ケータイ小説 野いちご

カラダだけでも愛して



あたしはとりあえず自分の部屋へ。



お金ないや………。



でも、高校生がバイトしたって高い給料が貰えるわけじゃない。



………どうしよう。



そんな事を考えていたら、バックの中でケータイの震える音が。



あたしはケータイを取り出して、受信BOXを開いた。



「直………矢。」



相手は直矢。



“今日来れる?”という短い、いつものメール。



あたしの答えは決まってる。



………はずだったけど



“ごめんなさい”



それだけ打って送信した。



直矢………。本当にごめんね。



でもそうでもしないと、あたし生きていけないから。



あたしは時計を確認し、バイトを探しに出た。




< 56/ 89 >