ケータイ小説 野いちご

あれからと言うもの



お兄ちゃんはよく、飯豊さんと居るのをよく見かける。




帰りも遅いし、



秘密の場所にも来ない




嫌われちゃったんだ。





確定できるよ。今なら…



飯豊さんと居るのを見る度に、涙がでそうになる。




下手したら、涙が止まらないんじゃない?っていうほど………





「はぁ‥」





独りで小さなため息をついた。




「どうかした?」




机に伏せていた私を、下から見上げて聞いてくる海斗に一瞬ビックリした。



「な、なにもないよ!」




お兄ちゃんの相談なんて死んでも言えない!



「じゃ…なに?」




深いところまで聞かないでよぉ………



悲しくなって来ちゃうじゃん!

< 56/ 141 >