ケータイ小説 野いちご

続きは、社長室で。



階下で足音が聞こえる頃、朝日が昇り始めた。


梅雨真っ只中だけれど、今日は快晴のようだ。



私の心境とは、まるで正反対の陽気。


天気さえ、別離を祝っているの――?




日を見ていても、気分は上昇出来なくて。



吸い寄せられるように、フォトフレームに手を掛けた。




それは拓海が、アメリカへ飛び立つ以前に。



著名な写真家に、撮って貰ったモノ――





『最後だし、写真でも撮ろうか?』


突然呼び出しを受けて、彼の家へと向かった私。



すると、プロ用の機材やカメラが鎮座していて。


スケールの違いに、コドモの私は驚かされた。




『もぉー、ウチのママで良かったじゃん!』


写真家やアシスタントが帰って、静まり返ったあと。


何も知らなかった私は、当然文句を言った。



だって、いざ撮影を始めるとすぐに終了だし。



写真家が残した写真も、たったの30枚。




その仕上がりも、いたってフツーというか。



いつもと変わらない、自然な姿だったから。







< 115/ 266 >