつ恋。~『ずっと前から、お前だけ。』イメージソング~」が配信中!ぜひカラオケで歌ってみてね♪

配信機種:LIVE DAMシリーズ

Title「はつ恋。」

シュウのセルフライナーノーツ
この作品を読み初めてすぐのシーンで、怜くんの「雪村じゃねーから」って冷たく言い放った場面は、心の中で、ウソだーー!って叫びました(笑)咲花ちゃんと怜くんのハッピーエンドを願いつつも、突然現れた秋(シュウ)くんの咲花ちゃんへの想いも応援したくなったのは、私と同じ名前だからなのかな(笑)ついつい親近感が湧いてしまいました(笑)初恋って当たり前だけど人生に1度きりだから、今まで知らなかった自分との出会いだったり、初めて感じるキラキラ感や頭がおかしくなりそうなモヤモヤ感だったり(笑)そんな色んな感情を全部ギュッと抱きしめるように大事に大事に歌いました。この「はつ恋。」という曲が、聴いてくれたみなさんのそれぞれの初恋のように、ずっと忘れられない心に残る大切な曲になって響き続けてくれたら本当に嬉しいです!

『ずっと前から、お前だけ。』
miNato/著

『ずっと前から、お前だけ。』

Title「桜、花びら」

シュウのセルフライナーノーツ
小説を読み終わった時、深いため息が漏れました。出会い一つ、物事の捉え方一つで、こんなにも人は変わることができるんだなって勇気をもらいました。個人的に今まで春は切なくて儚い季節だと思っていました。でも主人公の冬菜ちゃんの踏み出した「新しい一歩」が、春という季節は色んな奇跡をくれる季節だと教えてくれました。小説を読み終えた時に、サビの頭をどうしても【桜】という言葉で始めたくて、この3文字に一番合うメロディーをメンバーと探して、ようやくこの楽曲に辿り着きました。これもある意味「春」という季節がくれた奇跡の出会いなのかなと思ってます。(笑)

『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』
涙鳴/著

『春が来たら、桜の花びらふらせてね。』

Title「ハルの奇跡」

シュウのセルフライナーノーツ
「遥輝くんの陽菜ちゃんへのまっすぐな想い」「蒼くんと遥輝くんの友情」「陽菜ちゃんと蒼くんの恋」この小説から大切なたくさんのメッセージを感じました。生きている内に自分が大切な人たちへ一体何を残せるかなぁ…と、深いテーマですが「生きる」ということまで考えさせられちゃいました。サビの【きっと君に恋してる】【今日も君に恋してる】のフレーズは恋のドキドキが確信に変わっていく、そんな時間の流れをすごく意識して大切に歌いました!今恋をしてる人もしたい人も、この曲を聴いて是非キュンキュンしてください!

『それはきっと、君に恋をする奇跡。』
ゆいっと/著

『それはきっと、君に恋をする奇跡。』

Title「小さな恋の音」

シュウのセルフライナーノーツ
清瀬くんの綾乃ちゃんへのストレートな想いに私まで清瀬くんワールドにどんどん引き込まれてしまいました!!『幸せにしてやりてぇ』って私も言われたいです(笑)私自身の恋愛をついつい思い出しながら読んじゃいました、何度も読みたくなる作品です!サビの歌詞に【ねぇ、君のこと好きになってもいいかなぁ】って歌詞が出てくるんですけど、歌いながら思わずドキドキしてしまいました♩この曲が告白する前のテーマソングみたいになってくれたらいいなって、もし恋をしていたら、一歩踏み出す勇気を!!!この曲を聴いて感じてくれたら嬉しいです!

『だから俺と、付き合ってください。』
晴虹/著

『だから俺と、付き合ってください。』

Title「君と未来へ」

シュウのセルフライナーノーツ
小説を読んで、花ちゃんの未来が笑顔であふれるように、と未来からやって来た蓮くんの優しさと強さがすごく印象的でした!時空を超えたラブストーリーに最後泣いてしまいました。サビの【夏の眩しい空も、秋の切ない月の灯りも、君と繰り返し焼き付けて】の部分には、永遠の愛を感じていながら本当は永遠なんてないことをわかっているような…、そんな切なさを表現したいと思って歌いました。現実世界では小説のように過去に戻ってやり直すことはできないからこそ、今目の前にいる大切な人を、一緒にいられる内にもっともっと笑顔にしてあげたいなと思いました。小説を通して、楽曲を通して、是非周りにいる大切な人を思い浮かべながら優しい気持ちになってくれたら嬉しいです。

『365日、君をずっと想うから。』
SELEN/著

『365日、君をずっと想うから。』

プロフィール

実体はない、けど誰もが手を伸ばせばすぐそこにある世界「透明な街」。
この街で暮らす住人たちの日々の物語を、ボーカルシュウの儚さと力強さを合わせ持つ歌声に乗せて描いてゆくクリエイタープロジェクト。
それが、シュウと透明な街。

シュウ(ボーカリスト)
血液型A型
誕生日:9月25日
好きなもの:秋、猫、古着
好きなこと:読書
好きな場所:古い喫茶店、歩道橋の上
住人
カロッチ(コンポーザー)
三日月さん(コンポーザー)
べっこうめがね(コンポーザー)
仮住まい人
さけハラス(イラストレーター)
moca(ムービークリエイター)

公式アカウントはこちら