ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下
    • ギュッ

    「優月姫」

    扉にもたれ、教室の中を覗き込みながら呼んできたのは、陸上部部長の月城先輩

    つい頬を緩ませてしまうのは、大好きなキミだからで

    誰もが息を吞むほどの容姿をもった彼のもとに、急いで駆け寄る

    「あっ…」

    ―ガタンッ……

    「おっと…」

    椅子に引っかかって転びそうになった私を持ち上げてくれた、キミの腕の中に、すっぽりとおさまる私

    「すみませんっ…!」

    急いで離れようとしても、先輩の腕はびくともしない

    「あの、先輩?今日、部活なくなったって聞いたんですけど…」

    全然関係ない話をして、胸の高鳴りに気づかれないよう気を配るので精一杯だ

    「…部活なくても、一緒に帰っていいだろ」

    ぶっきらぼうに言うキミの声がいつもより近くにあって心臓がうるさい


    「あの…もう、大丈夫ですから離れますね」
    「もう少し、こうしてたい」

    ―ギュッ…


    後で皆に冷やかされたのは言うまでもない

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 授業中
    • 教室

    最初は大っ嫌いだった授業。
    今は……、
    幸せな時間。

    「教科書忘れたから見せて」
    突然、隣の席の男の子に話しかけられた。
    「う、うん」
    そう言って席をくっつける。
    彼の名前は真木 葉音〔まき はやね〕君。
    "ポーンティーン"という雑誌の大人気モデルの彼。
    そんな人と隣の席になれるなんて、すごくラッキーだ。
    隣から手をツンツンされたと思ったら、
    「ありがとう」
    と、最高にカッコいい声で、誰が見ても惚れてしまう笑顔で言われた。
    -キュン-
    胸が小さくないた。
    顔がどんどんと赤くなっていくのがわかる。
    「どうした?顔が赤いけど」
    意地悪な笑顔で、私の頬に手をあてられた。
    頭の中は混乱状態。
    「そんなかわいい顔、他の男には見せるなよ?」
    授業中…ですよ…?

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 部活中
    • 告白

    私は演劇部に所属している。

    小さい頃から演技することが好きで子役経験もある。

    でも、みんなには内緒。恥ずかしいから。

    小さい時のこともあって演劇部の主役によく抜擢される。

    今回は告白がテーマ。

    しかも相手は今人気の俳優。そして私の幼馴染。

    色々あり一緒にお芝居することになった。

    『俺のこと覚えてないの?』

    人気俳優ってこともあり上手すぎる。

    『だから知らないって言ってるでしょ。』

    『俺は昔、君に一目惚れしたんだ。』

    台詞が違う……

    『ずっと好きだ…』

    え?まだ告白される場面じゃないのに…

    混乱してると耳元で囁かれた。

    「大好きだよ…」

    演技じゃない?!

    「ずっと他の男とお芝居してるのを見るのが嫌だった。」

    頭がパンクしてると後ろから抱きしめられた。

    「俺だけの女になれよ。」

    この人からは逃げられそうにない…

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

ケータイ小説文庫10周年記念連載

2009年創刊のケータイ小説文庫は、

ついに10周年を迎えました!


それを記念して、ケータイ小説文庫で執筆経験がある作家さんがコラボしたアンソロジー『モテモテな憧れ男子と、両想いになりました。~5つの溺愛短編集~』が12月25日に発売!


以前、読者の皆さんから募集した「憧れの高校生ラブ」の優秀賞3作品のエピソードも収録されています。


アンソロジー発売を記念して、アンソロジーに収録される10作品のうち、女の子視点で書かれた5作品を「野いちご」でも順番に公開!


男の子視点は書籍に収録されているので、12月25日に発売されるアンソロジーをチェックしてください♪

書籍情報

最後は絶対、ハッピーエンド♡

『モテモテな憧れ男子と、両想いになりました。~5つの溺愛短編集~』


著者:青山そらら、SELEN、ばにぃ、みゅーな**、天瀬ふゆ、善生茉由佳、Chaco、十和、*あいら*

第1弾
『1日だけ、キミの彼女。』
著者:青山そらら&SELEN

高1の結奈は、中学時代の友達から「お互いの彼氏を連れて遊ぼう」と誘われる。

彼氏がいないと言い出せない結奈は、隣の席の璃久に彼氏のフリを頼むことになり…!?


「ずっとキミの彼女でいさせて」

第2弾
『私だけのヒーロー』
著者:ばにぃ&みゅーな**

高2のさゆは新学期、同じクラスになった拓海とよく話すようになる。マイペースに見える拓海だけど、男子にからかわれたところを助けてくれるなど、さゆに特別優しくて…。


「俺だって、キミとふたりでいたら余裕ない」

第3弾
『甘い秘密は、ふたりきりの生徒会室で。』
著者:天瀬ふゆ&善生茉由佳

高2の沙織は恋愛禁止の学校に通いながらも、内緒で由貴と付き合っている。

沙織は関係を隠し通そうとするけれど、由貴はふたりきりになると、学校でもハグやキスをしてきて…!?


「誰にも秘密で。甘やかして、俺のこと」

第4弾
『ありったけの恋心をキミに』
著者:Chaco&十和

高1の未華は初恋相手の絢斗に告白するが、「彼女はいらない」と振られてしまう。

それでも諦めずアタックし続ける未華のまっすぐさを、絢斗は次第に愛おしいと思うようになり…。


「お前のこと、可愛くて仕方ない」

第5弾
『独占したい。』
著者:*あいら*

高1の花は男子が苦手で、いつも幼なじみの匡哉に守ってもらっている。

このままではダメだと男性恐怖症を克服しようとするけれど、ずっと花に想いを寄せている匡哉は焦り始めて…。


「死ぬまでずっと、俺に独占されてて」

\男の子視点は、書籍を読んでね!/

『モテモテな憧れ男子と、両想いになりました。~5つの溺愛短編集~』


著者:青山そらら、SELEN、ばにぃ、みゅーな**、天瀬ふゆ、善生茉由佳、Chaco、十和、*あいら*