ケータイ小説 野いちご

もしも私に魔法が使えたら【短編集】



次の日、お祖母ちゃんは帰らぬ人となった。

「なんでぇ、なんでよぉ、あんなに元気だったのにぃ!」

「さっちゃん、仕方がなかったの。
お祖母ちゃんも歳だったんだから……」

なんで……お祖母ちゃん、約束したのに。

一番に教えてあげるって。
これじゃあいつまでたっても教えられないよぉ!!

私は声をあげて泣きじゃくった。


お祖母ちゃん、お祖母ちゃん。

大好きだったその暖かいしわくちゃな手。
もう冷たくなっちゃって……もう頭を撫でてはくれなくて……

あんなに大きい存在だったお祖母ちゃんは意外と小さくて……。


私はその時、思いました。


もしも、私に魔法が使えたら……


どうかお祖母ちゃんを帰してください。


と……。


END

< 6/ 22 >