ケータイ小説 野いちご

溺愛 連載中

in 帰り道 Time 放課後

今日は入学式ともあってか給食を食べて帰るだけになった。
部活もないらしく、岡崎と久々に手をつないで帰ることにした。

「牧山、何お前ニヤニヤしてんの??」

「えッ?!」アタシはバッと口元を抑える。

「俺と一緒に帰るの・・・、うれしかったり??」アタシはみるみるうちに顔が真っ赤になる。

「あ・・・っと・・・。えっと・・・うん・・・・。」アタシは歩く足を止めて、岡崎を見つめると岡崎もつられて赤くなる。

「馬鹿、見るなッ!」岡崎はアタシの目に手を当てる。

「あの?岡崎、これじゃ前みえないんだけど・・・。」

「うん、お前に見つめられるとどきどきするから。」

「え・・・??」

ちゅっ・・・。

左手は手が握ってあって、目には右手、唇に感じるのは・・・??
アタシは前が見えない、だけどこの生暖かい感じが唇から伝わる。
短いけど長く感じられる、初めてのファーストキス。
その、キスが終わった後、すぐに目の前にあった手をどける。

岡崎の顔を見ると、赤くて・・・アタシと同じ気持ちなんだ。

「だから、見るなッ。」

「・・・純情ッ・・・。」

「はあッ?!」

「ウソだよ、アタシも同じ気持ちだから・・・。」

「「・・・・・・。」」ぷッ、と岡崎とアタシは笑いあって。


このまま、手をずっと繋いでいたかったよ。


Side 

< 20/ 20 >