ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

豪華企画もりだくさん!特設ページOPEN★

野いちご学園

2017年05月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの予約・購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 初カレ
    • 休みの日
    • 公園
    • キス

    「彩香のせいなんだからな」
    「え?」
    「今日だってずっと可愛いし。もう俺ほんと歯止め効かなくなる。
    郁人から熱い口付けが降ってくる。

    「いくっ…」
    熱い舌が入り込んでくる夢中になってしまうキスに自分の全てがなくなってしまうような自分が自分でなくなってしまうような。そんなどうしょうもできない感覚があたしを支配する。

    「…ごめん。止めらんなくて」
    頬を紅潮させて少し息を切らした郁人がいる。

    「あたし、全然余裕ない…」
    「俺だって余裕なんかねぇよ」
    「うそ、全然余裕だよ」
    「ほら」
    あたしの手を郁人の心臓あたりに持っていく。

    「わかる?」
    「これ、郁人の?」
    触れた所から感じるのは、心臓の音の速さ。すごい速さでとくんとくんいってる。

    「俺だってずっとしてる」
    「…郁人」
    「こんなにずっと好きな彩香といてドキドキしないわけがないよ」

    そう顔を赤らめる郁人がすごく愛おしかった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 屋上
    • 壁ドン

    お前、俺が男だってことわかってんの?

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    放課後、生徒会室で待ってるよ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

パスワード再発行

パスワードを忘れた場合

ご登録いただいているメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。
すぐに再設定用URLが記載されたメールが届きます。

メールアドレスを入力

▼メールが届かない場合
・メールアドレスが正しいか、半角英数文字で入力しているかご確認ください。
・ドメイン指定受信されている方はno-ichigo.jpからのメールが受信できるよう設定してください。
※携帯電話の機種や会社により異なります。詳しくは、各携帯電話会社にお問い合わせください。
・迷惑メールフォルダに入っていないかご確認ください。

ご登録のメールアドレスを忘れた場合

上記の方法からログイン情報を再設定できない場合は、再度、会員登録してお楽しみください。

▲