ケータイ小説 野いちご

シスコン兄貴と俺の日常。


やっと離れた、と思い家に入る。

「たっだいまー」
「ただいま」


返事はない。

むしろ、あったら吃驚なんだけどな。

< 38/ 59 >