ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 入学式
    • 教室
    • 告白

    今日は高校の入学式。
    友達が出来るか不安だ・・・・。

    早速ぼっちになってしまったらどうしよう。

    まあでも、焦らずに。
    よく思い返してみたら私、中学生と小学生の時友達いなかったし。

    なんかよくわからないけど、私のあだ名『わくわくさん』だったし。

    まあどうでもいいけど。

    「ねぇ、俺と付き合ってよ」

    んだ?このイケメンめ。
    突然私の前に現れやがって。

    「は?って、お前誰?」

    「初対面の人間に向かって『お前』はないだろ?お前、誰に向かって口聞いてんだ?」

    コイツ馬鹿?
    ってかなんなの?

    「なんですか?私になにか用ですか?」

    「いや、特に。『友達になってくれねぇーかな?』って。いや、『友達が無理ならお前の彼氏にでもなってやろうかな?』って」

    彼氏?
    きも。

    「私に話しかけてくるな。どっか行け」

    「へーい・・・」

    言い過ぎたかな?
    まあどうでもいいけど。

    ってか服返せ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

電子少女コミック誌「noicomi」漫画家募集!

noicomi編集部では、プロ、アマを問わず電子少女コミック誌「noicomi」の誌面を彩る新しい才能を常時募集しております。

応募条件

  • 小説サイト「野いちご」および「野いちご文庫」「ケータイ小説文庫」等を原作とした電子少女コミック誌「noicomi」の作品作りに取り組める方。
  • 「noicomi」での連載、単行本化に向けて、継続的な執筆が可能な方。
  • プロ、アマ不問。年齢、性別も問いません。

応募要項

下記、【メール応募】【郵送応募】【持ち込み】の応募要項になります。

いずれの応募にも<プロフィールシート>が必要となりますので、お忘れのないよう気をつけてください。


<プロフィールシート>

  • 氏名/ペンネーム(必須)
  • 年齢(必須)
  • 住所(必須)
  • 電話番号(必須)
  • メールアドレス(必須)
  • 漫画の仕事歴(任意)
  • Pixiv ID or Twitter ID(任意)

注意事項

  • 同人誌(二次創作も可)や過去の商業誌掲載作品など、発表済みのものでも構いません。
  • お送りいただいた作品、プロフィールシートの返却は行っておりません。いずれの応募の場合もお送りいただいたものは半年で破棄いたしますので、ご了承ください。
  • ご応募いただいた封筒、原稿等に記載された個人情報に関しては、編集部から投稿者への連絡以外の目的には使用いたしません。

ご応募いただいた資料を検討のうえ、

採用候補者のみ、およそ2週間以内にご連絡差し上げます。

応募方法

メール応募の場合

① お送りいただく原稿データについて

  • 原稿データを作品ごとに1ファイルのPDFにまとめてください。アナログ原稿の場合、フキダシに台詞が入ったものをスキャンして同様に1ファイルのPDFにまとめてください。作品は複数送っていただいても構いませんが、原稿データが合計で50MBに収まるよう、ご調整ください。それを超える場合は、郵送でのご応募をお願いいたします。
  • 作品データはオンラインストレージにアップロードし、URLを②の手順に沿ってお送りください。メールに添付でお送りいただくことは、メールボックスのデータ容量を圧迫する場合がありますので、くれぐれもご遠慮ください。
  • オンラインストレージでデータの預かり期間を設定する場合、最大限長く設定してください。


② 応募方法

メールに①のURLを記載し<プロフィールシート>の内容を明記のうえ、comic@no-ichigo.jpまでお送りください。


※ 原稿データをメールに添付することはくれぐれもご遠慮ください。

※作品データのダウンロード完了通知などは編集部からお送りしておりません。データの着達を確認したい場合は、ダウンロード完了通知のあるファイルストレージサービスをご利用ください。

郵送応募の場合

<プロフィールシート>と原稿を同封のうえ、下記の住所まで郵送してください。

〒104-0031

東京都中央区京橋1-3-1 八重洲口大栄ビル7F

スターツ出版株式会社 書籍コンテンツ部 noicomi編集部宛て

持ち込みの場合

件名に「持ち込み希望」と記載し、<プロフィールシート>の内容を明記のうえ、comic@no-ichigo.jp宛にご希望の日時をご連絡ください。