ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

レンタルな関係。-続々編-(仮)

1章「またまた!?冬の珍騒動」
☆はちゃめちゃ大宴会



☆はちゃめちゃ大宴会



_____





「何してたのー? 遅いじゃん。もうご飯来るよ」



隣の部屋のドアを開けるなり、麻紀が早く早くと手招きした。



「ごめんごめん、お風呂に入ってて」


「お風呂? また入ってきたの?」


「え? あ、うん、部屋の露天に……」



ちらっと流川に視線を送ったけど、流川といえば涼しい顔をして知らんぷり。


ぴんと来たらしい麻紀は「ふーん」という顔をして、



「ふたりでお風呂に入ったんだ。へーへーへー」


「いや、入れられたっていうかなんていうか……モゴモゴ……//」


「いいよねぇ、ラブラブで」


「あは、あははっ……」



部屋に入ってみると、



「げっ。祐二くん? どしたの?」



びっくりしたぁ。


何も敷かれてない畳の上で、「卍」みたいな格好で寝転がっていたから。


てかどうなってるんだろ、その関節……。


もしや、麻紀にプロレス技でもかけられたんだろうか……。


< 73/ 84 >