ケータイ小説 野いちご

「じゃあまた明日ねっ!!」

「うん、また明日!!バイバイ!」

「バイバ〜イ!」

莉夏が帰った後、私はドキドキしながら氷河くんにメールをした

[具合どう?

明日学校行けそう?]

送信っと!

10分くらいして返事が返ってきた

[また熱が上がったけど今は大丈夫。
明日は行けると思う]

また熱出たんだ…

でも明日は行けるって言ってるんだから大丈夫だよね!!

[そっかぁ、無理しないでね?
明日学校行けるんだったら一緒に行かない?]

送ってみたはいいものの、ドキドキする〜!!

♪〜♪〜♪

返ってきた!!

えーっと、内容は

[いいよ、じゃあまた明日8時に家の前な]

[ありがとう!!

また明日ね♪]


やったぁ!!

うれしい♪♪

明日、これからも一緒に学校行けるか聞いてみよ






< 41/ 61 >