ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。



私はどうすれば、いいの・・・?





夜道を軽快に走る、メルセデス――





出社と退社は、社長に同行する義務があって。


こんな日であろうとも、仕事には関係ナイ。




この車が、さらに心を打ちのめす・・・





最近購入という、最新モデルの高級車。



社長には珍しく、スポーツカータイプではナイ。



ホワイトの車なんて、初めてのチョイスだよね?



・・・婚約者の人の趣味――?





「・・・っ――」


隣にいるコトが唯一、許される助手席。


私にとっては、幸せな空間だったけれど。





婚約者の存在を知って、居た堪れなくなる・・・





この席は本来、婚約者の人のモノだから――




妾の私が、座っていて良い訳ナイ・・・










< 82/ 266 >