ケータイ小説 野いちご

男子校は危機百発ッ!☆→イケメン男子と恋しよう←☆





食堂へ入る前からすでにいい香りが漂っていて、食欲を刺激される。


「早くテーブルに着こうよ!」

唯抖はあたしの腕を組み、テーブルへ向かう。


「椎榎ここね!」

唯抖は椅子に座ると、隣の椅子をぽんぽん叩く。


「うん。わかった」

あたしはそう言って唯抖の隣の椅子に腰を下ろす。


「じゃぁ俺椎榎ちゃんの隣ぃ〜♪」

右に座ったのは、靖杜だった。


「………。」

淨弥君はあくびしながらテーブルの向こう、あたしの前に座った。


潤った目が色っぽい…。


え、エロい……。//



あたしの視線に気づいた淨弥君は、じっとこちらを見て、小さく笑った。

……ドキッと、また心臓が反応する。


一瞬にして顔は熱くなったのが自分でも分かる。

そんなあたしを見て、淨弥君は更に笑う。


……は、恥ずかしいんですけどっ。…かなり。
きっと、顔が真っ赤だろうな。

昨日の、あのハグを思い出して、更に顔が熱くなる。





< 49/ 440 >