ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

レンタルな関係。-続々編-(仮)

1章「またまた!?冬の珍騒動」
☆温泉旅行!再び



☆温泉旅行!再び



_____





「祐二くん、今日もテンション高いかな」


「たぶんな」


「また麻紀と騒ぐのかな」


「だろうな」



私のでっかいボストンバッグと、流川のコンパクトなショルダーバッグ、

そしてカエルと一緒にアパートの前で待っていると、クラクションを『パパーッ』と鳴らして、麻紀と祐二くんの乗った車が到着した。



「お久しぶり~! 唯衣ちゃ~ん! 流川く~ん!」


「ちょっと祐二っ、クラクションとかいらないしっ。しかも声がデカイっ」


「いや~ウレシイな~、また二人に会えて。いっつも麻紀と二人きりじゃ、さすがに飽きるからね~」


「はぁ? 何それ? ここで降りろ! 祐二!」



早速始まった夫婦漫才。



「やっぱり。相変わらずだね」


「ああ、相変わらずだ」



流川とふたり、顔を見合わせてくすくすと笑う。


< 18/ 84 >