ケータイ小説 野いちご

私の兄は、アイドルです。

 
─────





「起立、礼!
じゃあさようなら!」



号令の声が教室に響き、
今日の授業(っていうかHRだけの半日授業だけど)が終わった。




──久しぶりの学校は、熱のせいでイッパイイッパイだった。



ボーっとするし、ずっと悪寒はするし。

こんなヨロヨロ、クラスで私だけだよ……



けど、空元気でなんとか耐え抜いた私。


無事課題も提出出来たし、席替えも窓側の良い席になったし!


澪達とも写真交換出来たし、今日の目的は達成した。




でも……



「寒……」



熱が下がってないからか、ずっと悪寒が止まらなくて震える。

しかも、熱は下がってるどころか上がってる気がするし。




すると




「音遠、駅まで一緒に帰ろっ♪」



澪と美夜と沙那がそう言って側に来たので




「うん!」



私は、最後の空元気で返事した。


あとは……帰るだけだし。
家帰ったら速攻寝よう……。





荷物を持って、ワイワイと話しながら靴箱まで行く。



澪達には悪いけど……

話の内容が、さっぱり頭に入ってこない。



 

< 131/ 297 >