ケータイ小説 野いちご

海へ...

夏と海とあたし
初体験とホスト

引越しは、お母さんもすごく嫌がってた。

あたしももちろん嫌だった。

お母さんもあたしも本気で反対したけど、

いつも、ニコニコしてるお父さんは、

このときだけ、本気で怒った。

お母さんも、あたしも、本当に怯えた。

本当に怯えて、怖くて、仕方なくて、

あたしたちは家族3人で滋賀県に来た。


お母さんは、滋賀県に引っ越すのが本当に嫌で、本当は離婚も考えてたみたい。

でも、結局はお父さんの言うとおりになった。

こんな田舎に来るくらいなら、お母さんには離婚して欲しかったけど、あたしもそこまでは言えなかった。


あたしがどんなに嫌がってるか、お父さんは全然分かってくれなかった。

しょうがないよね。

だって、本当のお父さんじゃないんだもの。



< 3/ 59 >