ケータイ小説 野いちご

カラダだけでも愛して



白色のあたしのケータイを開く。



「気をつけて帰れよ。」



メールの相手は直矢。メールにはたった一言だけそうかかれてた。



そしてまたあたしは一粒の涙を流した。



彼女がいるのに、こんなことしちゃだめだよ……。



あたしは二番目の女なんだから……



「直矢………っ」



寒空の下でケータイを握りしめながら呟いた。



本当はあなたの彼女になりたい。



一番になりたいよ……



でもその願いが叶うことはない。



だからお願い……直矢



抱いてるときぐらいあたしのことを求めてよ……




< 13/ 89 >