ケータイ小説 野いちご

旦那様は社長


「誰から?」

「会長……」

「え!?会長がダースベーダーのテーマ曲なの!?」

「突っ込むところ違わねぇ?」

「あ……」


そう言われれば確かに。

ここは『どんな要件?』と聞くべきところだった。


「明日、お前も一緒に屋敷へ来いってさ」

「え、お屋敷に!?」


未だかつて足を踏み入れたことがない聖域。


「何で?」

「さあ?明日話すって」

「ふーん……」




この時はまだ気づいていなかった。


会長がとんでもない計画を立てていたことを。


あたしたちは再び、あのお方の命令に振り回されることになるーー……



< 321/ 334 >