ケータイ小説 野いちご

愚痴










そう考えたら無性に涙が出ていた。



あたしは逃げているんだ。


あたしは真っ直ぐ進めないんだ。





涙が止まらない。








< 2/ 7 >